ヨタ5チャンネル

バイク 猫 化石 カメラ 愛 欲しいものいっぱい
2018年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 化石
CATEGORY ≫ 化石
       次ページ ≫

オウムガイの5億年

 以前オウムガイは直角石オルソセラスから進化する形でオウムガイとアンモナイトに変化したことを伝えた。オウムガイは浅い海の競争を避けて深海へ移動、無理をしない戦略を取った。アンモナイトはその後浅い海に居続けて、海から陸上に上がった動物がその後中生代になり水生爬虫類モササウルスになって海に戻ってきてしまい、予定外の事が起こり苦労の末に恐竜と共に大絶滅をする。

clrorin4372.jpg

 これ何?CENOCERAS(セノセラス)オウムガイです。ただしジュラ紀の地層で1億5000万年~2億年頃のもの。(なんたってオウムガイは長生きしたからね)フランスのCaen産出でこんなちっぽけなのに今まで買ったどの化石よりも高かった。バブル崩壊直後はみんな困ったようで、個人の秘蔵コレクションが安く市場に出た。今は到底無理です。

clrorin4371.jpg

ヨタ5のコレクションの中ではこんなショボイのあんまり無かったのでびっくりかも。実は東北大震災の頃に大きなオウムガイの化石を調達していたが、ドサクサになって買えなかった。もしかしたら出品者が被災していたのかも。そういえばアンモナイトの住房にオルソセラスや腹足類(巻貝)が5億年以上閉じ込められてた化石はなんと質流れ品でした。

clrorin4373.jpg

 これなんだ?モササウルスの歯です約7700万年前のもの。鮫みたいに次から次へと歯が抜け替わる。アンモナイトのように堅いものかじっていたからです。

clrorin4374.jpg

別の角度から。実はバブル崩壊直後ならモササウルスの全体骨格まで販売されていました。今は絶対無理ですね。まあアンモナイトクレオニセラスが噛み付かれていた化石がヨタ5の元にある。これだけはっきりしたものは多分世界に1つだ。へこんだものや虫食いに有ったものしか実は発見されていない。(過去記事参照)

clrorin4375.jpg

 エルラシアキンギイだ。こんな普通にネットで買えるようなものヨタ5が買ったの?とお思いの方もいると思う?この頃の三葉虫は特に弱く捕食跡(バイトマーク)が有るものもある。それを説明するための資料。実際バイトマークのあるものはもう手に入らない。三葉虫かじったの誰だ?有っても数十倍の値段だろう。この化石大きな特徴がある。実は死んでしまうと外れてしまう遊離頬(ゆうりほほ)(別名:自由頬)が残っている。エルラシアキンギイの特徴だ。


clrorin4376.jpg

実はこの化石プレート右の下にもっと大きなエルラシアキンギイが居るが、ほっぺたは取れてしまっている。同一プレートに2つのタイプ。これも面白いのでは。

clrorin4377.jpg

全体見渡すとこんな感じ。三葉虫は何故絶滅した?何も変われなかったからです。カブトガニは何故生き残った。変われたからです。最初はほぼ同じような生き物だったはずですが、カブトガニは裏側がまったく違います。深海に行かなくても生き残れた。

 人間も知恵を使って今、変われないと絶滅する可能性があります。今そこにある危機が実は待ち構えています。ひとごとでは無いのです。地球にとっては人間なんて勝手に湧いた資源を食い荒らすノミやダニのようなものです。。居ないぐらいが良いくらい。絶滅したところで地球にとってはちっとも困らない存在なのです。自覚が必要な時です。

clrorin4378.jpg

カンブリア紀中期5億3000万年前、こんなに古いんだね。アメリカのユタ州産出だ。東京サイエンスの名があり、博物館の売店で買える様なものだ。自分は本屋で買った(紀伊国屋)。



他に秘蔵コレクション無かった?秘蔵だから秘密だ。あのなあ?

 忘れていたが過去の取引データ見たら、レア三葉虫「ランカストリア」と言う三葉虫を買った事になっているが知らんな?どれだろう?また腕足類ストリンゴセファルスの集合化石は日本に初めて紹介された商品だったようで自分は購入したがその後はネット見ても集合化石を見ることはまったく無かった。そのあとも1個~3個ほどのもの出品はあったが、集合化石は出品してすぐ自分が購入してしまい。その後は販売や輸入もされることは無かったようだ。そもそも業者が詳しい学術調査もせぬまま輸出してしまい困った事だろう。まさかそんな趣味の悪いものヨタ5が買ってしまうとは?スウェーデンから希少品として販売されてるものもあった。ヨタ5がなぜかそんなものを欲しがって買ってしまったようだ。(常識人は買わないということだ!褒めてんのそれ?)



利根川水系大暴れの謎

 実は利根川が関東で大暴れしていた形跡が自分の身の回りにもある。皆さんは知ってましたか?関東に住んでないから知らないと言う人も勿論いるでしょう。でも有史以前はこんなことも起こっていたのです。関東平野が平なのはそれが原因でもあります。

clrorin2357.jpg

 ふと横須賀の実家にて周りを見渡すと、変なものがあるぞ。変なもの?ところどころにあるよ。これなんだ?「泥岩」です。泥岩は川の河口あたりに堆積して出来た粘土質の石です。これがあるということは川があったんだなということ。しかし自宅は山の上です。土地が隆起して今見ることが出来ます。土地が隆起したのはいいったい、いつ日本列島が出来た時かも?まあそれは知らないですけどね。この近辺に川が有ったと言うことでしょう。

では泥岩は他にどこで見つかるかな?

clrorin2345.jpg

 探しに行こう。個々は横須賀市鴨居の海岸近く。何故駆逐艦「村雨」の碑がある?

clrorin2346.jpg

 ソロモン諸島で沈んだのに?なんかここ鴨居で修理したって?だって漁港じゃん分からんなそれ?

clrorin2347.jpg

 砂浜だし無理そうだけど・・。

clrorin2348.jpg

 本題:海の中に泥岩が有るじゃ無い。ということは川の跡か。今は海なのに。

clrorin2349.jpg

 三浦半島にはこんなところ沢山有るよ。海の中に川の形跡が埋ってた場所。

clrorin2350.jpg

泥岩の中に水草かなんかが取り込まれてる跡かな?こういう岩なら化石もあるのだ。

clrorin2351.jpg

 こちらも海辺に泥岩があり。何か無いかな?

clrorin2352.jpg

 何か確かに有るな。足跡もある?え?三葉虫の足跡「グルジアナ」そりゃあないです。日本列島が出来たのはせいぜい1億3000万年位前?三葉虫は4億年くらい前にいた。そんなに古いんだな、なんだか結局不明な足跡化石です。

clrorin2354.jpg

 そのままの勢いで三崎まで行ってみた。やはりここも似たような地層。しかし波に侵食されたかな。

clrorin2355.jpg

 キレイに地層出てるね。

clrorin2356.jpg

 やっぱり何が泥岩層に入ってます。泥岩は柔らかいので取り出そうとすると壊れるよ。見るだけに。筒状のもの?生き物の痕跡。わかんないですけどね。





メノウ化したアンモナイトトレヴィセラス

 以前は黄鉄鉱(パイライト)化した化石を紹介したが、条件によってはメノウ化することもある。赤や黄色などそれなりにキレイだ。


clrorin2168.jpg

 黄色と言うと鼻くそボンドっぽいけど、ちゃんとメノウである。

clrorin2166.jpg

赤だったらもっと良かったな。

clrorin2165.jpg

プラスチックなどではないのだ。ちゃんと化石化している。メノウはオパールに近い。またオパール化した化石と言うものも存在する。

clrorin2164.jpg

 ちゃんと表面のでこぼこがそのまま残るアンモナイトである。偽造品だとこの辺の再現が難しいはずだ。

clrorin2169.jpg

実はそのほかにもヨタ5がペンダントを持っている。ペンダントヘッドがメノウ化したアンモナイトだ。そしてこれは赤色である。外側に殻が残っていて分かりにくいが、なかなかいかすでしょう?ところどころ見えるところに赤色のメノウが確認できる。

clrorin2171.jpg
 なんとアンモナイトペンダントはヨタまで持っていた。どこ行ったっけ。猫のヨタ用の方が立派じゃ無いの?まあ、そんな事もあるかもね。


clrorin2170.jpg

そしてヨタ5が乳幼児の時に食べちゃったオパールの行方は?なんとお尻からそのまま出てきた。今回実家に帰り家で探してみたが見つからなかった。まあ、そんな昔の話で無いのにな。






圧力にさらされた化石の謎

 地中に埋っている化石ゆえ常に圧力にさらされている。三葉虫のような化石なら何億年にも渡る。化石はどうなってしまうのか?
時には何トンと言う重さに耐えて?いや耐えられなかった化石かな?

clrorin2101.jpg

まるっきりぺしゃんこで、輪郭しか分からない。何匹も潰れているが、「滑稽」としかコメントできず。このプレート自体大きさはこの程度だが3キロ以上あり重い。こんな重さのものが沢山集まり上から押さえ付けていた。三葉虫の種類も良く分からんな?

clrorin2102.jpg
 
まあ、生きているうちに潰されなかったことを祈ろう。まあ、4億年ほど前の事ゆえ良く分からないが。

clrorin2113.jpg

 何これ?オパールです。次回予告「メノウ」になったアンモナイト「トレヴィセラス」。オパールもこれに近い。乳幼児の時にオパールを飲み込んだヨタ5。子供は何でも口に入れてしまうんだな。まあ最近の事だな。なんとその後に大変な事が起こる!








原始三葉虫アグノタス目

 
原始三葉虫アグノタス。なんか紫色の岩盤の上に有って珍しい化石。いっけん三葉虫に見えるが現在は三葉虫ではないとされる。何故なんだ?

裏側の構造が三葉虫と違うらしい。真ん中から二つに折れる形状をしていた。お腹が弱点と言う意味では三葉虫に近い気がする。大きさは1センチほど。左の小さいのだとわずか2ミリほどだ。住んでいた場所も違う。ヨタ5も見てきたわけでないので良く分からない。

 clrorin2071.jpg
 真ん中で折れ曲がる対照的な構造をしている。ならばお腹の防御は問題なかったのか?
clrorin2070.pg
兎に角ひっくり返らないようにすると言う三葉虫とは確かに違うようだ。



clrorin2072.jpg

 
 住んでいた場所も違いがある。干潟には居らずこの種は海底に住んでいたとのことだ。

clrorin2073.jpg


こちらは沢山。上下バラバラになっている。確かに良く見ると尖った部分も有ってひっくり返らないような努力のあとも見えないでもないが・・。とにかく古すぎて不明だ。

clrorin2074.jpg

裏側が確認できる個体はないな。裏側になってるのも有るが、そもそも良く分からないか。
・・と言う訳で残念ながら三葉虫の仲間には入れてもらえなかったみたいです。


 次回「高圧縮された化石」。化石にはとんでもない地圧が掛かっている場合も少なくない。土に埋もれているので仕方の無い事だ。4億年も高圧力にさらされるとどうなるか?草履みたいになった間抜けな三葉虫が登場。笑えるかも?