ヨタ5チャンネル

バイク 猫 化石 カメラ 愛 欲しいものいっぱい
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 旅行
CATEGORY ≫ 旅行
       次ページ ≫

浦賀城(北条氏)

  最初に言って置くがこの浦賀城についてその構造や機能を解き明かした人は誰もいない。
 何故ならその場所すら不明確で構造など知られる由も無かった。しかし知ってしまうと、

 単なる山城とは思えない巧妙な仕掛けと、心理戦、絶妙に土地の地形の生かした信じられないような構造に驚くはずだ! 実は名城中の名城だと気がつくはずだ。難攻不落の城なんてレベルではない。 
 
 では見て行ってみよう。本当はどこにあった?何故自分は知っていた?実は小学校の頃からここに住み、山の中を駆けずり回って、山中で遺構を発見していた。中には信じられないようなものも・・。実はこれ、訳があって転載させてもらった。考えられているより北側にあり。東浦賀1丁目辺りこのスケッチは北条氏の有印公文書の写しである。城の見取り図なので表に出ることが無かった。当時後北条氏は房総半島の里見氏と対立していた。北条氏の支城は関東各地に存在していた。最後に小田原城が落城した。そもそもこの城が落ちる事は無く、小田原城落城で自然消滅した。

clrorin2344.jpg
 残念ながら方角が全然合っていない。その部分だけ修正させていただきました。

clrorin2341.jpg

写真が無かった時代の西洋人によるスケッチ。結構海に飛び出た部分が存在していた。江戸以降は護岸工事によってそんな風景は見られなくなった。江戸湾浦賀と記載されている。

当時は里見氏による軍勢の脅威にさらされていた北条氏は江戸湾(最近は東京湾と言う)を渡ってやってくる安房里見氏の軍勢に悩まされる事に。しかし2重3重にも張り巡らされた罠には太刀打ちできなかったであろう。

 この城を設計した北条氏の人間は信じられないほどの切れ者であったと言える。

 まずその仕組みを一つ一つ見ていってみよう。浦賀湾に張り出した物見やぐら跡。。周りには堀切やひな壇がめぐらされていた。

clrorin2284.jpg
このやぐらが有った跡地は既に山が削られ現在は存在しない。その下に円形ひな壇があった。なぜかこの辺にはまったく無い竹がこのやぐら跡の先端には植えられていた。もちろん足場が崩れないようにしていたのだろうが不思議な光景だった。まわりをひな壇が取り囲んでいたが、現在は時代の移り変わりとともにすべて消失した。でもここに自分と言う生き証人がいる。全てを見つけていた。竹は北条氏の時代からの名残であったのか?

clrorin2281.jpg

横須賀市は東叶神社の裏山を浦賀城といっているが、叶神社が襲われていたことからそんな風に考えたとしても無理は無い。しかし、こんなところに城を作ったら孤立して皆討死にするだろう。この浦賀城を設計したのはそんな馬鹿ではない。恐ろしいほどの知力に長けた人間だ。
 
まず浦賀湾に侵入した里見軍が最初に見たものは、浦賀城の物見やぐらと山の中腹にある「円形ひな壇」だ。わざとそこに目立つように「円形ひな壇」という他に類を見ないものを作ったのだ。どこからでもお前達の行動はお見通しであるという事と、敢えてこちらに城があるぞと言う事をアピールした。しかしこれは最初の罠だったのだ。場所的に東叶神社の前辺りから上陸。確かに実際に東叶神社が里見氏によって焼き討ちされた事実がある。実際は浦賀湾の入り口から近かったので狙いやすかっただけだ。

clrorin2335.jpg
東叶神社。浦賀湾の入り口にあり。
 

そして誘導されるように円形ひな壇に向かった里見氏は不意を突かれて右手から山を下ってきた北条軍に襲われる。そして先に進むと後ろを取られてしまう。しかし円形ひな壇の下まで来て里見軍の軍勢は立ち往生。何故ならこの場所は湾を囲った山の中でももっとも傾斜のきつい場所になるからだ。この傾斜を登るなんて無理。自然の要害を最大限に活用した。鎧兜などつけて上がるなんて絶対に出来ない。心理的にやる気を失うのを狙った。第1の心理戦である。

またひな壇が円形である事から上からは周りが見渡せても、下からではその全容が知れない。疑心暗疑に陥った里見軍が矢を射掛けてもおかしくない。第2の心理戦である。一体何が有る?
 この円形ひな壇は直系8メートルほど。端は座れるようにか 段差がついているような構造。2重になっており中心が更に掘り下げてあった。急な斜面の中央辺りに有った。そしてそのすぐ真下は急激な斜面。子供の自分はここから落ちて上がれずに苦労した。何故ここだけこんなに傾斜がきついのか?途中で樫の木に引っかかり事なきを得た。子供心に気がついた、何かこの場所には意味がある。この辺の山を散々歩いて回ってもこんなものは見たことが無かった。この円形ひな壇は矢を射掛けて届くか届かないかギリギリの距離だ。下手に里見軍が矢を射掛けても手持ちの矢を失うだけだ。次の行動に出るための戦力も失う。やはり地元でなく敵地に乗り込むのは相当のリスクを伴うこととなる、また下から上に向かって放った矢では充分な威力は発揮できない。

clrorin2343.jpg

敢えて通常のひな壇のような直線的なものでなく、円形のひな壇にしたのは敵の戦力である矢を浪費させる目的のほかにもう1つ、次のステップでは自軍にも大量の矢が必要になる。敢えて敵にそれを使わせその後は回収したと考えるのが、ここまで戦略的な考え方をする人間なら当然であろう。今のような規格が決まっている兵器と違い、当時のものは使い回しが出来るので敢えてそうしたはずだ。第2の罠である。この戦いが終わる戦国時代の最後1590年まではやはり武器として矢が利用されていた。1500年台中盤には鉄砲も伝来したが、まだ一般的ではなかった様だ。父親によると円形ひな壇に下に更に背の高さほどの石垣があったそうだ。



clrorin2283.jpg


 しばらく進むと今度は北条軍駐留地に上がる小さな道が右手にあるのに気がつくはずだ。しかしこれがまた第3の罠である。そこに侵攻してしまったが最後。細いV字型の道には両サイドから矢を射掛けたり槍で突く北条軍が現れる。散々な犠牲を強いて先の駐留地にたどり着いた里見軍はとんでもない光景を目撃することとなる。これが第3の心理戦だ。

clrorin2326.jpg
ちょうど京急のバス停の脇辺りから上がり道がある。
clrorin2325.jpg

ここにに入り山を登り始めたらそれこそ敵の術中にはまる。北条軍が両サイドから攻めてくる。危険すぎる。

 なんと北条軍をたたくはずなのに駐留地はもぬけの殻である!やっとここまで来たのに。何かたくらんでいるのかという不安感、しかしそれは最後に的中する。

 一体どこに行ったのか?半分は先ほど右手から突然現れて里見軍を襲った連中だ。この時点で後ろは完全に北条軍に囲まれてしまった。
clrorin2324.jpg
 
駐屯地跡地。昔は結構奥行きも広く幅も広かった気がするが、自分の身長が180センチも有るといまや狭く感じる。奥はずいぶん森に侵食されてしまった。

clrorin2324.jpg

 実はかつてここに石垣が残っていたが今や発見できない。

 仕方なく先に進むと第3の罠が。この先は左手に斜面が広がりまさに矢を射掛けるのに好都合、
clrorin2322.jpg

無理に突破しようとしても全方もまた傾斜になっており正面から矢が射掛けられる。その先は狭くなっておりやぶの中から槍などで突かれる。やっと登ったかと思うと今度は左手が切りたった崖であるまた矢が射掛けられる。
clrorin2319.jpg


もうここまで到達できる兵士などいるのか。今度はまた正面から矢が射掛けられる。もうそそろ本丸だが里見の友軍は残っていなさそうだ。

 では、北条軍駐留地にいた残りの軍勢はどこに消えたのか?
なんとここが非常に絶妙で驚く最大のポイントだ!浦賀というのは浦賀湾を中心に山の尾根が斜めに走る独特の地形だ。

clrorin2321.jpg

 この北条軍駐屯地裏の尾根沿いに既に移動していた。
clrorin2342.jpg

これは浦賀湾を描いた江戸時代の浮世絵。手前湾に沿って斜めに走る尾根がなんとなく分かるだろう。手前は東側向こう側は西側である。手前右側に向かうと現在の京浜急行浦賀駅の方向である。

駐留地東側山の尾根を伝って残りの軍勢は進んでいた。なんと現在の京急浦賀駅近くまで進める。実際自分もこの駐留地の東尾根から浦賀湾奥方向に行けるのを経験済みだ。小学校の頃学校帰りにそんな事もしていた。

 
 そして、背中をとられ仕方なく現在の浦賀駅方向に進むしかなかった里見軍は、とんでもない光景を目にすることとなる。突然右手から北条軍が進撃してきて行く手を塞がれてしまったのだ。これが第4の罠だ。ここで里見軍は気がつく。挟み撃ちに遭ってしまった。
浦賀城が!難攻不落の城なのではなく、落とすこと自体出来ないようにそもそも設計されていた城だったのだ。第4の心理戦、そもそもわれわれの計画は無理が有った。もうここまでだ里見軍を撤退させろ!全滅したとはとても報告できぬ。ここまで到達すれば駅前から今度は西浦賀側に向かって湾に沿ってV字型に折り返す。船を回せ退却するぞ。対岸から矢を射掛けてくる北条軍がいます!もうここまで来て無駄に争うな。反転せよ!我々は完全に敗れたのだ。全滅させては意味が無い、浦賀城の攻略自体が無理なことを安房里見氏に知らしめる必要がある。撤退を阻止せずとも良い。浦賀城の設計者はやはりここまで考えていただろう・・。しかし里見軍たぶん最初の罠、土手から側面攻撃を受けた時点で気がついて撤退していたようだ。この当時の戦略としては側面から攻撃されるのが最高に都合が悪いだろう。この浦賀城は側面攻撃の罠がその後何重にも待ち構えていた。里見軍が馬鹿ばっかりで予定どおり進撃していたら大変有名なエピソードが生まれただろうが、里見軍もそんなに馬鹿じゃあ無い。ちなみに安房里見氏というのは「南総里見八犬伝」で有名な里見氏です。


 そしてこの浦賀城後ろからの攻略も難しい何故なら尾根づたいに移動した北条軍がまた後ろから攻撃できる体制が作れる状況にある。残留軍と合わせて挟み撃ちが出来る。何から何まで徹底的に考慮しつくされた城の構造。

clrorin2317.jpg

 浦賀城裏側。余りの傾斜地ゆえに攻略は難しい。

clrorin2318.jpg

 右手を見ても尾根が続いており(現在は切り通しあり)。いまのかもめ団地や鴨居に上陸されてもすぐに伝令が届いただろう。

clrorin2316.jpg

 残念ながら今は物見やぐら跡、円形ひな壇、通常ひな壇、石垣共に何も無い。











 

長野県昼神温泉を堪能

 今回スキー目的に訪れた長野県昼神温泉であったが自分は知らなかった。
いつも行くのは静岡県寸又峡温泉だからね。さすがに今回少し遠いがスキー目的なら仕方ない。


 clrorin1836.jpg

しかし宿の近くには面白いものも。朝市やってるって。朝六時に起床して出かける。

clrorin1837.jpg

 まだ朝早く、山の端に太陽が昇っている状況。向こうに朝市の上り旗あるな。

clrorin1838.jpg

 朝市の様子。リンゴとかくるみなんかや干し柿などが売ってます。珍しいのは「菊芋」しかし、自分は知ってました。天然の「インスリン」と呼ばれています。ヨタ5はインスリンが必要なほどの1型糖尿病ではないので、ちょっと気になったくらいでした。でもマネージャーが購入していました。味噌漬けにしてくれるんだって。

clrorin1839.jpg

 実はこの旅館中日ドラゴンズが利用していました名古屋からも意外と近いしね。落合の名前が

clrorin1840.jpg

 今回この旅行に使ったのはこの車。世田谷ナンバーだとう?最近品川から世田谷ナンバーが登場し、ダサいと言われている。世田谷って田んぼばっかりで、谷が有って、確かに「等々力渓谷」はあるんですが。
世田谷って田舎なんでしょう?て言われそうですが、田んぼはさすがに無いな。「わ」ナンバー。今日はヘグ号じゃないのさ。

 
職場では日帰りでカナダに行きスキーをして長野で温泉に入りお土産買って帰って来たことにしといた。これが可能なのは?時速12000キロ。ヨタ5何に乗って行ったんだ?あれだなあれ?
clrorin1859.jpg
これか?世田谷のレンタカー恐るべし。

clrorin1841.jpg

 そうここに「おいでなんしょ」と書いてあった。

clrorin1842.jpg

 中日ドラゴンズファンお勧めの宿なのかも。

clrorin1845.jpg

昭和の部屋。テレビ映りませんと、いちいち書いてある。アナログ放送終わっちゃたよ。

clrorin1846.jpg

 レコードと黒電話、ちょっと前にピンク電話回したら回って戻ってるうちに番号が分からなくなってしまった。

clrorin1847.jpg

 多摩川の巨人軍2軍グランド前。グランド小池商店ではさすがに「読売新聞」だったが、当然ここは「中日新聞」と言うわけだ。

clrorin1843.jpg

 昼神温泉の「泉質」を調べ再現したらしい。どうせだから釜を傷める「硫黄」は入れなかった。朝市で購入。不思議と温まりました。いいなこれ!


clrorin1844.jpg

コンビニで買ったアサヒのビールとジュースなぜかどっちもまずい。これからはアサヒで「スーパードライ」のような超ヒット商品は出ないと確信。

clrorin1857.jpg


 ホテルの公式HPから引用。露天風呂は新潟の湯沢でもそれほど寒いと思わなかったがここは本当に冷え込んだ。その分お湯は暖かい。結局3回も入りました。満喫しました。


clrorin1848.jpg

何故か今回のレンタカーのナビもおバカ?ヘグ号のといい、なんで最近こんなのばかりかな?単価が落ちて儲けが減ってるから?カーナビは結局最後までまともな商品作ってたメーカーが勝つな。パナ?そりゃ無理?



clrorin1852.jpg

帰りに飯田市により焼肉を食べる。ここは人口当たり最大の焼肉店舗量で焼肉日本一の市。しかし焼肉食べてビール飲まなかったのは初めて。会社に戻って同僚に報告したら「やれば、出来るじゃんとか褒められた」あんまり嬉しくない。


clrorin1853.jpg

近所のスーパーで。実は川崎市民が飲んでる「一番絞り」は横浜工場製だったりする?


clrorin1855.jpg

 信州の地元スーパーで買ったボイルホタルイカは兵庫産だったりする?さてこちらではどうだろう?駿河湾?やっぱり兵庫?

clrorin1854.jpg

信州地元のスーパーで買った野沢菜は地元民御用達の本物。お土産用などではない。その上安い。


clrorin1858.jpg

これは長野県上田市の「みすず飴」だ100年の歴史を持つ。かつてヨタ5の冷蔵庫で眠っていたものと同じ商品だ。「飴」といっても天然素材のゼリーといった商品だ。こんなハイカラなのが100年も前から有ったんだ。この製品の製造元飯島商店本店は文化財にも指定されている歴史有るもの。長野に来たらいつもこれだね。


clrorin1856.jpg

 地元のスーパーで買った味噌パンは「上高地味噌」を使用。神奈川県では味噌パン自体たぶん売ってない。是非行ってみてほしい地元スーパー意外な発見が有るはず。お金使うなら是非地元貢献で!




スキーに行く

 ま、北海道旅行の途中でしたが、今回のスキーツアーに記事もあげときますか。旅行のカテゴリーにはスキーというタイトルは無いんだな?ディズニーランドとかは有るくせに?

clrorin1787.jpg

目的地は長野県「昼神温泉」と言う場所でした。何だその昼行灯(ひるあんどん)な神様みたいな名前は?しかし温泉宿はとんでもなかった。

clrorin1824.jpg
 「天皇・皇后」宿泊の宿だったのでした。他にも特徴が有った。

clrorin1788.jpg
「おいでないしょ」と書いてあったが他の場所には「おいでなんしょ」と書いてあった。どっちが正しい?

clrorin1791.jpg

clrorin1790.jpg

 玄関前は庭園になっていた。

clrorin1794.jpg

 天皇皇后ご滞在の様子。

clrorin1792.jpg

 木を勝手に伐採したら処刑されるらしいぞ。最近はアイドルナイフで刺しても平然としてるやつも居る。さっさと処刑しろ。女の子傷つけるなんて、ヨタ5的には極刑対象だ。

clrorin1793.jpg

ちゃんと資源管理されていたんだ。

clrorin1795.jpg

ホテルのロビーには地元の作家さんによる絵が描いてあったみたいだ。

clrorin1798.jpg

ちょっと食事にでも行こうかとすると、すごく場違いな車が。痛車かあ・・。天皇皇后が来てる時だったら、撤去確実だな。今日はヨタ5しか来てないから、許可された。

clrorin1809.jpg

 途上に妙なものがある?後に判明する。

clrorin1810.jpg

その後もこちらの正体は判明せず。太陽電池パネル付けて現代ぽくしてみました。そんな稚拙な手ではヨタ5はダマせんぞ。

clrorin1808.jpg

 河原に行って見ました。ヨタ5癖で石が落ちてるとすぐ化石を探してしまう。いや駄目だ、これは花崗岩だ、化石など存在するはずは無い。さすがに石垣島の石垣の中の琉球石灰岩の中には「巻貝」と「サンゴ」の化石は発見したけれど!


clrorin1811.jpg

 さすがに水は冷たい。

clrorin1802.jpg

 お昼ご飯食べるなり。天そば。

clrorin1799.jpg

 このあたりつるし雛が有名らしいよ。

clrorin1803.jpg

 なんか飛騨高山の猿ぼぼっぽい人も居ましたが、顔が付いてる。偽物だ。

clrorin1804.jpg

 気になった看板?リンちゃんも連れてこれるかな?犬はいいけど猫は駄目と言う宿も多い?猫は粗相するから。実際リンちゃんと行った伊豆の宿では、ヨタ5がビールこぼして粗相した。私みたいにちゃんとしてよね(リン)。猫が粗相したら申し出てくださいと言うことだったので、結局「ヨタ5が粗相しました」と申し出ることに。

clrorin1806.jpg

 おやきの専門店があるぞ。行ってみよう。のざわなおやきが食べたいぞ。

clrorin1807.jpg

 炭火焼で焼いてくれるぞ。よた5の囲炉裏でも焼いてみたかったぞ。

clrorin1819.jpg

 で、あれの正体は?

clrorin1812.jpg

 「湯屋守様」と言う。なんかノリが「千と千尋」見たくなって来たぞ。早く宿に帰って温泉行こう。





かつてのニシン漁の幻を知る

かつてニシン漁の栄えた余市の福原漁場に行ってみた。ニシンいくらでも獲れるということで獲ってしまったらその後はまったく水揚げされずと言う構造。資源管理が出来ないとこうなると言う教訓であった。反対に資源管理が出来たのが「ハタハタ漁だ」過去の教訓を元に無理な漁をしなかった。中国などは日本のバブル崩壊などを研究していたが、日本とは比べ物にならないほどもっとひどい状況になる?おバカな国は同じ過ちを繰り返すだろう。資源管理なんぞ出来ないな。さんま漁でも既にそんな状況。日本にも迷惑が掛かっている。


clrorin1781.jpg

 ニシンも食用ではなく、肥料用だった。勿体無いね。最近は野菜屑や食べ残しなんかを堆肥にしたり出来るので、無駄なく資源を活用できる。昔の北海道はズワイガニなんかが畑に転がっていたような光景が有ったらしい。


clrorin1780.jpg

ニシン漁の教訓のためにも後世にその建物を残している。昔は活気にあふれていたはずだ。ニシンはもう来なくなった。

clrorin1782.jpg

建物内部。たくさんの人が働いていたはずだ。

clrorin1783.jpg

このようなもので背中にニシンを入れて浜から運んでいたそうだ。今はそんな光景はもう無い。


clrorin1784.jpg

出入り口はあちこちに設けてある。それだけ活気があったのだろう。裏でトリカブトをみつけて写真を撮っていたが誰か悪用するといけないので、載せないで置こう。


clrorin1785.jpg

これは小樽運河だね。ガラスに描いた絵があったので購入した。


clrorin1786.jpg

ここはどこだっただろう?昔の事で忘れたな。宿泊ホテルの窓からの光景かな。この旅行で泊まったのは富良野スキー場の脇やキロロスキーリゾートとかだったな。




余市ニッカウヰスキー工場へ行く

  
そういえば、ボールペンの替芯交換するんで思い出した。朝の連続テレビ小説でまっさんの話が出るずっと以前に余市のNIKKA工場に外人の嫁さんが来ていたのは知っていた。

clrorin1774.jpg


clrorin1777.jpg

 余市のNIKKA工場で買ったシャーペン。ウイスキーの樽で作ってある。なかなか味わい深いでしょ?お土産にどうぞ。

clrorin1778.jpg

黒い方がボールペン。ボールペン書けなくなったら捨てちゃう人も多いでしょうが、替芯という手も有る?大事にしよう。ゴルフ打ちぱなしでせっかく貰ったボールペン(オレンジ)がすぐかけなくなった。ほとんど使ってないのに・・。



clrorin1779.jpg


結構メーカーが違ってもこれが合うというのあり。NIKKAのもこれだけどプラスチックのもこれで良いみたい。5本も購入。1本54円で延命完了。インクは違うけど最近フリクションペンが好き。書き直せて便利。

clrorin1767.jpg

余市工場。北海道らしい風景でいいな。

clrorin1768.jpg

中庭に木が植えてあったりする。最近ヨタ5もウイスキーみたいなきつい酒は飲めないよ。

clrorin1769.jpg

clrorin1770.jpg

こんな感じです。機会が有ったらどうぞ。

clrorin1771.jpg

文化財に指定されてますよ。

clrorin1775.jpg

 夫婦でお気に入りだった、ガラス製のドアノブだそうです。

clrorin1772.jpg

 これが蒸留装置かな。

clrorin1773.jpg

 中庭のオサレな建築物。いいなこれ。

clrorin1776.jpg

 こういう樽でシャーペンやボールペン作ったのね。なかなか良いです付加価値たっぷり。ヨタ5愛用品に指定。


公開時間、今頃きっとスキーに行ってる筈です。