ヨタ5チャンネル

バイク 猫 化石 カメラ 愛 欲しいものいっぱい
2015年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年08月
ARCHIVE ≫ 2015年08月
      

≪ 前月 |  2015年08月  | 翌月 ≫

2058年から来た原田

 ネットには面白い情報が有る。これは未来の日本から来たという「原田」さんのお話だ。

 そう、ネットの情報を見ると、時にとんでもないものがある。そして2058年から来たと言う「未来人の話」というのが2ちゃんねるに載っていた。しかし、無視するには内容が充実しすぎているのだ。2013年時点で語った事だが、実に的を射ている。まさにドンピシャなのが恐ろしいほどだ。

 未来からこの世界に来たと言い、書き込みをしたのが2013年10月から数日間だ。テスラコイル技術を使いタイムマシンでやってきた。このタイムマシン技術に関連した会社は将来の石川島播磨重工(IHI)、古河電工他等の企業らしい。未来日本の「公安庁」からの派遣。事前に過去を調べて2ちゃんねるに書き込みをしたそうだ。仕事の内容は機密事項に当たり、言及できない。しかし、質問には答えようというスタンスだ。
resize1625.jpg

今後起こること-2015年
 「中国経済破綻」いよいよと思っていたが今年か。千葉東方沖地震は起こらない。日本国憲法9条改正の動きが始まる。(恐ろしい、当たってる?)

2018年
 中国分裂。「北中国政府」、香港政府を主体とし広州中心の「華南共和国」、インドの一部に統合された3箇所に分裂。
2020年
 「東京オリンピック」。ちょっと待て。以前の状況から見れば東京オリンピックなど有り得なかった。競合する都市での不祥事などによりたまたま東京が脚光を浴びた。2013年時点で予測できるはずが無いのに!
2021年
 第三次世界大戦勃発。台湾に侵攻した北中国軍が「邦人保護」を名目とし台湾救援に向った海上自衛隊3隻の護衛艦に攻撃を開始して宣戦布告。北中国と同盟関係にあったイランにイスラエルが攻撃を開始したことにより世界大戦となる。
北朝鮮が韓国に侵攻。あっさり征服されて統一。国名「大韓」。首都ピョンヤン。今までなら韓国優位とおもったが最近の韓国軍のへたれぶりを見ると駄目かな思ってたが、やっぱりこの結末か。そして韓国の「窮状」に対して日本も米国も助け舟をいっさい出さないのも最近の傾向を実に反映してるな。
 その後「北中国」は日本、米、英、台湾、南中国、インド、フィリピン、ベトナムなどアジア連合軍と戦争状態。現在中国が「南海」でもめている現状を見るとそのまま敵国と見なされるのも今の傾向通りだ。ロシアは中国側に付かず、今回「日和見」。確かに勝機とメリットがまったく無いしね。戦後には「歯舞」「色丹」を日本に返還する事になるらしい。
 
 安部首相の後は「石波」「小泉進次郎」と首相が続く。在日政党の「民主党」は無くなる。アメリカはオバマのあと「ヒラリー・クリントン大統領」だそうです。確かに現実的で怖いな。そして「平成」の年号の後は「安治」だそうです。

resize1626.jpg
ちなみに「タイムマシーン」というのは機械ではなく、厚さ2センチ縦横150センチ×100センチの長方形金属プレートだそうです。ここのサイトでも以前「東北大震災で起こったこと」を検証するさいに、時間軸の異なる隣接する世界に行くのがタイムマシーンで基本「過去」に行くものという見解を示していましたが、まったく同じことを言ってるのが空恐ろしいです。

 インド軍が国力を発揮して第三次世界大戦以降に頭角を現すそうですが、日本からの兵器導入が上手くはかどったからという内容の記載が記事に有った。確かに潜水艦技術のインドへの輸出など、まさにそういう状況になりつつある。本当に2013年に予言したのか?また、WWⅢ時には日本の衛星も北中国軍の軍事衛星に狙われるらしいです。
Z-3.jpg
そして新しい技術です。冗談のようですが昔「未来少年コナン」で出てきた「太陽エネルギー集積衛星」が実用化されるみたいです。確かに宇宙空間に放出され無駄になる太陽エネルギーを集めるのは理にかなってます。地球の地上に作るとその土地が無駄になるしね。世界を戦渦に巻き込んだ「ギガント」は実用化されずになにより。

 その他いろいろ。日本政府が勧める「マイナンバー制度」は定着しなかったみたい。ユーロから「ドイツ」が離脱。デメリットしか無いのでやっぱりそうなったか。「福島原発」はまだ隠している「事実」が有るようで、2058年でも放置された土地のままだそうです。またタイムマシン技術で、自分の世界より「未来」に向かってタイムトラベルを試みると追い返されるそうです。また過去を変えようとして工作してもなぜか収束されて元の状況に戻るらしい。富士山は噴火まではしないが、東南海地震は起こるようです。

 バイクは「電動二輪」しか将来ないそうです。ありゃ、つまんないな。



東名高速道路「駒門PAの秘密」

 東名高速道路にある駒門PA(こまかどパーキングエリア)をご存知だろうか?ここは日本で最初に出来たPAであることなども余り知られていないが、実は別にNEXCO 中日本(中日本高速道路株式会社)のHPにも掲載されていない秘密が有る。今回気が付いたのでご紹介しよう。

resize1617.jpg
駒門PAの売店です。顔の焼印が付いたホットドックが有名みたいで、売ってました。面白いね。
resize1623.jpg
場所はどこ?神奈川県と静岡県の境ぐらいの東名高速上のPAです。足柄とかの方が規模が大きく、あんまり寄った事なかったのだが今回たまたま寄って見ると。
resize1615.jpg
あれ?外に出入りできるような門扉が付いてる。なんか看板が有るぞ。
resize1535.jpg
あからさまにPA利用者に向けて付いてる看板じゃない。出入りできるのを確認して行って見ることにした。
resize1534.jpg
ここから「7分」なのに、順路通りに下に降りると「10分」掛かると標識にある!なんのトリックだこれは?怪しさ満載だけど、くじけず先に進む。
resize1525.jpg
とりあえず看板もあり、ウソではなかったらしい。名所旧跡なのだあ。
resize1532.jpg
国指定の天然記念物。なおかつ大正時代に既に指定されている。思ってたよりすごそうだ。(そういや、日本最大って書いてあったぞ)
resize1601.jpg
「風穴」というのは洞窟の小さいのみたいなのかな。富士山がかつて噴火した時に溶岩の流れ道になったところに出来ているようだ。かつて富士山が実際に噴火したのと、今後も噴火する可能性が有るのを物語っている。
resize1526.jpg
ああっ!そうだ入り口に書いてあったよね。年間通して13℃!そう、今現在の外気温は37℃である。涼しい事この上ない!
resize1527.jpg
川口〇探検隊のような気分で、中に入っていく。うわ・・外とは別世界だ。これだけ気温が違うと。
resize1529.jpg
Tシャツ一枚の自分は上から垂れ落ちてくる滴に濡れる事とあいまって段々「寒く」なってきた。確かに外気温と24℃の温度差は強烈である。
resize1528.jpg
広いところも有るな。なんか洞窟気分をしばし楽しむ(寒いけど・・)
resize1530.jpg
さて、順路を通ってもとの入り口へ。ああ、クソ暑い外界に出たくないな。俺ここで暮らしたいです。
resize1531.jpg
家に帰らない訳にも行かないので、外にいやいや出てくる。湧き水が有ったよ。富士の湧水です。少し飲んでみる。おいしいな。
resize1533.jpg
いま午後4時です。このセミさん羽化の時間を間違えた?お寝坊組みですかね。まだ、胴体が乾ききっていない。まあ、どこでもすっとぼけた人(せみ)もいるよね。

 さて、もし時間が有って駒門PA来たら上り・下りにそれぞれ出入り口がこっそり有るそうです。一度足を運んでみてはいかが。



大井川と大井川鉄道と「きかんしゃトーマス」

 夏休み温泉企画の続きです。静岡の秘湯「寸又峡温泉」の行き帰りに結構、大井川と大井川鉄道の路線に遭遇します。ここの鉄道は蒸気機関車を走らせていることで有名な鉄道だ。

resize1519.jpg
河原にHR-Vヘグ号とやってきた。早速バッタさんの歓迎・・否。怒りを買ってしまっているわが愛車。
resize1521.jpg
大井川といえば、東海道53次で「越すに越されぬ」といわれた難所。デモね、江戸に他国の軍勢を入らせないようにするため、敢えて橋を掛けなかったのが、実情。普段は静かな河だ。
resize1520.jpg
むう、こいつはHR-Vに張り付くべく既に銀色に擬態した殿様バッタさんだ。
resize1522.jpg
resize1523.jpg
違うよ、この大井川の河原で生きていくことを決心して「この色」なんだ。ほかに見かけたバッタもこの色だった。
resize1567.jpg
(ネットより)いま、この大井川鉄道で異様な機関車が走っている。マジですか?きかんしゃトーマスである。
resize1566.jpg
自分も実際見た。サイズは現物サイズと一緒でおもちゃなどではない。いったいどうなってる?
resize1568.jpg
海外ではこんなスクープ写真も有った。現物サイズのトーマス運搬中。実は、既にイギリス、アメリカ、オーストラリアで現物サイズのトーマスを走らせる企画が実行されていた。そして、アジアで最初の日本では大井川鉄道が選ばれた。
resize1569.jpg
各国で独自に機関車をアレンジして使うみたいだ。日本ではC11を改造してトーマス、パーシィが作られた。ジェームスという赤い機関車も有るが残念ながら見ていない。そしてこの左側の黒い機体は「伝説の日本製機関車」としてトーマスに登場する「ヒロ」である。実は妹のガキンチョたちとたまたまテレビを見ていて自分も知っていたのだが、車体に「51」の文字が有りまさに「D51デゴイチ」なのである。イギリス人は良く知ってるな。(ここのヒロのベースはC62であるが)

 各国で、アレンジしながら車体を仕上げているので、この「ヒロ」は日本にしか存在しないはずだ。実は一番レアな車両といえる。本編の会話で最後に日本に送還されるヒロが「トーマス日本に遊びに来いよ!」という台詞が有ったのを実現したという設定らしい。自分も実物が見れて良かったな。去年から始まり3年契約なので来年まで見られると思う。興味のある方は、急いでね!

resize1524.jpg
さっきのバッタさん見たいのもたくさん居るし、環境壊しちゃかわいそうなのですごすご退散。でも、また遊びに来るね。
resize1548.jpg
ここは静岡「川根茶」の産地。自販機で普通に買えるかと思ったら売ってない。なんで?地元なのに・・。寸又峡の酒屋で見つけて購入。良いじゃん!

 

GN125 フロントフォークオイル交換

 休みが続いた事もあってバイクのメンテナンスをした人も多いのではないでしょうか。自分は車で遊び回ってたせいでそんなことはしませんでしたが。そろそろ2回目の交換もしようかなとGN125のフォークオイル交換の時の情報をここで紹介しましょう。ZRXダエグはメインスタンドも無く車重も重く出来ないけど、GNなら簡単です。

resize1559.jpg
車のジャッキを借りてきて使ってます。メインスタンドが有るのでフロントタイヤ外せば後ろが重くなりタイヤが接地するけどね。ちゃんと抑えていた方が安心。メーターケーブルを外し、シャフトを抜き、タイヤとFフェンダーを外した状態。
resize1558.jpg
転がしとくと外れてしまうパーツも有るみたいなんで立て掛けて置いた。
resize1557.jpg
分解図です。構造が分からないとね。Fフォーク下の8番のネジではオイル抜けないので注意。また、下手に緩めると元に戻せなくなる可能性も有るのでいじらないでね。そして34番のエンブレムカバーが外せないのだ(GN125Hの場合)。
resize1565.jpg
17ミリのこのネジがなかなか外すの狭いし厄介だ。ちょうどエンブレムカバーの下になる。実は2Fはこのカバーがネジ止めになっていて簡単に外せるように変更されている。
resize1561.jpg
取り外しの詳細はビデオで後に載せるけど、こんなところは通常いじらないのでメンテしておいた。
resize1562.jpg
resize1560.jpg
バネを取り出す。左右でオイルの汚れ方が違う。ブレーキキャリバーのある側がよく汚れていた。GNのフォークは臭いオイルが出てくるとよく言われているが、どのバイクのフォークオイルも臭いよ。気になるなら早めに交換しよう。
resize1563.jpg
オイル量は片側174mlで、フォークを伸ばした状態で油面は入り口から375ミリである。終わったらまたバネを入れてフタをする。順番が有るので注意(ビデオ参照)。
resize1564.jpg
元のように組み付け。完成!

 すごいダンパー効いててノーマルとは大違い!と思ったらそれは大きな勘違いです。自分もすぐに気が付かなかった。もちろん硬いオイルに変更などしていたらまた違うのですが、実は・・

 「ダンパーが伸びた状態で、注油し蓋をしたのでフォーク内の空気圧が高くなりすぎているのだ。このままではオイルシールが逝ってしまう可能性がある。」

 自分は、数日後にメインスタンドを立ててそのままの状態でジャッキアップして、Fフォークのフタを一度開けて大気圧(1気圧)としました。そうすると以前のノーマルの状況と変わりません。そう、そうじゃ無いと本当は駄目なのです。

 詳細はビデオにして有ります。空気圧のとこまでは踏み込んでなく、ダンパー効いてるなぐらいに思ってる。
 
YouTubeを見に行った人には文章で足らない部分を解説してます。 

追伸:自分が使った「ワコーズFK-01」は粘度調整用の混合用オイルと判明。どうりで「透明」とか有り得ないと思った。粘度指定10番のGNには柔らかすぎるので、別のを勧めします。

2次電池有効活用しよう

 2次電池ってなんだ?それは充電して使う電池の事だ。今までのニッカド電池に比べると、リチウム電池やニッケル水素電池は非常に高性能になった。ニッカド電池もすぐに使うなどの決まりを守ればラジコン用などで非常に高性能だが、放電しやすいのが欠点なんだよね。(反対にしばらくしたら放電しきってしまいたい、という用途には向いているのだが・・プロポ用ならこっちで良いや)
 
 2次電池を使いやすくしたのはリチウムイオン電池だが、結構扱いがシビアなんだよね。大きな衝撃を与えたりすると発火する可能性も有り、飛行機などの預け荷物に入れられないことになってる。自分身近がもっとも使うのがニッケル水素電池です。リチウムイオン電池に比べれば電圧などで少し下回るが、乾電池の代わりになる電池です。最近は高性能充電器が出回って使いやすくなりました。
resize1551.jpg
髭剃りやデジタルカメラ、照明などいろいろなものに利用可。実はデジタル一眼レフカメラにもエネループ載ってるよ。髭剃りなんて忘れるほど長い期間使えてます。標準で搭載する電池の品質に比べれば容量も性能も全然上なんでそういうことになるんですよね。エネループは充電状態の在庫50本ほどあり地震などの停電時にも携帯電話の充電などに充分対応できる体制にしています。
resize0573.jpg
最近は8本、12本、16本などの充電に対応した機器があり、電池を個別に充電できる。結構同じ様に見えて電池はそれぞれコンディションが違っています。
resize0574.jpg
「トリクル充電」、「デルタピーク方式」とか調べてみると充電器の性能の必要性が分かるよ。
resize0575.jpg
こちらも充電性能は良いが、一度に4本はもう既に時代遅れかな?
resize0571.jpg
まったく、充電できない電池発見。これはパナソ〇ックのメタハイだな。8本のうち4本死んだ。サンヨーの方が性能良いのだが手に入らなくなったしなあ。
resize1552.jpg
実は富士通の電池・・。
resize1553.jpg
旧パッケージだがこれ本物の「エネループ」だよ。継続工場が作ってる、お勧め。
resize0821.jpg
海外仕様のエネループも持ってる。実はタオバオで買った。価格は日本と変わらないか、こんな渋いパッケージのものは無かったのだ。同スペックは無いかもしれない高性能2500ミリアンペア。
resize1555.jpg
この世界、知らなきゃ知らないで終わり。こちら携帯電話チャ-ジャー兼LEDライト。でもね、最近のスマホには対応無理。スマホって地震来て停電した時、対応できますか?
resize1556.jpg
とりあえず、電池2個でOKです。
resize1554.jpg
とりあえず、充電まで出来なくても通信は充分出来ます。ワンセグもみれるかな。
R0011003_convert_20131217131145.jpg
せっかくの商品。恩恵にあずからないと損です。充電は1本10円未満かな。活用しよう!

 ちなみに、保存方法ですがニッカドは放電状態。リチウムイオンとニッケル水素は充電状態にしてください。その方が長持ちするのですよ。イザという時便利だし、そっちの方が良いですけどね。



「寸又狭温泉」詳細情報

 よくこっそり行ってる「寸又峡温泉」です。何が良いかって?だって温泉が最高ですもん、とんでもない場所にわざわざ温泉地を開く意味が行くと分かります。最初に行った時は本当に驚いた・・こんな「泉質」の温泉が有るのかと。なんたってスベスベ。「美人作りのお湯」と呼ばれるだけ有る。

 それ以来、病みつきでまさに秘湯そのものですが、よく機会が有れば通っています。最初なんでここに行ったのかな?誰も行かなさそうなところに到達してみようと思ったからかも。でも一番のお気に入りになってしまった。しかし、その到達経路選択で「天国と地獄」ほどの違いが有るのを発見した(今頃?)。
サイズ0344
静岡北部の南アルプスに存在するまさに秘湯。その先へは進む道が無く、まさにそこに行くための道のみが存在する感じ。しかし、ここは大井川鉄道が通っているまさにその場所です。C11などの機関車が走ってるよ。マニアには必見の鉄道だ。また静岡の「川根茶」の産地である(ルート1方向)。しかし、関東から来ると「ルート2」をナビが選択する。ものすごく険しいルートで「車酔い」まで出す激しい行程だ。自分は知らずに最初はそこからやってきて、「秘湯」に到達する醍醐味を充分味わってしまった。ゆっくり楽しみながらいくなら、関東からは遠回りだが「ルート1」がお勧め。バイクで行く人も多いみたいよ。寸又狭行きのバスも掛川方面から出ています。
resize1541.jpg
今回行ったホテルのHPより。露天風呂最高です。頭の上からセミの鳴き声が降って来る。ヒグラシならまさに最高です。実は紅葉の季節はすごい人気らしいです。
resize1542.jpg
自分は、こちらの宿に泊まる事になっていたのですが・・
resize1543.jpg
近所を散策していると、夕立の予感。近くの酒屋の軒先に退避。すると・・
resize1544.jpg
ベンチと机の「お休み処」有るし、飲んじゃえ。いいな、こんな温泉滞在も。うちの近所じゃ売ってない「クラシックラガー」有るし。
resize1545.jpg
一気に夕立。なんかすごい勢いだぞ。目と鼻の先に宿泊ホテル有るが、たどり着かない。まあ、いいか(笑)。
resize1546.jpg
ほっといたらなんと、1時間近く雷雨が続いた。お店の人も「こんなの今年になって初めて!」なんて言っていた。カキ氷食べてたらなんとこの夏の季節に「雹(ひょう)」まで振って来た。さっき来る時に外気温33度だったかな、しかしもう気温10度以上落ちてるはず。なんか寒くなってきたぞ。
resize1547.jpg
雨が止むと、霞(かすみ)が出てるがカラット晴れ。街のシンボル的な樹木が怪しくたたずむ。いいな、この温泉地好きだ。



御前崎「約束の地」へ

 夏休みの全行程を終えて帰って来ました。まず最初に、毎年行っているあそこへまた行きました。

 朝は早く、午前5時に出発。少し早すぎたかな。二子新地の国道246号の橋架下。
resize1505.jpg
そこから東名高速で東京用賀インターから焼津インターまで行き「焼津魚センター」に着きましたが、まだ7時半。9時から営業だって?
resize1506.jpg
ならば先に御前崎まで行き御前崎の「なぶら市場」に行って見ようと思ったら、まだ8時45分。9時から営業かあ。仕方ない、先にあの「約束の地」に向う。
resize1507.jpg
いたあ。元気にしてたかな?
resize1508.jpg
まだ、去年つけた首輪してるじゃん。千切れてしまわなかったんだね。良かった。新しいの用意したよ!
resize1503.jpg
今度は皮製だよ。良いでしょ。あれ犬の絵が有る?気のせいだよ。
resize1509.jpg
ほら、ばっちりじゃん。「・・・」
resize1511.jpg
分かりやすいのか分かりにくいのか相変わらず分からん看板。でも、好きだからOKだ。
resize1510.jpg
碑の説明文章がなんか、猫に配慮した様にさらに変更されてるよ。和尚を襲ったネズミより猫の方が扱いが悪いと散々このサイトでも苦言申し上げてたけどね。でもそれはそれで良いんだ、猫がみんなの同情受けられるから。

(約束の地・・和尚を襲ったネズミがなぜかここでは祀りあげられ、猫が疎んじられている状況を見て自分が御前崎市民全員を敵に回しても援護するぞ!と誓ったことに由来する。)

resize1537.jpg
最初はこんなにシンプルだった。
resize1512.jpg
なぶら市場に戻ったら店は開いていたが、レストランは11時からだとう?少し移動してから海岸に出たらものすごい高波で、堤防壊れそうだったよ。台風の影響だな。
resize1539.jpg
「恩義に報いた猫」にあやかるべく、千切れてなかった首輪をうちの「ヨタ2号」が受け継ぐ。木製ニャンコだが、夜な夜な歩いて回りそうな。まあ、悪さはしないでしょう~。うちのガーディアンに任命。これで旅僧がやってきて宿を所望しても正体を見抜くよ(笑)。


驚異のスズキ GSX550L

 古いバイクの年鑑などを見ても、必ずといって載っていないバイクが有る。やはりその存在すら知られていなかったということもあったりして、省略されてしまうのだろう。そんな1台がこれだ。割と卒なくバイクを仕上げてくるヤマハやカワサキなどに対して、ホンダとスズキは結構ポカをやる。ホンダはあえて奇をてらった演出なのだが(当たれば儲け!)、スズキは本気でトンでもない物を投入する。

 このバイクに対して、あるサイトが紹介していたので自分もかつてのオーナー(マジすか?)として書き込みなどもしていたので、自分の方からも紹介しよう。このバイク、実はたまたま行ったバイク屋さんに中古が置いてあり珍しいし大型バイクの入門用にちょうど良いかな?と深く考えずに購入した(確か26万・・安くなかったな・・笑)。

 写真探したが古すぎて見つからない(どうせデジカメでもないし)ので、カタログから・・
550-1.jpg
形状はアメリカン。しかし、なんかそのディメンションがおかしいくない?そう、フロント16インチ。まさにレーサーレプリカであったガンマ250などの構造を真似たのだ。アメリカンなのに?
550-2.jpg
何故そうなったか?実は別のバイクをGSX550Eベースで開発中に急遽路線変更をした。でも形状はアメリカンで・・ということになったらしい。 しかし、それはとんでもない発想だった。

 乗ってすぐ分かるのは、加速を始めるとリアに加重が移る。そうするとフロント16インチなどの小径ホイールなどでは充分なハンドリングが発揮出来ない。つまりハンドルを切っても曲がらない・・Fブレーキも効かないのだ。自分の意図するところと違うところにバイクがどんどん突っ走って行く。それに、エンジンは輸出用と同じGSX550Eのハイパワーエンジンだ!

 うわあ・・こんなバイクを平気で乗りこなす大型バイク乗りはやっぱすごいんだな!・・いや違うから(笑)。

 しかし、今回550Lを紹介していたサイトでこんな画像を見たとき全てを悟ってしまった!
zresize1148.jpg
     チェンジ!マシン・ザボーガー!GO!(いや、そっちじゃなくて・・)


602108411.jpg

ちなみにこんなのです。ロボットにタイヤが付いててバイクになります。ネタは古いけどこれ先月販売されたばかりの商品です。愛されてるな、電人ザボーガー。

 そう、ちゃんとした装備を持っていたGSX550Eの装備をコスト削減のため削って販売されたのが「GSX550L」だったのです。まあ、アメリカンだしそんなに飛ばすやつ居ないだろ?とかメーカーは思ったのかも。自分は峠でレプリカ追っかけてました。暴れまくるマシンを無理やり押さえつけながら・・。ある時はRZ350の人がわざわざ追いかけてきて「速いですね!」とか言っちゃう。RZ350は「ナナハンキラー」と呼ばれたバイクだった。
resize1146111111.jpg

カナダ仕様。もう、この頃にはスズキの「2鷹マーク」がタンクに貼ってある。国内仕様はスズキエンブレムだった。海外でも同じ仕様か・・恐ろしいバイクだったな。また、フレームはヘキサゴンフレームとかで「六角形」だった。何もカンもおかしなバイクだったね。ラグジュアリー感を出すためにシートはボタンまで付いてたが、長時間乗ってると、これがお尻に当たって痛かったよー。
zresize1146.jpg
実は自分のGN125のハンドルがオフロードタイプのフラットハンドルなのは、このGSX550Lの名残です。かつて暴れまくるフロントを無理やり押さえ込むために自分はオフ用のハンドルに交換していたから。同じスズキらしくGNもなんか形状が似ていて、いつか幻の6速オーバードライブ(黄色)がギアポジションインジケーターに点等し自分を未知の世界にいざなう・・なんかそんな気がして今でもワクワクなのです。

 でも、現物はもはやどこにも無し。なんか載せないとこれだけじゃ、欲求不満に?じゃあ、以前紹介し損ねた「GNのコーナーリング動画」いきますか。Fフォークマウントという新しい撮影を試した時のもの。コーナーも直線も同じようなスピードで走り抜けるGNはある意味恐ろしい存在だ。


さて、明日から夏休み。静岡の御前崎の「猫塚」の猫に会いに行き、秘湯・南アルプス「寸叉峡温泉」へ行きます。どっかでお会いできたらいいですね。でもHR-Vですけど。

 

JT みぞれ梨 消失

 今年無くなる商品という事で、JT(日本たばこ)の飲料水事業撤退を紹介したが、それに関して新たな展開が。価格動向などを見ていたら、あっという間に高騰、消滅という事態を目の当たりにしてしまった。まだ撤退は9月末のはずだ、在庫は有るかと思っていたのに・・。生産調整の関係か。

resize1491.jpg
この商品についてはJTが「特許」を取っていた。クラッシュ果肉が容易に容器の底に沈んでしまわないようにする技術だ。なにげにすごい?

resize1490.jpg
価格は先月上旬をピークに一気に高騰し、その後データが無くなった。自分が購入した頃はまさに最後だったのだね。気に入っていた商品だけに残念だ。もう3箱くらい購入するつもりだったのに。ネットでもこの商品が無くなる事を残念がる記述が結構あった。
resize1494.jpg
なくなる商品ゆえ特売される事もあったが、今はどこを探してもことごとく在庫無しである。余りにもその終末は早かった(泣)えっ!飲んだ事なかった?仕方ない。たぶん人生の5%ほどの損失で抑えられたはずだ。致命傷ではない(笑)。

resize1492.jpg
以前、おまけコーナーで紹介した「猫川柳」カレンダーにこんなのが有って今回の件を重ね合わせてみた。「ちょっと意地張ってたら、気が付くとすべて手遅れだった!」って感じかな。このカレンダーみんなこんな感じで面白くて好きだ。