ヨタ5チャンネル

バイク 猫 化石 カメラ 愛 欲しいものいっぱい
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP ≫ CATEGORY ≫ つれづれなる出来事
CATEGORY ≫ つれづれなる出来事
       次ページ ≫

和ナイフ肥後守を楽しむ

 
 肥後守(ひごのかみ)をいじる、何回目?忘れた。ついに昔ながらの肥後守を入手。すげえぜ!アマゾン当日配送でした。今回の肥後守は完全にキャンプ用?焼肉したいぜ!と特大サイズを購入。そもそもヨタ5にはみんなちっちゃいし。今回は肥後守 全鋼 特大120ミリと言うのを購入。中サイズ青紙割込より価格は安かったりする。肥後守はあくまで日常生活用具の1つ。黒地に金文字カッコウええの。

clrorin2231.jpg

今回は特大サイズ。これならちっちゃくない。
clrorin2228.jpg
 おりたためばこんなにスマート。場所も取らない。右側先端のでっぱりがチキリ。この部分は押さえやすいように平らにしてある。



clrorin2224 - コピー

 よく比較されるのがフランスのオピネル。どちらかと言うと普通のナイフで、刃を起こして固定が出来るが、それではただのナイフにしかみえない。肥後守は安全性を重視して刃を起こして固定できないようにしてある。良く考えられている、子供も使うため。

*肥後守はチキリを押さえていないと使えないし、ナイフ突き立てたりすることは出来ない、鞘に刃が収まってしまい、大ケガにならないまでも指を怪我することになる。自分が怪我をしたことのある人間は決して他人にその刃を向けることは無い。子供に刃物の使い方を学習させた「肥後守」。最近他人にケガさせたりしているのは肥後守を使った事の無い世代の人間だ。実は自分も使った事無いんだけどね。もう充分大人だから大丈夫かな?

clrorin2223 - コピー

 実は真ん中から折りたたむことが出来る。これも肥後守と同じく1890年頃からある。細い鞘に収まる肥後守みたいなスマートさは無い。やっぱりクールジャパン肥後守。

clrorin2230.jpg

 刃を止めてあるリベット部分にステンレス菊座が入り色はランダムなんで分からないと言うので期待したが、特にそんなものではなかった気がする。菊座仕様は「大」の方で「特大」は違うみたいでした。

clrorin2233.jpg

 これが現物です。袋に特大って書いてある。



clrorin2234.jpg

 すごく渋いな。黒地に金字。ホンダCB750仏壇カラーよりもっと仏壇っぽいぞ(ちーーん)。青紙割込の真鍮製と違いこの部分錆びるかもと有ったんで、刃と一緒にオイル塗っとこう、日本だとオサレに椿油とか塗っちゃうけど、ヨーロッパだと普通にオリーブオイルとか言ってたな。

clrorin2236.jpg
 ちょうどKLX250(勝手に通称SD)SD=すっとこどっこいの横に例のブツCB750「仏壇カラー」が止まってたんで、ご紹介。本当はCB750FCカラーを真似たものなんだけど、カラーリングもネーミングセンスもイマイチだ(別に仏壇カラーは正式名称ではない)。なんかどこかで間違った?赤/白、青/白までは良かったが、なんか変なカラーのラインナップまで完成。じゃあ、KLX250SDのネーミングはどうなんよって話?でもSDカラー最高でしょ?KLX250SDすっとこどっこいも正式名称ではない。


clrorin2229.jpg

 ビニールの袋にすっぽり収まり。便利。さて砥石で仕上げて今日は焼肉だあ。自分の買ったのは特大サイズそんなに袋の大きさ変わらない感じ。シンプルイズべスト。ヨーロッパではこのセンスの仕上げは無理だな。チョー格好ええ!

clrorin2235.jpg

擬似キャンプモードで焼肉をする。なんと予想外なのは玉ねぎの芯がとり易い、包丁だと後ろの部分を使うが、先の尖っている肥後守の方が抜きやすいんだね。実際に野菜とか切ると化学変化か?少し黒ずんだ。ちゃんとヤニトリとかも既に用意。準備良すぎ。これくらい大きいと包丁と同じように使える。でもコンパクトで刃渡り120ミリである。バッチリだね。次は本当にキャンプに行かないと。今年の夏はKLXでどこかいくか。ヘグ号も連れてって?こんどまた寸叉峡温泉に行くよ。












日本メーカーの衰退を憂う

 
 最近特に思うのが、日本メーカーはその商品などでいままでトップを走っていた。いかし最近明らかに駄目になっているなと言う商品が目立った来た。なぜかといえば余り日本でも余り活用されなくなってきたからだ。こだわったり物がわかる人が減ってきたのが原因だろう。しかしこのままではいけない。今回包丁をネットで取寄せて実感した。

 clrorin2217.jpg

 人の手で本刃付けまでしたという商品だが、なんか足りない?これは刺身用の柳刃包丁だ。なぜだ? 最近は包丁をちゃんと砥石で研いで使う人が減ったせいだろう。刃の先っぽしか研がないなら必要が無いと判断したのだろう。

clrorin2215.jpg

 包丁の説明もしているが、柳刃包丁に本当に必要なのはそんな事ではない。

clrorin2216.jpg

 研いで使うとこのようになりますと説明はしているが本当に必要なのはこんな事ではないはずだ。

clrorin2222.jpg

 下手な絵を描いてみた。人の手で本刃をつけたのは先の赤い部分。しかし柳刃包丁に必要なのは。その薄さだ。加工の問題か?2段階で角度が付いているため、結局全体が野暮ったく、鈍角的にでかくなっている。これでは刺身を裁くのは難しい。このメーカーに関わず他の商品でも同じような傾向が有るらしい。加工に充分な時間と手間が掛けられないからだと思われる。どうせ包丁を研ぐ技能も無いので良いだろうと言うことだろう。


clrorin2218.jpg

 ただちゃんと砥石の使い方なども紹介している。新潟市燕三条のメーカーだけ有り良心的ともいえるだろう。


clrorin2202.jpg

 ぱっと見て先端が太すぎる。最近良く刃物の研究してるんですぐに気が付いた。そして自分の好みに調整した。

clrorin2188.jpg

 ここで中砥の#1000が登場。しっかり削って、#4000で仕上げ。さすがヨタ5格好良い。最近よく言われます、惚れるなよ。
clrorin2213.jpg

 実際刃が付いてるのは片側だけ。柳刃包丁なんでそれで良い。でもそれならば片方はしっかり刃をつけたいところだ。後ろはつるつるてんである。

 clrorin2214.jpg

 こちらは肥後守(ひごのかみ)である。自分ごのみ通りに仕上げて変な段差など無い。刃は両側についている。

clrorin2209.jpg

 利き手(右手)で持ったときに外側(右側)に刃が付くようになっている。段差も消してこれぞ(柳刃包丁)だ。ここまで先端が細いとふぐの薄作りできるかな?でもそれ免許が要るし。
後輩にこれ旨いぞ! 死ぬかも知れんけど? ちゃんと香典袋も用意した。大丈夫だ。問題ない。

 
 最近気になっているのが、炊飯器の構造。よく見ると水受けすらない商品が非常に多い。そして、結局まわりが水浸しになっている。馬鹿じゃねえ!炊飯器を使う機会が減ったのが原因か?炊飯釜の材質などにこだわるが、結局厚みが有りすぎて余熱を溜めてしまい、ご飯粒がくっついてしまい使いづらい。高い炊飯器買ったが、気に入らず安いの買いなおした。使い勝手を忘れてしまった日本メーカーの先に有るものは消費者離れだ、気が付かないのか?今、中国人が日本製の炊飯器を買っているということだが、いずれそんなブームは終わるだろう。

clrorin2210.jpg

 この炊飯器はちゃんと水受けのあるものを購入。でも中国製だ。これはかなりヤバイな。

clrorin2211.jpg

 メーカーはちゃんと日本の象印だが、中国でつくってるやつの方がちゃんとしていると気が付いてしまったときが日本製炊飯器ブームの終焉だ。

 
 このままでは日本はトップランナーではいられなくなる。しっかりしてくれ。日本製バイクだって同じだ、基礎性能だけで乗り切れない壁にぶち当たるときが来る。



砥石の使い方

 砥石ってあんまり使った事ないんだよね、包丁だけならセラミック砥石でもどうにかなりそうだったんで。しかし使うとやっぱり違うね。自分も使った事なかったんで皆さんと一緒に使い方を検証して行こう。


clrorin2178.jpg
 オークションで買った包丁セット。薄っぺらくて中国製らしい。パン包丁や果物ナイフなどもセットだった。何だステンレスなのに、

clrorin2179.jpg

 しっかり錆びてるし、中国製最強だな。ちゃんと日本製の刺身包丁も欲しいな。アマゾンでぽちッとな!

clrorin2180.jpg

 こちら貝印、さすがしっかりしている。ありゃでも?

clrorin2181.jpg

SWEDEN製と書いてある。なんか良く分からん。こっちが好き。

clrorin2187.jpg

今まで使っていたセラミック製砥石。しかし太目の刃物は研げないよ、刃の先しか研げないし。ES3000だとう?日本名ウインダムか?それクルマ。

clrorin2188.jpg

 #1000/#4000のハイブリットタイプ。荒研ぎ、仕上げまで出来る。こだわるなら必要だろう。#1000が中研で#4000なら仕上げまで出来る。水に浸して置いたり、水をかけながら使用する。数字が大きいほうが仕上げに向く。#3000とか#6000とか有るけどこの#4000ぐらいがちょうど絶妙でいいかな。荒研ぎも#100とか言うのは刃こぼれしたようなものに使う。普通に使って切れが悪くなった程度なら中研ぎ#1000で絶妙に良いかな。

clrorin2184.jpg

 これが研ぎたい。肥後守(higono-kami)。この和ナイフ(JapaneseKnife)なんと1890年代(since1980 's)ぐらいにはもう存在していた。鞘に収まり安全でチキリを押さえていないと他人を傷つける心配もなく(刺したりすることが難しい、また自分自身が怪我をする)、かつて鉛筆削りなど子供用に使わせていたものだ。Former days were making them use a pencil sharpener for children . A child uses it in particular, and it's safe. It fits into a sheath in the usual state, and it's stamped, and there is also no injured worry.

肥後守外国にも流行らすか?専用の英訳ページがいるかな。海外の物に比べても本当によく出来てると思う。特に子供が使って安全だ。通常の状態で鞘に収まり踏んづけたりして怪我をする心配も無い。

clrorin2183.jpg

 さてどうやって研ぐ?手に持ったときに外側を向く方を中心に研ぐ、研ぐ角度を変化させてはいけない。
この製品は3枚の金属板を打ち抜いて作ってある、刃に当たる中心部分には青紙:クロムとタングステン鋼になっている。硬度が高く磨耗に強い、昔はこんなの無かったと父親も言っていた。今度竹とんぼ作ってよ(りん)  

*白紙・青紙:日立金属が開発した安来鋼(やすきはがね)というやつで、仕上がった製品に「白紙」や「青紙」を貼付していたそうで、そう呼ばれたらしい。

 通常の包丁を砥石で研いだ時にできる、「かえり」など簡単に出来ない。そもそもクロム・タングステン鋼とステンレス・モリブデン鋼では素材が違うのだ。

clrorin2186.jpg

 
 でも昨今、ナイフ持ってるだけでうるさいぞ。警察に職務質問された?当たり前だ、そりゃ振り回して使える状態で持ってるから悪いのだ。チェーンでズボンのベルトにつなぎとめておく。そもそも手元でしか使えないのだ。法律があって5センチ以上の長さの刃物を必要も無く持ち歩いていてはいけないのだ。果物ナイフで使うとかちゃんと説明が付く携帯が必要なんだ。空港とかでもうるさいので必要がなければ持たないのが良い。
 以前、 シンガポールに行ったとき母親が果物ナイフを鞄から取り出してスーパーで買ったマンゴー剥いていた。勢い余って掌まで切りつけてる。大丈夫?そのナイフ飛行機に持ち込んだんだ。ありゃ?以前母親が食卓に持ってきた、「大根おろし」、なんか赤いんで「もみじおろし」かと聞いたら、指までおろし金ですったと言っていた。もはや「母親最強伝説」には誰も追い付けない。



clrorin2189.jpg

#4000番で仕上げ。砥石も高いのはすごく高いし、手頃でリーズナブルなのも。両面使えると便利だし。滑り止めのゴムとか付いてる。いいね。自分も初級者なんでこれで良いや。仕上げにこだわると#8000、#10000なんてのも存在するが、これで良いや。

clrorin2185.jpg

 最後はキッチリ防錆処理でお手入れ。包丁など食品に使う時は天然の椿油が安全。日本刀にもこれを使うくらい。全部これでいいや。鉱物油の防錆油だと食品には向かない。



横須賀市浦賀昔の道を行く

まあ、久々に帰ったので、近所を散策しよう。歩いたほうが健康だと最近散策させられている。ならあそこをたずねるか。



a href="http://yotahegu.blog.fc2.com/img/clrorin2153.jpg/" target="_blank">clrorin2153.jpg

 まあ、蔵の前に看板有ったのに車で通って気が付いてなんて書いてあるか見に行った。今は余り干物を作ってるって聞かないな。昔は貯蔵庫だったのか?今はどっちかというと三浦とか三崎の方かな。佐島の方で干鰯今でも作ってる。スーパーに並んでるの見た。


clrorin2154.jpg


小さい頃から有ったんだろうが、気が付かなかったな。

z01.jpg

 古い写真を見てその位置を特定しよう。


clrorin2155.jpg

 コーナーの感じとかまさにここかな。


clrorin2156.jpg

 ここは右にコンビニとかあるが、昔はどうだった?

z02.jpg

真っ直ぐ続くのはこの辺だけだしかすかに奥は右にカーブ、うしろの景色などからこの当たりと見た。明治・大正から昭和初期頃かな。
なんと同じ所に電柱が存在。穴を堀り直すのが面倒だったか?昔の道路工事のサポタージュまで見抜く、ヨタ5。たとえ100年経ってもヨタ5の目はごまかせぬ。

clrorin2157.jpg

 ではここは西叶神社の右上から山に登っていく昔の山道。とりあえず階段はあるものの少し進むとすごく磨り減っているし歩きにくい。手前の階段は後世に換えられている様で新しいものだ。

clrorin2158.jpg

 更に少し登ると道自体無くなる。源平合戦の張本人「文覚上人」(遠藤盛遠)の庵に繋がる道である。昔ここ使っていたんだろう。
源平合戦が起こるようになったのは平安末期、その後文覚上人がここに移り住んだとしてもせいぜい西暦1200年頃かな。なんと800年以上経っている。階段も磨り減るはずだ。今はまったく通る人がいないとしても。。それこそ最初の話題じゃ無いが、食料の鰯干物・米などの調達に下の街に登り降りしていたはずだ。また西叶神社が出来たのもそのずっと後、江戸時代だろう。階段の方が先にあったのか?今は西叶神社の脇に階段が有ると思っているが、実は文覚上人の庵に登る階段の脇に西叶神社を作ったのか?今となってはまったくの謎なのだ

 とは言えたった800年ぐらいのことそんな事すら分からなければ、化石の研究など出来ないな。勿論上り口に神社を立てたのだろう。その為敢えて神社にその道を連結させたのだろう。そもそも正規の道じゃ無いし。江戸時代なんてせいぜい200年位前か、いくらなんでもあそこまで階段が磨り減らないだろうし。遠藤盛遠は鎌倉にも家があった。ここはあくまで庵なのだ。

clrorin2159.jpg

 もう道じゃ無い。この先大木倒れてたりするし。

clrorin2160.jpg

 ふと右を見ると、浦賀湾が見える。縄文時代3000年から7000年前は足元まで海があったはず。先に進むか、この湾の対岸の東浦賀には後北条氏の浦賀支城があった。今でも山に登っていくといきなり山の中に石垣が有ったり、人工的に整地された場所がある。海から侵入されるのを見張っていたらしい。以前に埼玉の最後の北条氏支城「忍城」を取り上げたことがある。この近くだと実は衣笠にも支城があった。うちの川崎市の近くだと横浜に「小机城」も実は有るんだよね。今はお化けぐらいしか出ないらしいが。

clrorin2161.jpg

 最上部に出た。ここが文覚上人の庵跡になる。まあ、景色は良かっただろうね?

clrorin2162.jpg

 で、それが証拠にしっかり碑が建ってるよ。

clrorin2163.jpg

 以前はここまで紹介できなかったけれど、ここには会津藩士の墓が有るよ。


 こんな歴史のあるところ行ってみたいなと思われる方、また歴女の方でもお供いたしますよ。








パンスヘルミア説と地球外生命体

 
普段化石なんかを見ていると確実に思うことがひとつある。宇宙で地球に生命は1つだけ・・・な訳ないでしょう。それは余りに傲慢な考えだ。
 パンスヘルミア説というのがある、地球の生命は地球外からもたらされたものであると言う考え。確かに宇宙に散らばるアミノ酸などの生命の源が地球上にゆっくり降ってきた。確かにこれは間違い無いと思う。地球上で自然発生するのはかなり大変だ。生命の源と言うのはタンポポの種のようなもので、生存に適した場所が見つかればそこに根付くようなものだと思っている。つまりどこの星でも同じようなものだ。地球外に生命はいる。地球外生命体はいる?と問われれば「当然」と答える。NASAの研究者も生命が居るかどうかを調べている段階ではない。実際にはどこにいるかを調べているのだ。ならばその逆も((地球外からの探索も)至って自然な展開だ。何も疑問に思うことは無い。

ウィキペディアで地球外生命体を調べると結果はこれ(竹取物語)「かぐや姫」なるほど!
clrorin2126.jpg


 ある日玄関先でピンポン。「通りすがりの地球外生命体ですが」という方々が現れても、そんなに驚いたりしないと思う。遠いところお疲れ様でしたね。と言う対応でしょう。押し売りじゃ無いなら大歓迎です!どうぞ上がってください、汚いところですが。
さっと周りを見渡して一言「ありゃ、本当に汚いな」。(宇宙人)
さて、口には合わないと思いますが、お茶と納豆をどうぞ!
本当に口に合わないな、せめて甘納豆で。(宇宙人)
東急のスーパー近いから待ってて。

clrorin2123.jpg
 地球外生命体と言うとこんなイメージだが、何もそうとは限らない。 

 以前甲府に降りてきた宇宙人の話もした。「甲府事件」実は異星人の宇宙船は肉眼で見えないように細工されているらしいので、実際はそこらじゅう飛んでる可能性はある。 よく聞く「グレイ型」宇宙人だが、明らかに爬虫類系だろう。銀色の皮膚(これはうろこの最終的な進化の証だろう、大きな目、これは宇宙に行くと無重力でこうなるらしい)。地球では中生代末期に知的生命体となりうるはずだった恐竜は絶滅してしまった。地球は哺乳類が知的生命体になったが、宇宙のスタンダードから見ると少し外れているかも。今後、宇宙の知的生命体に会うことが有っても、我々と見た目はずいぶん違うだろう)でもんなときは必ず来るはずだ。

こんなかも知れないよ。出来れば三毛が良いな。

clrorin2124.jpg


これも宇宙人ぽいけど猫だろう。耳が4つあります。
何かしたいことあります?(宇宙人)
宇宙船はただの乗り物ではないらしい。ちょっと未来に行って、ロト6の当選番号見てくる(ヨタ5)
ならばキャリーオーバーの「ロト7」の方が良くない?(宇宙人)
やっぱり宇宙人の言う事は一味違うな(ヨタ5)


clrorin2125.jpg

 やっぱり猫じゃん?この猫有名だよね。リンちゃん普通でよかったね。