ヨタ5チャンネル

バイク 猫 化石 カメラ 愛 欲しいものいっぱい
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP ≫ CATEGORY ≫ カヌー
CATEGORY ≫ カヌー
      

メイフライ2 改造パーツ続々

 もう既に カヤックメイフライ2の改造パーツやオプションの発注に入った。さてどんなものが

clrorin2406.jpg


舟艇自体はこういうもの

clrorin2421.jpg


これ何?「スケグ」といわれるものでいわゆる「フィン」に当たるもの。有ると無いでは直進安定性がまったく違う。勿論スピードも。
マナティーだと右や左に進路がぶれてレースにならなかった。早速こんなものを投入するなどやる気だなヨタ5。
clrorin2424.jpg

  ただし大きすぎると転回は難しくなり、底突きして折れたりもする。素材的にもちょうどいいものを採用。

clrorin2420.jpg


シーアンカーをつなぐフロート。回収場所を選定するために必要。ただロープにつないだだけではアンカーの場所が分からなくなる。長さ的に舟艇のすぐ後ろにアンカーを投入できる。

clrorin2425.jpg

先がフック止めになっている。

clrorin2422.jpg

ここににアンカーをつなぐ。

clrorin2423.jpg

 フォルティングボート、インフレータブルカヤックは風に弱く、気がつくと風に流されてとんでもないところに居たりする。アンカー(碇)の役目をするのがこのパーツ。水の抵抗で動かなくする。これで海上。湖上で昼寝しても安泰ですね。釣りをする人にも良いかも。




インフレータブルカヤック メイフライ2の購入

 
実は以前からフォルティングボートは持っている。ちゃんとしたものをということで15万円くらい出して買ったもの。これで丹沢湖のレースにまで出たと言うツワモノ。まあ、いいんだけど最近使ってなかった何故ならあまりに重くてまた組み立てに時間がかかり大変で億劫になっていたからだ。なんとキャリアが無いと自力で動かせず、収納袋のバックルなどもみんなちぎれた。


clrorin2407.jpg
 
 造りとかはいいんだけど、ちょっと不便すぎ。底板やフレームなどもみんなある。NaNoKマナティーPLUS,会社はなくなったか生産はやめたのかな?鹿児島県の姶良郡の会社だった。

clrorin2405.jpg

 なんで重いかはこれを見れば分かる。ちゃんとしたつくりなのだ。

clrorin2404.jpg

 あまりに重くてバックルぶち壊れた。

clrorin2403.jpg

 すごくいいんだけど良いだけではいけない何かがある!ただそれは経験したからこそ分かることでも有るし、だからといって最初からインフレータブルカカヤックを選択しても良いとは限らない。良し悪しは経験して初めて判断できるものだからだ。

clrorin2406.jpg

 メイフライ2の商品。これキャプテンスッタグいや、スタッグだな。以前クマ鈴買ったのこのメーカーだな。パール金属と言う新潟の会社の商品だ。燕市や三条とかあっちの金属会社かな。それでも10キログラムぐらい。グレードもいろいろ有るようで、大きいのは少しずつ重くなるやっぱり一番小さいこれがいい。。背もたれまで空気で膨らますタイプじゃ無いのが、そこそこちゃんとしてる商品の証でもある。メイフライ=カゲロウという意味です。

clrorin2398.jpg

アマゾンから速攻で来た。4万円ぐらいだから前のより安いし、空気入れるだけで仕上がる。でもやっぱり10キロ程度でそれなりに重さは有るが運べないほどではない。むしろメチャクチャ軽いぐらいだ。インフォータブルというのは「空気を入れれば膨らむ」と言う意味だ。アマゾンの例のセールのせいか値段はむしろ上がってます。固定資産税に5万円川崎市に巻き上げられたんで、そっちの方が痛かった。入院費22万だとう?たまらんな。

clrorin2400.jpg

 袋がついていて下げて運べる。さてリンちゃんとカヤックしなきゃ。せっかく猫用のライフジャケットまで買ったんだから。

clrorin2401.jpg

 足踏みのポンプが付いていた。補修用のパッチも。これなかなか穴が開かないほど頑丈だそうです。1万円程度のものはただの浮き袋です。すぐに穴が開くし、ポンプはマナティー用のダブルアクションポンプ有るしあっちを使おう。持って歩くの面倒なら付属のやつで良い。オールは付いてない。おまけ程度のものなら結局邪魔になるんでその方がいいな。メーカーもそういう需要層を狙ってるみたいだ。

 カヌーカヤックは保管場所の問題も有り、贅沢な趣味。しかし一度海上や湖上の俗世と離れたような雰囲気を味わってしまうと、もうやめられないな。釣りに使っても良いし。子供の頃は良くしたけど。リンちゃんはまっちゃたらどうしよう。

コロン大明神様なら絶対にカヌーから飛び込みそうだ。以前海岸沿いで車のドアを開けたら一気に海に突っ込んで行った。。水が大好きだったから。そのくせお風呂はきらい。それが分かっていたのでカヌーに乗せられなかった。乗せてあげればよかったな。そういうのが有ったので機会があればリンちゃんをと思っていたのだ。






Nanok マナティ+(プラス)

 カヌーを始めた、だいぶ前だけど。「陸地」からから見る「湖」や「海」と、「湖」や「海」から見る「陸地」がこんなに違うものとは、体験するまで分からなかった。いつもと違う日常が味わえる。現実逃避にもってこいの、道具だ。こりゃすごいかも(笑)。

 このカヌーはフォルティングボートと言うタイプで、折りたたみ式のものだ。骨組み等はしっかりしていて組み立てには時間がかかるが、これは他の機種に比べ楽な方である。

 これは神奈川県の丹沢湖の風景です。ここは許可を申請すると1日1艇あたり500円で、丹沢湖に乗り入れが許可される。ここではカヌーの草レースも開催され、実は出場したこと有ったりする・・

 釣りやラジコンは不可。しかし湖ならではのお客さんが登場する事も。

manaty.jpg

IMG_0569_convert_20131027104800.jpg
 鴨さんの夫婦がやって来た。アヒルさんも居たなあ。

IMG_0567_convert_20131107200051.jpg
 この子、「カナダ雁」じゃない、どうしてこんなところに?