ヨタ5チャンネル

バイク 猫 化石 カメラ 愛 欲しいものいっぱい
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスズキ GN125H ≫ GN125 ヘッドライトバルブ交換

GN125 ヘッドライトバルブ交換

 バイクに乗っているとライトが暗いのが気になったり、バルブが切れてみたりする事がある。あまり4輪車では感じないのだけれども。国内仕様のバイクでもそれほど気にならないが、海外仕様のGNでは気になった。このGN125やヤマハYBR125などと同等の商品は特にこんな感じみたいだ。

 今回、ヘッドライトのバルブの交換をする事になった。しかし、1回目ではない。もう、3回目なのだ。1回目は暗いから換えた。2回目はすぐ切れたから換えた。3回目は寿命が来たから換えた?のかな。

第1部:ヘッドライトバルブ交換
IMG_1716_convert_20131229164353.jpg
GN125Hのライトバルブは35w/35wである。純正は結構暗い。まるで懐中電灯のようだ。似たようなクラスの輸入車はなんかみんな同じ傾向を持つ。
IMG_1833_convert_20131229164503.jpg
右上が純正バルブ。左上がハロゲン35w/35wバルブ。そして下がハロゲン50w/50w。左上の35wは充分な明るさだったが、性能と寿命の引き換えでわずか2000キロでフィラメント切れ・・。そりゃちょっと短寿命過ぎですね。
resize0770.jpg
バルブの交換は、ライトの左右の斜め下部分にあるネジを外す事により簡単に出来る。
resize0769.jpg
今回も予備があるのでこれを付けようかな。50wの商品。タオバオで買った「石欄」(SHILAN)ブランド(そんなの知ーらん?)中国のトップメーカーらしいぞ。でも、前回1万キロで切れた。どうもこのクラスの商品は国産の商品でも1万キロくらいしか持たないみたい。面倒だな。ノーマルタイプのハロゲンじゃ無いの使えばそこそこ持つみたいだけど。
resize0771.jpg
外れると中身がぶら下がるのでFフェンダーにウエスとか敷いて置くと良いよ。
resize0772.jpg
クリップ止めになってるので外せば、電球が取り出せる。片側ずつ外すと楽です。
resize0773.jpg
奥が切れたバルブ。確かにフィラメント切れてるね。50wは標準品より消費電力高いのです。
resize0774.jpg
バルブは押し込みながら左に回すと外せる。取り付けは逆回し。バルブに触ってしまったらウエス等で良く拭いておこう。皮脂が付くだけでそこから加熱して壊れてしまう事があるからだ。それだけ熱を発しているのだ。
resize0775.jpg
取り付け完了!あれ・・・あれれれ・・!

第2部:白内障になったGN
 
 上の写真を見ると、バルブの周りが白く変色している。原因はいったい何か?粗悪なHIDランプをつけると良く起こす「紫外線」によるリフレクターの破壊と同じ現象?いや、それならレンズ劣化の「黄変」なども同時に起こすはずだし何だろう?

(この辺の話はお店でも聞けるよ。250CC以上のバイクに変なライト付けて結果的に光量が下がり、車検に通せなくなくなって数千円単位の変なパーツのせいで数万円の出費になる人が結構居るって言ってましたよ。気をつけよう。)

 今回の件は35w指定のランプに50wハロゲンなんてつけたせいで熱による変質を起こした線が濃厚ですね。やっぱり無理だったのか。
resize0776.jpg
しょうがないな~、35wの商品購入してあるんで取り敢えずそっちをつけるか。こちらはアマゾンで買える35wハロゲンバルブ。日本の規格だと「H4BS」になるが、「BA20D」という規格の商品である。実はそもそも同じ規格で「BA20D」でネット検索した方が安い商品がヒットする。こちらはヨーロッパ等の小型車向けバルブの名称。そう、前にも触れたけどGN125Hは「ヨーロッパ仕様」のバイクなのだから、これが合うんです。(参考:アマゾン送料込み759円)

 ヘッドライトバルブの選択って、結構難しいんですよ。下手すると変なところに焦点結んでライトが融けたり壊れたりする。今回の自分の場合は自業自得かな。その後ライト外して応急手当しようとして気が付いたが、GNのヘッドライトって全面ステンレスボディでした。さすがに設計の古いバイクだけ有って、非常に贅沢な造りです。リレフレクター部分もなんとステンレスです。じゃあ、何でこんなになったんだろ?内側からウエスで拭いたらなんかいくらかマシになった。(?)

 造りは良いし勿体無いから、GNのライトはそのまましばらく使ってみよう。予備のライトバルブも購入しとこう。

関連記事

Comment

No title
編集
ヨタ5はん こんばんどすえ~ 50wでも早よ切れおすな~
電気系は難しおすな~ 回路全体のポテンシャルが重要どすな~
うちはV-UP16から初めたのどすが MSAは古くからあったのですが
21世紀になってからV-UP16が発明された事が不思議どすえ~
うちの誇りはGN125HにMOSFETレギュレター搭載したことですえ~
多くのGNノリには理解できまへんで~ ほんまどすえ~
新世代チューニングは今年大飛躍するのどすえ~
歴史の大転換点どすえ~
そうどすな明治維新と同じぐらいの衝撃がはしるのどすえ~
2015年01月10日(Sat) 23:20
こんにちは
編集
 日本のマツシマ製のH4BSも1万キロくらいで切れるらしいし、このバルブ自体そんなものみたいですね。ちょっと面倒くさい部品ですね。16Vだともっと早く切れそうですね。
2015年01月11日(Sun) 09:17
No title
編集
ヨタ5はんこんばんどすえ~
うちのGNはんも2万km超えましたどすえ
バルブは頂き物のマツシマどすが明るいままどす
ノーマルレギュレターの時はテールランプがよく切れたのどすが
MOSFETレギュレターに変えてからは1万km以上持つようになりました。
アイドリングから高回転までバルブの明るさも同じです。
これがMOSFETレギュレターの超安定した14V電流の効果どす
この超安定した14Vを点火系のみ16Vに昇圧し
コイルに供給してしるのどすえ
この寒い時期でも1発始動ですぐアイドリングが安定します。
GN125Hも空冷2バルブどす
2015年01月11日(Sun) 19:00
No title
編集
そうなんですかあ~意外と持つものなんですねえ。意外ですねえ。
2015年01月11日(Sun) 23:58
よく似た者同士とはいえ
編集
いくら与太5はんでも、いいかげん狂の迷子はんにはゲンナリしとるんやおまへんか?
2015年01月12日(Mon) 07:04
こんばんは
編集
 観覧者さんコメントありがとうございます。まあ、ブログですし色んな意見が出て情報を与えてくれますのでありがたいです。まあ、自分のブログ見ていてくれる・・自分には充分です。
2015年01月13日(Tue) 00:00
No title
編集
BA20Dとやら、Amazonでは耐久性が云々というレビューがチラホラと・・・まあ安いものにはわけがありますよね
2016年10月06日(Thu) 00:10
結局それでも
編集
50wの商品のような問題は生じないし、切れる事も無く今でも使ってます。耐久性に問題ありならどんどん交換してください。予備は既に2個用意してます。
2016年10月15日(Sat) 22:36












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL