ヨタ5チャンネル

バイク 猫 化石 カメラ 愛 欲しいものいっぱい
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月

KLXの慣らし

  
KLXならしに行くよ!
疲れたからやだ、ここのとこ季節の変わり目でだるいんだあ。ヨタ5一人で行ってきて。(KLX)
それじゃあ、コロン大明神のお散歩だよ。


resize1498-2.jpg

コロンお散歩行くよ!
猫の相手してて忙しいから、ヨタ5一人で行ってきて。

clrorin2117.jpg

 もう慣らし完了じゃ無い?あれいつの間に!確かに1000キロは越えた。

clrorin2118.jpg

 まだハンドウォーマーが黄色く見えてる人いますか?
居ないですよそんな人は!さてご飯食べに行こう。

 最近ガキに大人気なKLX。カッコエー、なんだあ僕にも分かるかあ?しかしな、僕が大きくなった時にはこのKLXはもう無いよ。
その秘密は「ファイナルエディション」だからだあ。
天は我を見放したあ!(ガキ)
その歳で見放されるようじゃあ、先が思いやられるなあ。

clrorin2116.jpg

 でもやっぱり「闘う、脳梗塞カラー」がいいなあ(ガキ)。KLX250Rレーサーです。翌年KLX250SRが同色で発売されてカワサキお得意の調整不足で、ほぼエンデューロレーサーKDX250に近い性能を持っていた。単に調整不足だっただけですよ、調整不足なだけ〔カワサキ) だよね?おれもそうなんじゃ無いかと思ってた。他メーカーでもこういうのはある。スズキガンマ250の初期ロット。ホンダNSR250の初期モデル。このNSRには乗ったことが有る。キャスター角がレーサー並みでスピード出してないと真っ直ぐ走らない。タンク容量の増減によって重心位置とコーナーリングが刻々と変わる。これマンマレーサーじゃん。いち早くこのNSRの正体に気が付いたヨタ5とかだけ生きている。だがおかげて沢山死んだ。問題ない、死んだやつは文句言わない。だよね、俺もそうじゃ無いかと思ったあ。〔ヨタ5)ヤマハRZ、スズキガンマとライバルはどんどん先を行きMVX、NSと立て続けに失敗したホンダは焦っていた。カワサキケロケロKR。もう破れかぶれ、5000回転以下ではクラッチもまともに繋がら無いけど良いのこれ?やっぱ、まずいな。KR-1下のトルクばっかり強化し過ぎてスポーツバイクじゃなくなった。タイヤの扁平率あげりゃあ、スポーツバイクっぽく見えるべ?この路線で良いや。いつも行き当たりばったりのカワサキ好きだー!




clrorin2119.jpg

 このヘルメットDリング無くて少し不便。気のせいだな。

clrorin2120.jpg

もうサクラも散ったし、もうハンドウォーマー要らないかな。
付けとくと黄色く見えたりする人がいるし、かどがたつしね。(何度も言いますがグリーンです。コミネ)

clrorin2122.jpg

だからハンドルウォーマーはグリーンです(コミネ)。おれもそうなんじゃないかと思ってたあ。


clrorin2121.jpg

あと700メートルで1100キロだよ。そういやオドメーターどこ行った?さあ。新車の時は付いてたはずだ。リセットしたかも?
そんな事出来ないよ、でもこれKLXだよ!じゃあ、出来るかも。













KLXレーキランプLED化計画

 KLXで250有るが常時点灯ゆえにテールランプも点灯しっぱなしだ。そうなるとテールランプもスモールランプが切れる可能性が大きくなる。白熱球は結局フィラメントを燃やすことによって光と熱を出している。対してLEDは半導体に電気を流すことによって光と熱を少し出すが、燃焼を繰り返したりしない分、長寿命である。バイク用品屋を覗くとLEDテールランプが5000円位する。高いな。自作する人もいるがこういう理由が有るからだ。確かに長寿命では有るかもしれないが・・。ただ性能的には白熱球の方が基本的に上で、コスト共に一日の長がある。まあ、KLXもヘッドライト切れたら自分ですぐ分かるが、テールランプはやだなと言う事で、新しいの買おうと思ったがどうやら失敗したようだ。テールランプでネット検索したらバックライトと同じ扱いになっていたようだ。車にはバックライトあるがバイクには無い。また、ナンバー灯を兼用するため発色の良い赤色のバルブはバイクには使えない。

 
clrorin2110.jpg

 これなんか沢山LED設置されてていいじゃん。これなんかへんじゃ無い?本当だシングルバルブだBA15Sと言うやつか?ブレーキ灯には使えない。何故ならブレーキ掛けても明るさが変わらなくなってしまう。じゃあ使えるところに使おう?

clrorin2112.jpg



 じゃあヘグ号のバックランプにどうよ。しかし

clrorin2103.jpg

 今まで一度も外したことないし、どうやって外すんだ。どうやらこんな解説がメーカーに有った。

clrorin2104.jpg

 下から2番目がバックランプらしい。嫌な予感。

clrorin2105.jpg

上から4つランプが付いている。上の2個がブレーキランプと思っていたが違っていた。


制動灯は上から2番目だけか。

clrorin2106.jpg

 プラスドライバーではずすようになっていたが10年以上取り外したことなく、固着して無理。絶対ねじ山潰すな。気が付いて別の工具を用意。

clrorin2107.jpg

 ソケットレンチ登場。これならバッチリだ。何の抵抗も無く外れる。

clrorin2114.jpg

やはり嫌な予感は当たった。なんとウェッジバルブではないか。HRーV10年落ちなのにこんなところの部品は新しいな。取り付けは出来ない構造だ。

clrorin2109.jpg

 その前にLED補助灯三脚のサブちゃんが壊れた。

clrorin2108.jpg

 ひっくり返って足上げてるんで死んだな。昆虫かよ。中国のタオバオで買ったんでゴリラポッドのパチモンやな、やっぱり。新しく任務は後ろのSLIKのミニミニ三脚に譲った。

clrorin2111.jpg

 実はよく見ると、接点は2つある。GN用に使っていた白熱バルブは180度対称にポッチがあり、なおかつ位置が互い違いにある。これじゃないとバイクのテールランプには使えないのだ。BA15D。ウインカーランプはポッチの位置が対称でなく150度のところに有ったりしてまた利用できず。注意。さてそんなこんなでまた反省点を踏まえてまた買いなおしだ。懲りないな。


clrorin2115.jpg
 販売店からの情報。見た目野暮ったくない?でも全周を巡ってLED配置されてるし、指向性の高いLEDにしてはそこそこ性能は期待できるかも。段階的にどこがどう光るかこの画像では分からないのだ。ソケット形状も問題ないな。これで行ってみよう。そういやあ、ヤフーショッピングの「あすつく」っていったい何日したらくるんだろう。まあ、今月中には?アマゾンとは、違うのだよアマゾンとは。









圧力にさらされた化石の謎

 地中に埋っている化石ゆえ常に圧力にさらされている。三葉虫のような化石なら何億年にも渡る。化石はどうなってしまうのか?
時には何トンと言う重さに耐えて?いや耐えられなかった化石かな?

clrorin2101.jpg

まるっきりぺしゃんこで、輪郭しか分からない。何匹も潰れているが、「滑稽」としかコメントできず。このプレート自体大きさはこの程度だが3キロ以上あり重い。こんな重さのものが沢山集まり上から押さえ付けていた。三葉虫の種類も良く分からんな?

clrorin2102.jpg
 
まあ、生きているうちに潰されなかったことを祈ろう。まあ、4億年ほど前の事ゆえ良く分からないが。

clrorin2113.jpg

 何これ?オパールです。次回予告「メノウ」になったアンモナイト「トレヴィセラス」。オパールもこれに近い。乳幼児の時にオパールを飲み込んだヨタ5。子供は何でも口に入れてしまうんだな。まあ最近の事だな。なんとその後に大変な事が起こる!








地震の地盤リスク2

 

自分の住む土地の地盤リスクについて考える2回目。東急田園都市線開業昭和41年4月の状況を調べる。しかし資料がほとんど無いな。とにかくものすごい田舎だった事は確かだ。まさかの当時の航空写真から

clrorin2100.jpg

この航空写真を見て驚く事は、既に自分の家の上、小高い山の上に建築物が有る事だ。現在は山自体が大きく切り崩されている状態である事が分かる。ピンク色で示した場所が自宅マンション。そしてヘグ号が駐車場に入ってくる時の取り付け道路だ。サクラ祭りの時に生ビール買いに通った「宮崎第一公園」がこの時点で既に整備されていた事が分かる。右手を見ると旧国道246号線の長坂だ。戦時中は軍に接収されていた場所だ。

clrorin2095.jpg

 つまりどういうこと?中央上の円で囲んだ中空の部分あたりには既に建築物があり、今はその土地自体がごっそりなくなっているのだ。駅前自体坂道ぐらいなのに何故こんな大規模な造成をしたんだろう。その答えは左手にあるヨタ5マンションから下の別のマンション群や一軒屋などを作るためだったのだろうと思われる。懸念だった「関東ローム層」もしっかり取り除かれた状態か?強固な地盤の上に建っている証拠になるか。

 clrorin2099.jpg
〔ネットより)
 東急田園都市線が開業した昭和41年4月頃の宮崎台はこんな状況だったらしい。と言われてもここがどこに当たるかいまでは良く分からない。

clrorin2096.jpg

 ここではないな。道が更に狭くなるのはおかしいし、この先は坂道だ。ただし開業時に比べ橋はもっと立派になっている可能性はやはりある。

clrorin2097.jpg

 と言う事で、周りをぐるっと回ってみると。ここかな?そもそも長坂に掛かる橋だと下っているはずだし。ここは平だ。カーブ具合も大体一致する?ここの先で長坂に合流する。しかし本当に田舎だったんだなあ。わずか50年ぐらい前の話だ。

clrorin2098.jpg

 でもう1つ発見。東名高速川崎インターのある尻手黒川道路沿いに大きな渓谷を作った昔の川はもうこんなプチな流れになっている。確かに多摩川も大正時代と比べても水量が大激減して、中州が見えてる状況だし。

 


こんな動画が有りました、昔の不動産ブームを理解できるかもしれません。どうぞ。



 GN譲の帰還2

 さてGN戻ってきたのは良いが、なんかテールランプ割れてない?ありゃいつの間に。LEDランプつけるのでネジ部分が割れてるのに気が付いた。


clrorin2084.jpg

 で部品取り寄せしなきゃ。むかし国内版GNと言えばかなり不人気車だったような。冗談でしょ?(Gn譲)でもいまや輸入車ナンバー1-2の人気車に。ヨタ5の普及活動が功を奏したか?なんか輸入車なのにアマゾンで翌日にはパーツが届く。ベルガルダヤマハTDRなんて船便6ヶ月でした。そんなこんなで大変便利なGN嬢です。ステーごとLEDランプ買っても1000円くらいしか変わらないのでは?それでもちゃんとノーマルのパーツが普通に手に入る。
何故弁当箱テールにこだわった?実は巨大なLED基盤を搭載するためだ。\16〔(6元)だとう?何故か(元)も(\)も同じ表示なんだ。中国には元を示す表示が無いんだな。やっぱり馬鹿な国だな。勿論自分は知ってるけど。

clrorin2094.jpg

 テールランプくるくる回ってちょっとあれだけど?後ろから突っ込む馬鹿対策のために敢えてこれにしておこう。ブレーキ掛けてもポンピングブレーキ掛けたような点滅するし、安全対策には向いてるだろう。なんかこれ別のもの思い出すあれだなあれ?「ペダン星人」のロボットだな。ペダン星人のロボットと言えば「キングジョー」だ。4つの宇宙船が合体してロボットに。やっぱりウルトラセブンの企画は今見ても斬新だ。



7cce504d.gif

 ちょうど目(額?)のところのぐるぐる回るライトがそっくりだ。かといってGNは4つに分かれて合体したりはしない。多分?あくまで多分。自分の見てないところでやってるかもしれないが、知らん。


clrorin2085.jpg

 後ついでに買ったやつ。ウエストベルトが少しバックルの部分が外れそうで怪しい。デジカメも入ってるしバイクで落っことしたりすると厄介なので、買い換えた。

 clrorin2088.jpg

 ヤフオクで買ったモンスターエナジーのウエストポーチ。パチモンティックと言うご意見ありがとうございます。実は自分もそう思ってました・・。パチモンゲットだぜ!

clrorin2086.jpg

 新しく買ったやつの方がしっかりしたつくり。

clrorin2087.jpg

 ファスナーが壊れる事は物理的にも無さそう。良いね。ミリタリーティックにオリーブカラーにしました。

clrorin2089.jpg

 マジックベルトもいつの間にか付かなくなった。

clrorin2092.jpg

 新しいやつも1つ欠点がこの部分が壊れそう。古いほうのバックルとっておこう。

clrorin2093.jpg

古いのはそもそもベルトを補助的に止める部分が壊れて無いから落っこちてしまいそうなんだ。ベルトの長さも、短いし。バックルと紐の太さは35ミリほど。バックルのみ購入しようとすると何故かその大きさはほとんど無く、40ミリになっていしまう。古いのもほぼ同じ大きさ。新しいの買わせようという魂胆だな。合点承知の助。物分かりの良いやつは好きだ(アマゾン)ですよね


地盤リスク 地震に強い家にするためには?

  最近良くNHKで報道されていた。熊本県益城町、なんと最も酷いところは7割近い民家が全壊で倒壊した。そういやここ行ったことないか?有るよね。去年行ってるし。自分で写真撮ってる。

clrorin2077.jpg

 ここは表通りだが裏側に回ると7割もの家が震度7の地震で全壊した。断層の上に居た。いやそれよりも地盤の緩い土地の上に住んでいたのだ。低周期地震動で背の低い民家は倒壊する。
 結局のところ簡単に言えば表層が粘土質だった場所に家を建ててはいけないと言う事か?確かに粘土質の地盤だとプリンの上に家を建てるようなものだと言っていた。地上はものすごい揺れに見舞われる。ならば自分の住む家はどうなのだろうか?このマンションが造成されたのは20年以上前か?どんな場所だったか推定してみる。

clrorin2078.jpg

 ではヨタ5邸近辺。いきなり坂道だ。右手の東急ストアの裏にある東急田園都市線だが、山を避けて線路を作った。つまり線路から外れているヨタ5邸は山だったわけだ。

clrorin2079.jpg

 今度左手を見ると山だった傾斜地が残る公園がある。左奥に見えるマンションの裏がヨタ5マンションである。20年前は駅前がもう山だったんだな。この傾斜角からするとかなり小高い山だったかも。もともと田園都市線は二子玉川までしかなく、そこから先は後に通ったものだ。そこから先は鳥も通わぬと言われ横浜の「陸の孤島」と言われた「緑区」だったのだ。

clrorin2080.jpg

 ヨタ5邸マンションここから先は小高い山になっていた。傾斜地に建つマンションは接地面積が広いとされ、またマンション自体がT字型になっているため地震に強い。たまプラーザや青葉台のマンションは土地に恵まれているうちに建てたためI字型が多く、横向きに倒壊してしまう可能性もある。ここから上がって左がヘグ号の駐車場、階段を上がって手前に見える最上部の5F角部屋がヨタ5邸だ。マンション奥の部分は8階になっておりそこが横向きになるためT字型なのだ。

clrorin2081.jpg

一番奥の部分が土地が一番高くなっており、いまGNがいるところが右手のエントランスと同じ高さになる。ここから入ってスロープを下り

手前右手が屋根付きのバイク置き場になるのだ。田んぼだったはずは無い。しかし田んぼの直上でなくとも関東平野には独特の問題があり。そう富士山の火山灰による「関東ローム層」の問題だ。まあ、田んぼではなかった事は確認できたが安全とは言い切れない。実は川崎市の生田緑地に行くと昔「関東ローム層崩壊実験」をやって、研究者やカメラマンなどが土砂に巻き込まれ15名が亡くなった場所がある。10名が怪我。大惨事やん。なんかうちの方こんなんばっかりや。「フィラデルフィア実験」並みだろと言う突っ込み!フィラデルフィア実験。死者・行方不明者16名、6名発狂。行方不明者、発狂者が出る時点で普通の実験でなかった事がわかる。



clrorin2082.jpg

 玄関開けて目の前の光景。山だった部分の傾斜が残る。ここの奥が一番山の高いところだったかも。手前は敷地内公園である、ジャングルジムやすべり台またベンチなどがある。 ヨタ5は使うのはもっぱらベンチかな。

clrorin2083.jpg

ここはどこでしょう?実はこの宮崎台の歴史を調べると意外な事実に突き当たる?この道は国道246号線の旧道で、梶ヶ谷の交差点から降りてきたところだ。この道を「長坂」といい、実は戦時中は軍に接収されていて一般人は通れないし、人も住めなかったらしい。何故か?この旧246号はこのまま北上すると三軒茶屋や渋谷、青山、表参道、赤坂見附など東京の中心部にぶつかる。その為、軍はこの道を通れないように封鎖していたのだ。元々は大山通り?この道を先に進むと現在の国道246号と尻手黒川道路の馬絹交差点にぶつかる。この道は帝都を守るための交通の要衝の地であったわけだ。平成になって移り住んだ自分は知らんよな。やっぱり。この坂の一番下まで来れば田んぼくらい有ったかもしれないが、ヨタ5邸は右方向で山だった。実は交通の便も不便で東急田園都市線が昭和41年に出来るまで、ものすごく田園風景を残す、ど田舎だったらしいです。いまや電車1本で渋谷に出れるし、東京スカイツリーまで行けちゃいますが。

まあ二子玉川も六郷用水などがあり昭和30年代までみんな田んぼだったくらいです。そういう意味では二子玉川には地盤リスクがある?いやここに来て多摩川がすごい暴れ河だったことが幸いしているかも。表層の柔らかい関東ローム層を川の流れで洗い流してしまっているかも。まあ歴史的にそうだろうね。田んぼのような浅い粘土層はそんなに問題ないらしい。10メートルも積もるとアウトみたいです。
 結局、二子玉川も東京の開発が単に南に進んだだけに過ぎませんでした。関東は熊本と違い液状化の問題が実は大きいかも。東北大震災のときもそうだったし。

二子玉川から神奈川県に5つ目の駅「宮崎台駅」はこんな感じですが、実は6個目の駅「宮前平駅」はなんと尻手黒川道路と言う道沿いに大昔に川が流れていて渓谷を作っていた土地です。谷の底に道路を通したに過ぎない。今やその川自体が現在見当たらない。暗渠になった?その期間が何万年それ以上に渡るか分かりませんが、今ものすごいものの結果を見ているのかも?東名高速川崎インターに来ればその状況が見られます。谷になっているので分かります。自宅近辺の土地の形成に思いを馳せてみるのも面白いですね。ただし何万年も前のことまで?馬絹の交差点の前の役所の主張所の角に海抜19メートルと表示されています。ここから先に東京湾まで川が流れていたんだね。しかし東北大震災以来、海抜19メートルも有るのに表示したりするんだ。これぐらい想像できないと化石の研究は厳しい?ヨタ5邸なら更に20メートルは高いかな?

以前「ナイアガラの滝」を見に行った時、川沿いにずっと渓谷が出来ていました。結局現在進行形で川沿いの渓谷のフチを少しずつ削っているのが「ナイアガラの滝」なんですね。どんどんそれが上流に向って行ってます。

 さてGN号修理も済んで元気なもの。メーター見るとなんか変だよ?ウインカーとニュートラルランプが同じ緑だって?そりゃそうです、なんたって世界仕様ですから。ウインカーも緑なのです。KLXのデジタルメーター安っぽすぎる。やっぱGNのがいいな。Fフォーク左右にレフレクター〔反射板)が有るのもそのせいです。フロントフェンダー先端部のシールやリアフェンダーの△マークは有りません。世界仕様ですから。なんたってヨーロッパ仕様で、フルパワーだもんね。

なんで自転車のベルが有る?実は歩行者に対して車やバイクはクラクションを鳴らしてはいけないのです。知ってました?しかしGNのクラクションと言えば大迫力大音量の91db(デシベル)と言う品。そんなこんなでかわいらしくチャリベルです。GN125Hファイナルエディション特別装備とかではない?KLXにもつけていてそちらについてはみんなにはそう説明している。ほんとうの正体は熊鈴なんだけど。金太郎生息地の足柄山とかに行って「熊ちゃん」とできる限り無駄な出会いを避けるのだ。










原始三葉虫アグノタス目

 
原始三葉虫アグノタス。なんか紫色の岩盤の上に有って珍しい化石。いっけん三葉虫に見えるが現在は三葉虫ではないとされる。何故なんだ?

裏側の構造が三葉虫と違うらしい。真ん中から二つに折れる形状をしていた。お腹が弱点と言う意味では三葉虫に近い気がする。大きさは1センチほど。左の小さいのだとわずか2ミリほどだ。住んでいた場所も違う。ヨタ5も見てきたわけでないので良く分からない。

 clrorin2071.jpg
 真ん中で折れ曲がる対照的な構造をしている。ならばお腹の防御は問題なかったのか?
clrorin2070.pg
兎に角ひっくり返らないようにすると言う三葉虫とは確かに違うようだ。



clrorin2072.jpg

 
 住んでいた場所も違いがある。干潟には居らずこの種は海底に住んでいたとのことだ。

clrorin2073.jpg


こちらは沢山。上下バラバラになっている。確かに良く見ると尖った部分も有ってひっくり返らないような努力のあとも見えないでもないが・・。とにかく古すぎて不明だ。

clrorin2074.jpg

裏側が確認できる個体はないな。裏側になってるのも有るが、そもそも良く分からないか。
・・と言う訳で残念ながら三葉虫の仲間には入れてもらえなかったみたいです。


 次回「高圧縮された化石」。化石にはとんでもない地圧が掛かっている場合も少なくない。土に埋もれているので仕方の無い事だ。4億年も高圧力にさらされるとどうなるか?草履みたいになった間抜けな三葉虫が登場。笑えるかも?