ヨタ5チャンネル

バイク 猫 化石 カメラ 愛 欲しいものいっぱい
2014年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年04月
ARCHIVE ≫ 2014年04月
      

≪ 前月 |  2014年04月  | 翌月 ≫

ペンタックス MX-1

 ペンタックスの高級コンデジである。昔の一眼レフMXのロゴとおなじタイプのものを敢えて採用。上下には真鍮製のカバーが付き、使い込むと下地が見えてくるように作ってある。まあ普通そこまではデジカメは使わないけど、ペンタが長く使って欲しい理由が有るようだ。そう!この機種以降「ペンタックスリコーイメージング」と言う社名から「リコーイメージング」に変わっているのだ。ブランド名では残るだろうがペンタックスの社名が無くなってしまった。

 自分も購入する気はあまり無かったが弟が「これ買って置かないと後悔する出来だよ!」なんてことしきりに言ってるので購入してしまった。世の中の評価も実際高いようだ。

 そして以前オリンパスXZ-1の紹介をしたときに「おなじ光学系を持つ」機種があるというのはこいつの事です。どちらかと言うと後継機XZ-2に細かいとこまで似てる。カメラでは結構有る事みたいですね。まあ、最後の仕上げ云々で結構違うものが出来上がるのですがベースはかなり共通部分が多いみたい。

resize0063.jpg
広角側開放F1.8は例のあのレンズですね。しかし、違うコーディングを施してある可能性も。
resize0065.jpg
XZ-2には無い露出補正ダイヤルがある。これは便利です。でもホットシューが無いか・・。メインスイッチ見たいのが二つ有り、赤いのはビデオのダイレクトスイッチである。モードスイッチ側と別のフレームレート(最大秒速60フレーム)がそれぞれ設定できるんで便利なんだ。
resize0064.jpg
アングルモニターは便利。必要性が分からないという人が居るけど、カタクリの花とかすずらんなんか撮ったことないでしょう?通常使うときにも便利、特にこの機種はビデオが使えるので。
resize0067.jpg
大口径過ぎるレンズにはレンズシャッター無いが、オートレンズカバーもサードパーティ製で売っててすごい楽チンだ。
resize0068.jpg
リコーGRデジタルとおなじバッテリーを使ってるので、予備ともども共有できる。いいね!
56032535.jpg
実は海外仕様には存在する「銀」を最初入手予定だったが、3万円以上するのに個人輸入では実質保障なしになってしまうのもイマイチかなと思いとどまった。やっぱり「銀」も良いよなあ。
resize0066.jpg
やはり真鍮製カバーなどで重くてごついけど存在感あり。もちろん性能はシャープな写りで文句無い。そういえばこのLED照明もそのうち紹介しようかな、面白いので。






ミリタリーバッグ(スイス軍)

 いよいよ本格的にミリタリーバッグの紹介になりますね。これスイス軍のガスマスクバッグで数が結構流通したので見た事ある人も居るでしょう。でも程度の良いものはそんなに多くは無かったみたいです。こちらは新品か新同品です。特徴がありすぎですね・・スイスの十字マークに通し番号が振ってあります。同じナンバーが有ったら偽物でしょう。

resize0078.jpg
 スイス軍独特のカモフラージュ柄。実際デジカメのピント検出が出来なくて困った。
resize0080.jpg
 ここに紐?ベルト通すには大雑把。訳がわからないのがミステリー(ミリタリー)笑。
resize0079.jpg
 番号がすごい。後一つでビンゴ!です。スイス本国かどっかのお金持ち辺りがコレクションしていそうです。でも全部「6」が揃ったら「ダミアン」(ホラー映画オーメン)みたいだからいいや。
resize0081.jpg
 やはりピントがあ・・ボタン留め可愛いけど、結構生地が硬くなってるなあ。
resize0082.jpg
 ミリタリーバッグに良くある底の抜けた内ポケットがここにも。
resize0077.jpg
 人気モデルのようで「レプリカ」も売ってるよ。ちょうど良い小ぶりさが良いからね。






スズキ JC125-9A カタナ

 こんなバイクが有るのをご存知だろうか?GS125系とはまた違うJC125と言うカタナである。この機種は日本にわずか20~30台程度しか存在しないとされていてGNがたくさんあるのに比べると超レア車である。以前ダエグの車検のときに販売店で見つけて興味が有ったが、GN倶楽部にも所有者がついに加入したので詳しく見せてもらった。

 車体だがGSベースだと思っていたが、フレームからエンジンに至るまで別物だ。エンジンの懸架方法が少し違う。エンジンはオイルフィルターの位置さえ、そもそも違っている。この車体はGNの大長江集団「豪爵鈴木」製ではなく「金城鈴木」製となっている。この「金城鈴木」は「モンキー」のパチモノ作っていたメーカーだそうだ。スズキのライセンス生産車のため品質には問題ない。

IMG_2719_convert_20140421100259.jpg
シールなど張り替えて昔のカタナに似せて仕上げてあるとオーナーさんの話です。
IMG_2057_convert_20131029133628.jpg
以前お店で見たこちらがノーマルです。もう新車では入手出来ないようです。
IMG_2058_convert_20131029133643.jpg
カラーリングのパターンがカタナとは違いますね。エンジンも良く見るとかなり違います。
IMG_2059_convert_20131029133656.jpg
シートの隙間からリアキャリアつきグラブバーが、ひょっこり出ています。GSのものとは違います。ホイールデザインもEN-3悦爽(だったっけ?)の物と似てましたが、違うそうです。日本に30台も無いのに何もかんもオリジナルなんで、パーツの供給困りそうとオーナーさんの話。その分目立つけどね!

(YouTubeより)昨日「GN倶楽部御殿場定食ツーリング」に行きました。ビデオにもJC125-9Aを紹介してますのでご覧頂けると幸いです。

おまけ映像でGN発進シークエンス動画が付いてます。いつもこんな感じで出撃しています(笑)。

 

猫と猫ちぐら 「ちび猫リンの101日」

 ちび猫リンの生誕101日目の映像です。まだやっぱり小さくて幼いね。おてんばぶりが発揮された映像ですね。ヨタが使っていた秘密基地ばりのキャットハウスをリンがお古を譲り受けて使ってます。でもそれではちょっと可哀想なんで、カワイイのを妹がリンに新しく買ってあげたのですが気に入って無いようです・・そんなものなのかな。

 お古の中でリンがゴロゴロ喉を鳴らしながらクッションに絡んでいる事があります。うちではこれを「中古物件」と呼んでいますが、リンのお気に入りです。

resize0069.jpg
ソファーの上だけじゃあ、やっぱりなにかと物足りないな~それでこんなのが登場。
resize0061.jpg
ロールケーキの形をしたこれはリン用の新築物件なんだけど、なぜか気に入らないらしい。
resize0062.jpg
まだ、ビニール袋の方が好きらしい。人間の感覚とは違うのね。

(YouTube) 猫とひみつ基地 「ちび猫リンの101日」

ヨタの使い古し感が良いのかな・・なんかヨタからメッセージでも残ってるのかな?

リコー GRデシタル レビュー

 リコーの「GR」と言えば、銀塩カメラの時代から存在する高級コンパクト機の名称である。銀塩時代に便利では有るが画質的に歪曲がどうしても防ぐ事ができない安易なズームレンズを採用せずに、性能が期待できる単焦点レンズを採用した高性能機が他社からもラインナップされていた。しかし時代と共にそれらは消滅していった。

 しかし、これはフィルム機である銀塩カメラからデジタルに移行した「GRデジタル」で、その当時からの流れを汲む正統モデルである。こんなマジメなモデルが残っている事こそが、うれしい。金属製のボディを採用し所有欲を満たす造りである。35ミリ換算で28ミリf1.9レンズ(*)である。これは誰にでも使いこなせるスペックではそもそもないかも知れない。突き詰めていくとかなり難しい画角であるが、しかし反面「面白い画角」でも有る。(*Ⅲ・Ⅳ型の場合のレンズ開放f値)
 
 Ⅴ型からAPS-Cのフォーマットを採用し、一眼レフにも対抗できる様にスペックアップされている。値段はまさに一眼レフと同等までにアップしましたが・・。

resize0056.jpg
表向きかなり地味なイメージでは有りますが、銀塩時代とあまり変わらないデザイン。
resize0057.jpg
前面はカメラの名前のみが表示される。f1.9のレンズはさすがに明るいよね。敢えて単焦点レンズ採用なんてカッコウ良過ぎるなあ。
resize0058.jpg
ちゃんと写ってませんが、液晶は充分キレイですよ。ピントも確認できます。
resize0060.jpg
露出補正などもダイヤルで簡単に調整できるようになっています。
resize0059.jpg
「MY設定」の呼び出しが出来るようになっており、自分自身の好みの設定が簡単に呼び出せます。

 この機種はモデルチェンジしてもほとんど形状が変わらないのが「メーカー」と「ユーザー」のお約束になっている。なんか良いねそんな関係も・・今後購入するならローパスフィルターレスのⅣ型以降がさらに画質アップで良いかもです。




(旧)巨人軍多摩川グランドへ行く

 ここは有名なところだよね。昔の「巨人の星」とか「侍ジャイアンツ」とか漫画見てても出てくる場所だった。今は契約期間が切れて大田区に返還されているとの事。そのままグランドとして残っていますが。

 結構多摩川の河川敷のため、大雨が降って冠水したりしてたことも幾度も有ったみたい。バイクで前を通る事が多くなり少し気になってたので今回バイクを停めて写真撮ってきました。

 もう一つ気になるのは、このグランドの前にある「グランド小池商店」と言うおでんや焼きそばなどの軽食が食べられる店です。巨人軍の選手が良く使っていた店です。寄ってみたかったが当日は取材みたいなのが入ってました。

resize0030.jpg
一般でも使えますが、結構予約取りにくいみたいですね。
resize0031.jpg
整備されて階段とスロープがありました。
IMG_2145_convert_20140406081123.jpg
雨上がりで、ぬかるんだ土に足を取られてる人がひとり・・。
resize0033.jpg
バスでここまで来る事ができます。サクラが咲いてる今の季節は土手沿いも華やかです。
resize00300.jpg
(ネットより)今度寄ってみよう。月曜は休店になってるみたいですね。

(追伸)この土手を走りながらサクラを鑑賞するビデオ前に作ってましたのでご紹介。(YouTube)

ちなみにこのBGMに使った有名な歌ですが、実は鹿児島の知覧から飛び立つ特攻隊の友に贈る歌です。それを知った上で聞くとやっぱり泣けますね。


ナックルガードをつける(バイク用)

 最近はいよいよ暖かくなってきて、バイクのハンドルウォーマーもなんか不要になってきた。しかし、いままで有ったものが無くなるのは寂しいと言う事で、ナックルガードを事前に購入して置いた。そのときは気が付かなかったが汎用品なんで付けられ無い事も結構有るみたい・・そして取り付けてみて意外な効果が有ることに気づく。

resize0014.jpg
透明という商品説明だが、なんか色付いてるよね?灰色っぽいと思うんだけど。
resize0023.jpg
結構がっちりした造りである。またなんかバイク重くなりそうだ。
resize0009.jpg
さすがにサクラ咲く4月。もう充分暖かい・・いや暑いよね。大変役に立ちました。また年末に復活予定です。
resize0010.jpg
なんか結構色の関係もあり目立たない。強度を考えたらハンドルの端まで通すタイプが良いかも。
resize0011.jpg
左は比較的どのバイクも付けられるが、右はブレーキホースの取り回しの出っ張りで付けられない事が有るみたいです。resize0013.jpg
この部分が干渉すると取り付け不可。特に大きなバイクは無理かも。購入時は気をつけて。

 あ、あと意外な効果ですが空気抵抗が軽減される。カウルは上半身カバーするが、コブシから腕は結構そのまんまだよね。これ小さいけど気が付くほど違いました。俺、結構空気抵抗になってるんだな。
 
「だからあんたが乗ってない方が速いって言ったでしょう!」(byGN嬢)そりゃそうだが・・