ヨタ5チャンネル

バイク 猫 化石 カメラ 愛 欲しいものいっぱい
2017年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年03月

化石のようで化石で無いもの

 なんだ、ここまで来て、これをやるか?まあ、それもいいじゃ無い。まあ、実際に化石の偽物も多いしね。

clrorin1971.jpg

まずこれを見て何だと思う?勿論、ウニの化石?いや違うんだな。これ黄鉄鉱FeS2であるなんでこんな格好をしている?パイライトサンと呼ばれる。

clrorin1968.jpg
中央のウニの化石は確かにこういったものだ。左上は現代の菓子パンウニだ。右は普通に2枚貝化石。ハマグリかな。

clrorin1961.jpg
黄鉄鉱と言うとこんな形じゃなかった?

clrorin1972.jpg
なんでこんなところに?
clrorin1973.jpg

「おかしいぞ?透視できない!まてよ、この物質はどこかで見たことがある。そうだ、チルソナイト808。確かワイアール星から産出される金属だ。地球には存在しないはずのチルソナイト808が、なぜこんなところに?」(ヨタ5)

clrorin1969.jpg

 これは一体?シャーマンストーン。モキマーブルとも呼ばれる?アメリカインディアンが呪術に使う時に使った道具だそう。だからシャーマンストーンなんだね。その正体は?

clrorin1970.jpg

 なぜこんな石ができたのか良く分からないが化石ではない。しかし生成されるのに数百万年の歳月が掛かっているらしい。ほとんど化石だね?「雄石」、「雌石」と言うのがあるそう。楕円のこの石は雄石らしい。雌石はもっと丸いそうだ。

clrorin1967.jpg

壊してみても中は砂岩。外側はヘマタイトに覆われている。何故こんなものが出来たのだろう。入手しても興味本位で絶対に壊したりしないように。勿体無いです。

clrorin1966.jpg

 その他に有名なのが「しのぶ石」二酸化マンガンがしみこんでこんな形状になっている。シダ植物のようだが、まったく違う。化石ではない。


次回予告。「最も美しい化石」。










文覚上人(遠藤盛遠)と横須賀市浦賀

 実は自分も余り知らなかったが、文覚上人の庵(いおり)跡というのが横須賀市浦賀丘に昔から有る。この人物がどういう人だったかというと、上方で悪さして、天皇に伊豆に流され当時同じく伊豆に流されていた源頼朝に挙兵を勧め、そそのかした人物だ。実は源平の争いを裏で操っていた。そんな人物のいわれの有る住居跡地が実はヨタ5実家近所に有るのだ。

clrorin1960.jpg

この場所である。場所的には西叶神社の上側に当たる。景色もすごく良いところだ。眼下に浦賀湾が見渡せる。この石碑昔はもっと古いものが有った。実はかつて「寛永通宝」なんかを見つけた事があるのはこの場所だ。江戸時代ははるか昔、既に150年以上前の話だ。昔の人が賽銭として置いていたもの。いま、ヨタ5が10円とか置いて置けば、また100年後とかに見つかるだろう。そう順送りの物語なのだ。

clrorin1959.jpg

ではおさらいコーナー。「寛永通宝」は波紋が4文、波無しが1文です。これでいつタイムスリップしても大丈夫ですね?1分銀は4000文でした。1両は16000文です。やっぱり役に立つなヨタ5ブログ。

 チェルノブイリだけでなく今回の東北大震災でも時空ポケットに落ちた人がいて、奥さんの目の前で消えたそうです。その人の姓名はかつて昭和30年代?に派出所の記録として残っているそうです。訳がわからず派出所に飛び込んだようです。その後は行方知れずだそうです。時空ポケットに落ちないようにするためには?原子力施設の被災や震災などが起こり時空に変調が起こっているときに穴を覗き込んだり、妙な空間に近付かない。時空ポケットに落ちると大抵過去に行くみたいだが、行き先は良く分からない。同軸上の世界に行ければまだ良いと言える。しかしパラレルワールドに落ちる可能性も?これであなたも震災マスター。後は3日分の食料、水を確保すれば完璧だ。

 横須賀市民は少し注意。横須賀市には原子力施設も有り津波なんか来ると大変だ。グローバルニュークリアフュ-エルジャパン〔東芝、日立、GE共同設立)や、また立教大学原子力研究所〔こちらは廃炉決定)などの施設がある。どちらも縄文時代は海底だった場所(津波が到達する可能性あり)かも。よく注意するべし。知ってさえいれば、避けられる事だ。皆さんが助かりますように。


 この庵跡地は墓場になっているがなんと、会津藩士の墓とかになっている。かつて会津藩は滅亡の危機であちらこちらの土地に藩士が送り込まれた。横須賀と会津まったく関係が無いようだが、こんなところで繋がっていた。


  文覚上人だが部下の源渡の奥さん(袈裟御前)に横恋慕し、袈裟御前に夫を殺してとまで頼まれる、しかし武士の妻としてあえて自分自身が寝室で首根っこをかかれるという結末を迎える。このエピソードは上方では赤穂浪士並みに賞賛されたらしい。それでこそ武士の妻。つまり文覚上人、ろくなやつじゃあねえと言う事だけど。面白いから是非機会が有ったら見に行ってください。ヨタ5が置いてる10円拾うかも?西叶神社の上部右上の端から山道を登れるが、浦賀丘3丁目から行くのが普通か?一緒に行きたいと言う方がいれば行きますかあ?





KLX慣らしの続き

 まだKLXの慣らししてんの・・、言ってしまえばそうなのだ。鬼のように細い低速トルクで熾烈きわまるスーパーダッシュだ。いっちょうおれ(KLX)の実力みせてやるかあ・・。止めとけ!壊れるぞ!

clrorin1953.jpg

おかしい、前回80キロで燃料警告灯が点灯したのに今回は130キロほど?まあ、その場その場にあわせたファジーな対応が僕(KLX)のモットーなんで。今回、ハンドルウォーマーとか付けてもらったりしてるし、いきなり変なタイムミングで点灯すると壊れてるかのように思われるでしょ?だから自制したんです。ならばよろしい・・。

clrorin1947.jpg
 ここどこ?都立桜ヶ丘公園。聖跡桜ヶ丘とも言う。どっちが正しい?知らん。その日の気分かな。それじゃあKLXだろう。そんなこと言ってると視聴者が僕の事スットコどっこいだと思うじゃないですか・・。だってそうでしょ?

clrorin1948.jpg

 いきなり森の中に「バブルの塔」が、適当な名前付けないでください!3階しかないし。

♪デジタル障壁に守られた「バブルの塔」に住んでいる超能力中年バブル2世〔ヨタ5)悪魔の基地を壊すため三つのしもべに命令だ(GN125H,KLX250、HRーVヘグ号)なんで私があんたの僕(しもべ)なのよぅ?〔GN譲)
 自分はバブルは経験してないんだよ、気が付いたら終わってた。バブルカムバーック!

clrorin1949.jpg

立派な樹が生えてました。A495の超広角レンズ38ミリでバッチリ収まる。収まってないじゃ無いですか。知らん(A495)

clrorin1950.jpg

公園内に民家見たいのあって変だなと思ってたらすっかりどかされてた。

clrorin1951.jpg

火器の使用などは禁止 火器ってやっぱりマシンガンとかかな?わくわく・・。

clrorin1952.jpg

そんなヨタ5のわくわくなどは端にほって置いて、花が咲き乱れる。

clrorin1956.jpg

まだハンドルウォーマー黄色く見えてる人いますか?緑色ですから。よろしくね!(コミネ)

clrorin1957.jpg
 ガシャポンしたらこんなのがかわいい?凝っていて天板が透明な素通しのプラスチックになってる。白鯖猫?いまはキジ猫って言わないんだね?実は三毛猫駅長さんが欲しかった。実はうちの凛さん「たま駅長」にそっくりです。目の下の黒いところとか。
うちの父親に言わせると、タヌってるところ〔狸っぽいところ)
clrorin1954.jpg

で?駅長そんなとこで何してる。尻隠して頭隠さず!「せまいのよおおお・・・」(りん)

clrorin1955.jpg

庭でこんなてるてる坊主見たいな花咲いてるよ。


異常巻きアンモナイトの秘密

 異常巻きアンモナイトの秘密は北海道にあり?何故?スピード重視のオルソセラスから、遅いアンモナイトになりその後の展開が必要になったためだ。今まで異常巻きアンモナイトの正体が分からず、ずっと議論の対象になっていたが、そんな事はヨタ5が即解決。スピードが出なくなった、アンモナイトに残されたのは意外性のみ。結局どこに進むか捕食者に悟らせない必要があったからだ。

clrorin1755.jpg

三笠市市立博物館 、壁にあるレリーフが「モササウルス」だ。今回レンタカーはデミオだった。この車すぐに普通の国産車と違うのが分かる。なんとドアの位置が非常に高く周りをぐるっと囲っている感じ。安全性重視か?そういやなんか昔のフォードフェスティバにデザインが似ている気がする?そういうことか。
 後ろはかつてヨタ5が乗ってたレガシーの同色。この頃のスバルはエンブレムが小さかった。何故なら赤帽の軽自動車のイメージだからと小さくした。そんな必要なかったのに。今度アルシオーネSVXの新型出たら。エンブレムは大きく。スバル星団のアルシオーネだけ「赤い星」とかにして欲しい。カッコいいだろ。スペシャリティーカーだからいいだろ。なんたって水平対抗6気筒だし。


で本題。
clrorin1751.jpg

 アンモナイトだが表面にとげが出たり、異常巻きが北海道で沢山産出。異常巻きなのは生物として限界になったからだという説も有ったが、勿論間違いだ。生物が自分自身に限界を感じて進化を諦める事はない。

clrorin1752.jpg

 まさに「異常巻き」である。アンモナイトというのは普通の貝と違う。何故なら体内に気房を持ち水中に浮かぶ貝だからだ。住房からジェット水流を起こすと一体どこに向うか分からない。そこが異常巻きの狙いであった。

clrorin1754.jpg

ポリプチコセラス。まるで土管だ。自分の行きたいところに行くのもままならなかったと見えて、余り大きくはなれなかったみたいだ。

clrorin1753.jpg

これは世界的にも有名な「ニッポニテス」。まさに「異常巻きキング」しかし、巻き方には法則があり、でたらめに巻いていた訳ではない。

clrorin1749.jpg

モササウルス、こいつがアンモナイトを狙った。アンモナイトは目標を定めさせない戦略に出た。

clrorin1750.jpg

 こいつも異常巻きアンモナイト。現時点で素性は分からず。属・種・未定なアンモナイト。兎に角進化というのはずっと実験みたいなものだった。

clrorin1945.jpg

三笠市産のアンモナイトはヨタ5も持ってるよ。これ「ゴードリセラス」だったかな。異常巻きではない。

clrorin1944.jpg

 漬物石見たいのは・・それはでかすぎてプチサイズ。

clrorin1943.jpg

日本の三葉虫はしっぽのきれっぱしみたいのしか出ないが、アンモナイトは沢山産出。三葉虫が生息していたのは4から5億年前のカンブリア紀とかで日本は地震国だからみんなワヤクチャだ。1億年位前の白亜紀だからどうにかまだ残っていたともいえる。北海道行ったら是非行って見てね。



コタツの上の攻防4

< いよいよGNがハンドルの修理に出されてしまった。相当嫌だったのかここから動かないとずっとすねてた。そこは何とかなだめてバイク屋まで連れて行く。「ハイオク入れるから我慢して」「いや!そんなものに釣られず、私を誰だと思ってるの!」「嬢様です」

 clrorin1940.jpg

最近はだいぶ仕様が変わった?うん、いろいろ壊れてしまってね。エンジンガード、サイドバニア、サイドカバーみんな壊れた。なんか中国製っぽいぞ!そうだな。今回はGN自体が壊れた。問題ない。本当か?

clrorin1926.jpg

 ・・と言う訳で、KLX後はよろしくね!ここは旧国道246号線である。梶ヶ谷の交差点からから坂道下ってきたところ。昔は交通量少なかったんだね。馬絹まで行く現国道246号は大山方向に行けるが渋谷方向には行けず。大山街道だからこれでいいのだ。

a href="http://yotahegu.blog.fc2.com/img/clrorin1927.jpg/" target="_blank">clrorin1927.jpg
この店にはあれが有るんだな。九州の長崎爆心地に一番近いコンビニで買ったあれ?九州ならこれ!「愛のスコール」何故か川崎市でもこれや!ちなみにスコールと言うのは東南アジアのゲリラ豪雨的夕立のあれとは違うのだよ。何故か「乾杯」と言う意味のデンマーク語なのだ。もちろん響きがゲリラ豪雨に近いのでこう言うキャッチフレーズを付けたのだろうが?で、はまるヨタ5。ヨタ5が愛のゲリラ豪雨に見舞われるって絵になるでしょ?そう?」予定通り、メーカー戦略に乗ってしまっている、良いんだこれで。ヨタ5に流れる九州人の血が騒ぐ。

clrorin1928.jpg

 スットコどっこいだの言いつつしっかりKLXにもニューパーツ。ヤフーショッピングで注文したらショップがキャンセルしたとかで来やしない。やっぱり困った時のアマゾンさん。なんと翌日には届く。この時期は日に日に暖かくなるんだ、ヤフーショッピングなんかに付き合ってられない。しかしこれ色が緑色だとメーカーが主張する。なんだが、ウソでしょ。黄色っぽい。コミネのハンドルウォーマーです。

clrorin1942.jpg

ちゃんと書いてある、黒、グリーンだと。「心正しき者にしかグリーンに見えないということか?」さて視聴者の皆さんはグリーンに見えましたか?デジカメのカラーバランスとか言う落ちではないです。

clrorin1930.jpg

ネオプレーン素材って雨降ると水が浸透して結構ぐちゃぐちゃになる。晴れの日の使用推奨。

clrorin1931.jpg

 スクーターにつけるときは右も左もブレーキレバーか?分かんないよ。レバーを穴に通すが、KLXだと端っこの丸い部分でかいな。覗き穴のビ二ールの透明な部分がすぐに駄目になるというのでシリコンオイルを塗っておいた。

clrorin1937.jpg

 なかなかスパッと装着できないな。ドライバースタンドのやつの方が余裕が有るも(そっちはGNに装着)

clrorin1938.jpg

 まだ黄色に見えるって?そりゃ皆さんの日ごろの心がけですね。

clrorin1939.jpg

 桜もう咲いてるし、まだ地元の桜祭り4月2日だよ。見なかったことに。ハンドルウォーマーままだ黄色く見えるって?重症だよ、それやばいよ。

clrorin1924.jpg

 最近中国から輸入されるものが、PSEの認証が取れてるものが増えてきた。中国製のヘルメットなどもそう。購入時には最大の注意が必要。フィリピンは無作為に輸入して大変な事になった。ヨタ5が輸入したやつは、その後みんなPSE認証を取得してた。そもそもヨーロッパ規格ECEが通るレベルの物しか選ばなかったから、当然だ。

 clrorin1941.jpg

これは電球。シャンデリア球。LEDが苦手な雰囲気つくりに特化したもの。エジソン電球のLED版。
フィラメント部分が黄色になっている。電球色らしさを強調。

clrorin1923.jpg

 で、セコイヤチョコ発売40年にして新作続々、ヨタ5歓喜の極み!

clrorin1935.jpg

ちょっとこれはどうよ?まるでカブトムシの幼虫のような巨大なキャラメルコーン。キモイです。面白いというよりキモイ。

clrorin1936.jpg

 ヨタ5邸の柔軟剤は何故かこれ。マネージャーが好きだから・・。ヨタ5「ドバイ臭」がするとか言われそう。何だそれ?





 ヘグ号 インプロージョンエンジン始動

 今年もヘグ号のお尻の後ろに水仙が咲いてるなあ。

 clrorin1920.jpg

 やっと春になるのかな。今年は寒かったな。

clrorin1921.jpg

 ヘグ号 インプロージョンエンジン点火。そのエンジンはナチスドイツが円盤型飛行機に積んだエンジンでは?しかし反重力エンジンの仕組みは分かっているのになかなか実用化しないな?トヨタが東海地区で流したCMでは20年後にUFO作ると言っていたのに掛け声倒れ。ヨタ5が朝霞のホンダ研究所に企画持ち込んでヘグ号改造してもらうか。そのエンジンは3枚のディスク状の物体をそれぞれ逆回転に回わすという仕組み。昔はこういう実験のビデオ有ったんだけど最近見ないな。一気に天井に向って跳ね飛ぶんだよね。不思議。

 前にアメリカ海軍エルドリッジ号で、テスラコイルの実験(フィラデルフィア実験)をやって大失敗と言う記事を載せたが、本当にアメリカが恐れていたのはナチスドイツだった。ナチスドイツは起死回生をかけて本来なら「オカルト研究」としか思えないものにまで資金を出した。その成果はすさまじく、タイムマシンや反重力システムを終戦までに確立していたとも言われる。出遅れを感じたアメリカがエルドリッジ号を使いあんな危険まで冒してテスラコイル技術で本気でタイムマシンを作ろうとした。レーダーの不可視化実験なんて名目上の理由に過ぎない。この辺の事情が分からないと真実は結局見えない。

clrorin1922.jpg

 不思議だが、ナチスドイツが欲しがったのは未来の技術ではなく、ロストテクノロジーであった。かつて地球上にあった技術に再び脚光を当てようとしていた。このブログでも言及していたが、基本タイムマシンは過去に行くものと言う事が分かっていたからかもしれない。結局UFO状の飛行機も作った。実はアメリカ海軍は南極でナチスドイツの秘密兵器を目の当たりにすることになる。結果駆逐艦「マードック」を犠牲にすることに。ものすごいスピードで移動するかと思えば、いきなり海面に落ちたりする。制御が難しかったのか。ヨーロッパに数多く残るナチスドイツの秘密基地。戦後、意図的に破壊し埋めてしまったが、一体何が埋っているのか見当も付かない。本来ならタイムマシン「ベル」がどこかにあるはず。アメリカに技術が渡らない様に基地または本体を破壊した。

clrorin1919.jpg

(ネットから)連合軍がドイツから押収した資料にはこんなものが記されていた。反重力システムはインプロージョンエンジンである。
アポロ計画以前にドイツは宇宙に行く事を考えていた。 結局アメリカが宇宙に行くのもドイツの技術だったんだけどね。もっと前に反重力システムが確立。アポロ計画なんて見た目に分かりやすい茶番劇だったのだ。それも必要だったか?







縄文時代の地形を考える

  今回実家に帰り支度近辺を散策。縄文時代の自宅近辺の地形を考える。ヨタ5は4億年前に考えを巡らせねばねばならない立場(そうなのか?だから)7000年から3000年前なんて普通?ちょっと実家近辺を見てみた。

clrorin1912.jpg


 見てみたかったのは近所に生えてる「花にら」しっかり生えてました。

clrorin1913.jpg

近所の小学校の土手は縄文時代の遺跡である貝塚があったと言う事は海が間近に有った。しかし今は海は近くには無い。海が後退したのだ。実は浦賀には江戸時代までアシカがいた事が分かっている。

clrorin1914.jpg

実は眼下まで海だった。いまは家しかないが。昔の海岸線をたどるのも楽しいね。

clrorin1915.jpg

 眼下に浦賀湾がある。しかし海岸線はこんなところではなかった。

 今でも南極の棚氷が崩れると5メートル近く簡単に水位が世界中で変わる可能性がある。前回の棚氷の崩壊で6メートルくらい変わったはず。津波だけでなく海辺は常に危険と隣り合わせである。

clrorin1916.jpg


 眼下は西浦賀の街しかないが以前の海岸線はずっと右奥に繋がっていた。7000年から3000年前ことだ。

clrorin1917.jpg

 こちらは浦賀丘側だがかつてここにも海水が左奥まで入ってきていた。今は後退してしまったが。

clrorin1918.jpg


 ここの真下にも海岸線が来ていたはず。よく調べれば貝塚も有りそうだ。縄文時代は今より海岸線がずっと高かったはず。面白いよね。皆さんの地域はどうですか?調べて見ると意外な事実が見つかるはず。昔海だったところはいつ海に戻るか分からないぞ。現在のような温暖化が叫ばれる時は特にそう。温暖化?しかし現在の地球で本当に怖いのは寒冷化!である。かつて銀杏やメタセコイヤの絶滅をヨーロッパで引き起こした寒冷化が近付いている。海水の対流は2000年も掛かるのだ。「デイアフタートゥモロー」という映画を見たことあるだろうか。現在、太陽の活動が低下している。燃え尽きそうなウラナリかぼちゃみたいな太陽だとこのブログでも警告してきたが逃げようが無いもんね。寒冷化はヨーロッパから始まる。温暖化よりも深刻なのが寒冷化。食糧自給などに影響が出る。現在氷河期の中間である間氷期だったが、また氷河期に近付きそう。二酸化炭素量で調整して気候を左右させると言う事は難しくて出来ない。まったく新しい環境の火星とかならともかく。地球にとって動植物が絶滅する事なんてまったく屁でもない。かつての地球の歩みを見れば分かることだ。人間が絶滅、それもひとつの道だ。