ヨタ5チャンネル

バイク 猫 化石 カメラ 愛 欲しいものいっぱい
2013年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年01月
ARCHIVE ≫ 2014年01月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2014年01月  | 翌月 ≫

ヤン・シュヴァンクマイエル 「アリス」

 ヤン・シュヴァンクマイエル(Jan Švankmajer)をご存知だろうか?チェコの鬼才と呼ばれた映像作家で、自分もその魅力に心酔してしまった類(たぐい)である。ストップモーションフィルムを利用して実写と人形劇みたいなものを合わせたものを得意としているみたいです。

 そしてこの「アリス」はまさしくルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」なのであるが、不思議度は桁違いで面白いと言うより、はっきり言って「恐怖」なのである。

 冒頭で「子供の映画よ・・たぶん」と言う台詞が物語るように、この作品は「ディープな大人向け作品」である事は間違いないでしょう。ただ、子供が見ると普通に「楽しい」作品かも知れないが大人には「恐怖」でしかないというかなり特殊な演出のある物語で、まさに「白昼の悪夢」が体現出来るという映像です。

 しかし、最近ネットで調べてみると主人公の金髪美少女アリスの「パンチラ」の方が話題に上がっており「そっちかよ!」と言う感じ。そうか、そんな視点も有ったんだ。よし今度はその視点で見てみます(マジかよ?笑)。

 レンタルショップで最近置いて無いと分かると速攻でDVDを購入した作品です。それくらいこれはお勧めです。

51D2KQ9PQYL.jpg
20dfd0b28fa08f1b38db9110_L.jpg
お腹に穴の開いた剥製のウサギさん怖いです。でもこの物語の落ちはこの方が担当です。
アリス
うん、美少女ですな。パンチラは時代的にOKだったのかな?あんまり気にせず観てました。
靴下
自分が好きなのはこの「靴下」の化け物ですね。不思議すぎて楽しいです。
 
(追加ムービー)ヤン・シュワンクマイエル「地下室の怪」(YouTubeより)

(解説)マンションの地下は照明も無くへんなおじさんやへんなおばさん、そして訳の分からない魑魅魍魎が跋扈する異様な世界。そこにジャガイモ取りに行かされた少女の体験。主人公はちょっと大人びた顔立ちの少女で「カワイイ」という感じじゃ無いけど、最後に取った行動は間違いなく「可愛くて愛らしくていとおしい」です。お供がしっかり付いて行くのも良いですね。面白い短編です。






 

PCのハードウェアモニター

 みなさんは自分のパソコンの内部環境をどれくらい知っているでしょうか?特に必要も無いので・・という方もたくさん居るでしょうがPCの自作なんかをした人は結構、気になるところです。

 ハードウェアモニターなるソフトがフリーで有り、パソコンの中枢である中央演算装置(CPU)の温度や冷却の為に取り付けたファンの回転数なんかも、PCの基礎設定に踏み込まずとも簡単に分かる便利なものです。今回使ったのは「HWMonitor」と言うソフトです。 

 そしてうちのメインシステムですが、以前夏場にエアコンもつけずに居たらダウンしてしまい「低発熱省エネ型」の取り敢えずこれで!と言うものをBTO(ビルトトゥーオーダー)で秋葉原のドスパラで作ってもらいました。繋ぎでお金も掛けずのつもりでしたがなかなか優秀で今もそのまま現役です。

 でもやっぱりリテールのCPUファンでは、なんか物足りないので自分で付け替えました。

 しかし、その結果この寒い季節とはいえCPUのコア温度はなんと起動から30分後でも18℃しかなく、HDDに至っては25℃しかありません。「オーバークール」ってPCにそんな言葉有ったんだ(笑)。HDDは40℃くらいが適温らしいよ。ケースファンも付けましたが、冷えすぎで電源抜いてしまいました。CPUの発熱が低いとPCはやはり熱くならないのですね・・。

ic2 (1)
「サイズ」の手裏剣リビジョン2?だったかな・・。さすがに標準品に比べ大きい。それでも背の低いタイプです。ファンの回転速度も抑えられるため、騒音はすごく小さくなります。
ic2 (2)
全然作りは違います。やっぱり自作ならそれっぽいのが良いですね。(BTOのくせに)
ICOPY00.jpg
取り付けた中身の内容が分かります。AMDの4コアCPUのPhenomⅡ×4と日立の1TB(テラバイト)のHDDが2基搭載されてます。電源は550Wで、やっぱりシステム安定の要ですね。
ic0.jpg
最近、イ〇テルとか主流・・何それ食えるの?行くぜ~「漢AMD」!

GIVI トップケースを使う

 最近はバイクでもシート下にヘルメットが入れられるくらいの収納がある物も多いですが、GN125だとまったくそんなものは有りません。ヘルメットまでは無理ですがZRXダエグだとかなり収納できるスペースが有りますが・・。

 GN125Hにはその代わり立派なリアキャリアが付いています。それでしたら是非トップケース(リアケース)を利用するのが便利ですね。積載量は3キロのものでかなりしっかりしています。

 いろいろなメーカーのものが有りますがイタリアのGIVIなどが有名ですね。デザインが気に入ったのがこちらのメーカーの商品でした。容量30Lの「E300」と言うもので化粧版付きのE300B912を購入しました。このモデル付けてる方が結構居ますが、化粧版付は少数派ですね。

 化粧版付を選択したのには訳が有ります。黒一色だと夏場には中が熱くなりそうだと思ったため、敢えて白の化粧版付にしたのです。見た目もきれいなので良かったでした。

 GIVIには、専用キャリアを使う「モノキー」と汎用のキャリアにつける「モノロック」シリーズがありますが、この汎用キャリア用のモノロックは最大の積載量が3キロとなっています。そうです・・大きさが違っても最大3キロです。更に大きなケースを付けたい方も居ますが、少し考えなければならないところです。またネットではアルミキャリアなどで無理な大きさのものを積んだ為にキャリアが破損する事例が報告されています。

 一度2Lペットボトル2本、牛乳パック1本、500ミリビール3本の合計約6.5キロを入れて買い物から帰ってきたことが有りました。さすがに壊れはしませんが、重心が高くなり少し危ないです。実際にこのケースに入るのはフルフェイスのヘルメットなら1個です。雨合羽までは一緒に入りませんね。

IMG_0892_convert_20131107151555.jpg
取り付けは簡単ですが馴染むまで上手く鍵が開閉しにくかったり、ベースに上手くはまらなかったりするところがやっぱり外国製だな?と思うところ。でも長く使っても壊れないので出来はやっぱり良いです。
IMG_0897_convert_20131107151440.jpg
ストップランプが組み込まれるタイプのケースも有りますが、これには有りません。結線が必要になるため取り付けが面倒になるので、無くても良いや。
IMG_0913_convert_20131107151456.jpg
そのまま中にものを入れると偏ったり移動してぶつかったり、バイクの走行の支障になったり内容物が壊れたりする可能性があるので100均で買ったウレタンシート2枚を敷いています。1枚だけ敷くとシート自体が動いてしまうようです。

 

 

「チームウエア」をつくる

 人が同じ趣味で集まるとチームウエアを作って見たくなる時がありますね。今回はバイクチームでお揃いのツーリング用ウエアを作りました。一から作ると高いですが、こんな時は「作業着」がお勧め!最近はそれに見えないような洒落たデザインのものがあります。なんと言っても価格が安い・・チーム名の刺繍まで入れてわずか楽天最安値店舗で1着3200円で仕上がりました。

 バイクの防寒用というには少し薄めですが、その分3シーズン使えそうです。裏側がフリース加工されてます。防風対策がしっかり採られていて、襟は立てて閉じることが出来るし、袖の先も調整できるのでバイクのグローブに収まります。ファスナーの合わせ目もしっかりカバーされているのでバイク用としてもしっかり使えるレベルです。

 メーカー名はAITOZで品番はAZ-8471と言うものでした。ネットの見本よりかなりおとなし目の色ですね。安いし面白いので、みんな別々の色を選択して遊んでます。まあ、グリーンなんて色がある時点でバイク用も考えてるのかも・・。

10004613_dd.jpg
(Webより)グリーンに赤、黒はバイク用にしっかり使えそうなカラーですね。チームには橙/黒のER-6fも居るんですよね。
IMG_2346_convert_20140121125225.jpg
実際はそんなに派手な緑じゃなかったです。でもデジカメのカラーバランスのせいでこうなったのかな?もう少し実物は明るい色ですよ。
10004613_ddd.jpg
(Webより)細かい部分がよく考えられて作ってある。襟・袖・裾が調整可能なのはすごく良いです。
IMG_2348_convert_20140121125246.jpg
さてみんなでツーリング出かけよう。チーム名「玉川2輪部」なのは世田谷区の二子玉川が拠点なので。



 

川崎市立「日本民家園」に行く

 こちらは古民家野外博物館言う名前を持つ川崎市の「日本民家園」です。名前の通り古民家他を含めると30棟ほどあり、なかなかの景観です。もともとは生田緑地の有効活用の為にこのような環境負荷の少ない施設を作ったようです。

 普段はまず川崎市では見られないような建物ばかりです。関東近辺や東北から集めた古民家がほとんどで飛騨の合掌造りなども何棟も建っています。ひとつは中で食事が出来る棟もあります。

 生田緑地の中には「岡本太郎美術館」や「プラネタリウム」「機関車D51」や「ブルートレイン」の客車などもあります。

 また、ここは「関東ローム層崩壊実験」の事故の現場もあります。詳しくは知りませんが実験の折、作業員が土砂に巻き込まれたとか・・。

 最寄り駅は、小田急線の「向ヶ丘遊園駅」です。しかし「向ヶ丘遊園」という遊園地は現在ありません。「藤子・F・不二雄ミュージアム」になっています。

 そしてこの向ヶ丘遊園駅は実はむかし「ウルトラセブン」のロケを行ったところで日本民家園に向かう南口の改札出口で「メトロン星人」が人類の撹乱を狙って、宇宙芥子入りのタバコを自動販売機で売ってました(笑)。メトロン星人は例の「ちゃぶ台」宇宙人です。

IMGP0683_convert_20131229164900.jpg
まさに合掌造りです。飛騨の白川郷・五箇山に行かなくても本物を見ることが出来ます。
IMGP0699_convert_20131229164922.jpg
IMGP0711_convert_20131229164943.jpg
IMGP0712_convert_20131229165002.jpg
都会の喧騒とはまったく異なる時間が流れています。






 

ちび猫リン やりたい放題 45日目

 ちび猫リンの紹介。生後45日目のまだちびですが、なかなか活発に動くようになった頃の映像です。

 この頃にはもうあだ名が付いてます。見た感じがどうしても「信玄餅」を思い出す・・それでこのあだ名です(笑)。あちこち動き回るもので踏んづけてしまいそうではらはらしていました。

 動画ではおねえちゃんに黒いスポンジ状の食べ物を貰ってますが、これは大好物の中国蒸しパン「マーラーカオ」です。自分も人間の家族だと思ってるようで、食べているものはみんな欲しがります。そんなこんなでケーキ食べたり、ラーメン食べたり、コーヒー飲んだり?ちょっととんでもないニャンコになってます。

 虫歯になったり、体調崩したりしないように注意しないとね。

まだ、ダンボールハウスから自力で飛び出すことが出来ません。
IMG_1995_convert_20131029144828.jpg

動画では今の季節と違い、日本史上最悪の高温を記録した日でした。






ネオプレーンハンドルカバーを使う

 最近余りに寒くなりバイクに乗るのも大変。特に手の寒さが堪える。そこで新素材とされるネオプレーン製のハンドルカバーを導入。デュポンが開発した防寒、防湿、耐磨耗などを謳った商品だがなんかウエットスーツ地みたいだけど・・。まあ、それならそれで寒くないのかな。

 この手の商品は、おっさん臭くてやだなと思ってたがそうも行かない。ここのところ寒いの通り越して手が痛かったぐらいだから。以前ニューヨークに旅行で行ったとき大寒波に見舞われて(死者が出るほどのひどさ・・オプションツアー全部キャンセルで)顔中痛かったのを思い出した。今回の品はちょっと若向きに作って有るので飛びついてしまった。

 これは2りんかんで売ってるやつで、色はあまり選べない。コミネのやつならもっとカラーバリエーションが有るな。

 実際使ってみると手袋が中に出し入れしにくい。まあ、この商品に限らずこの手の商品はみんなそう。頻繁にヘルメットのシールドを上げ下げする癖のあるひとには向いてない。手袋は最低限薄くてスムーズに出し入れできるものに変更が必要ですね。自分は軍手になってしまった。それでもぶ厚い冬手袋使ってるより寒くないので良い。

 隙間も少しあるし暖かいと言うより、冷えないといったほうが正確かも。直接風を受けないとだいぶ楽なのは事実です~良いかも。でもGNには使うけど、さすがにZRXダエグで使うのやだな。

noo_convert_20140113162346.jpg
色は黒と橙/黒しかなかった。手元のスイッチが見えるように透明な素材が一部利用されてるが、見えないな。

noo2_convert_20140113162407.jpg
価格はもう少し安かった。ネオプレーンでない素材のものも売ってた。

noo3.jpg
オレンジ色は目立つし、ウインカーの延長みたいな感じで悪くも無いか。どれくらい使えるのかはまだ不明です。

*追記:翌年も使ってます。意外としっかりしてるな。しかし、ネオプレーン製は人気有るけど雨を通してしまう。ちょっとしたにわか雨なら良いが、しばらく屋外で雨に降られると水が染み込み中に水が溜まってる状態。防湿素材のはずだが防水でないとはどういうこと?雨に降られても使わなければいけない方は、防水性のものを選択しなければならないかも。


コンデンサーチューン

 コンデンサーチューンをご存知だろうか?

 コンデンサーはキャパシタとも言い一時的に電気をためて足りないときに供給するもので、バイクや車など電源の平滑回路として使うと効果が有る事がある。市販品も有るが、自分は自作で作ってみた。

 まったく効果が無いという人も居るが、自分は取り付けたすべてのバイク・車で変化があったのでご報告します。

IMG_2327_convert_20140113011914.jpg
適当なケースがあったので、その中に組み込んだ。我ながら可愛く出来たじゃん(笑)極性があるので+-はしっかり分かるようにしよう。間違えて繋ぐと壊れます。

IMG_2328_convert_20140113011927.jpg
松下製(現パナソニック)の電解コンデンサー1000μF(マイクロファラデー)×2個、25Vの105℃対応品と言う仕様。白いのは、固定と絶縁と振動対策用のバスコークです。

IMG_2290_convert_20140113011803.jpg
パソコンのマザーボードなどに使われる部品です。高温には弱くこの写真のものは壊れて防爆弁が開いています。頭の上の+印のとこから内容物がはみ出してます。使い方を間違うと爆発してしまうのです。そんなこんなで、取り付けは温度の上がらないところを選びましょう。

 取り付けバイク・車の結果

 1.FTR250(ホンダ)

 エンジンの振動低下、ライトの光量アップなどの効果あり。反面エンジンブレーキの効きの低下、高回転域でのパンチ力の低下などが見られる。

 2.HR-V(ホンダ)

 エンジンの始動性アップ、ライト光量アップ、アイドリング回転数の低下など。しかしアイドリング回転数が低下して安定したため、パワーステアリングに供給される電力量が不足して重ステになると言うとんでもない結果に!

 3.ハイエース(トヨタ)

 高回転域のパンチ力低下。すぐに取り外されてしまいました(泣)。

*エンジンの振動低下・・これには効果が結構有ります。電気的な強弱の溝が埋まるとこういった効果が出るのですね。

*ライト光量アップ・・エンジンの回転によってライトは明るくなったり暗くなったりを実は繰り返していて、その暗くなる時の電気をコンデンサーが補うため、結果として明るくなるようです。

*エンジンブレーキ効果低下・・エンジンの抵抗を利用したブレーキですが、これに伴う電気的な抵抗をコンデンサーが打ち消してしまうために、効きが悪くなるようです。上記の振動低減の負の部分です。

*アイドリング回転数低下・・車などには特にエンジン制御用のコンピューターなどが積んであるのですが、これと干渉してしまっているのだと思います。コンデンサー追加により、もう少しアイドリング回転数を落としても良いと、車のコンピューターは考えたけれど、パワーステアリングへの電力量の低下の事までは考えてはくれなかったのです。

*高回転域のパンチ力低下・・エンジンの特性がフラットに変化してしまうためか、高回転域でのパワー感が無くなってしまいます。エンジンの振動なども減るためフィーリングの問題かも?

 ここまで書いたら、気が付きますよね?決して良いことばかりでは無いのです。他の方のレポートを見てもライトが明るくなったり振動が減ったりするようですが、エンジンブレーキの効果低下などが語られてますね。カーステレオの音質向上の為に付けてる人も居ます。バッテリーの寿命が伸びるとか燃費も良くなると言う意見も有りますが、自分は確認できなかったです。
 
 結局、FTRがコンデンサーを取り外すと以前の振動が出るのがいやでそのまま付けたままにしてました。

 コンデンサーチューンも、その構成によってマイナス面を出来るだけ減らせれば良いんでしょうね。市販品は470、1000、4700μFの3種類などで構成されてたりします。反対に大きいもの1個、または小さい容量のものをたくさんで構成すると良いとか言われてますが、効果はよく分かっていません。自分の場合充分な効果を出すにはもっと高容量のものが必要なのかも。興味があったら試してみるのも楽しいのでは。

 ZRXダエグとGNには実はまだ試していません。ダエグは多分変わらないだろうな・・、GNは多分FTRと同じ効果が出ると思います。そのうち試してみようかな。




カワサキ Ninja650(ER-6f)

 ツーリング倶楽部に新型車が入りました。その名はニンジャ650、ER-6fです。

 ツインのエンジンを積んでおり効率も良いのか、燃費が良いです。日本で乗るのはちょうど良い大きさ?弟の方はこのモデルのミニカウル版のER-6nに乗っています。マフラーがエンジンの下にもぐりこんでおりはみ出していません。バンク角を稼ぐためでしょうか・・。

IMG_2237_convert_20140109213247.jpg
デザインに特徴有ります

IMG_2289_convert_20140109213320.jpg
新型は前面部分が黒くなってます

IMG_2290_convert_20140109215631.jpg
タンクの前部分がカバーされている感じです

12_EX650EF_G_01.jpg
前のモデルのカラーリングパターンです

詳細については、ビデオも作りましたので紹介します





水仙咲く丘

 水仙が元気に咲いているこの頃。この場所ではこの時期に水仙が咲き誇っています。

 ここは神奈川県横須賀市の高坂貝塚の斜面です。この水仙が咲いている丘の下が3000年前の縄文時代は、海岸線だったようです。ここで自分たちの先祖の生活が明らかに有ったと言う事実がなんとなく衝撃的です。

 そんなことは何も意に介さず今年も水仙が咲いています。

IMG_2220_convert_20140103215616.jpg
IMG_2222_convert_20140103215630.jpg
IMG_2231_convert_20140103215646.jpg
IMG_2240_convert_20140103215709.jpg
IMG_2243_convert_20140103215726.jpg
横須賀市立高坂小学校の土手は貝塚になっており、縄文時代の土器なども発見されています。昔も今も人の営みが有ったのですね。(撮影:キャノンA495)