ヨタ5チャンネル

バイク 猫 化石 カメラ 愛 欲しいものいっぱい
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOP化石 ≫ 原始三葉虫アグノタス目

原始三葉虫アグノタス目

 
原始三葉虫アグノタス。なんか紫色の岩盤の上に有って珍しい化石。いっけん三葉虫に見えるが現在は三葉虫ではないとされる。何故なんだ?

裏側の構造が三葉虫と違うらしい。真ん中から二つに折れる形状をしていた。お腹が弱点と言う意味では三葉虫に近い気がする。大きさは1センチほど。左の小さいのだとわずか2ミリほどだ。住んでいた場所も違う。ヨタ5も見てきたわけでないので良く分からない。

 clrorin2071.jpg
 真ん中で折れ曲がる対照的な構造をしている。ならばお腹の防御は問題なかったのか?
clrorin2070.pg
兎に角ひっくり返らないようにすると言う三葉虫とは確かに違うようだ。



clrorin2072.jpg

 
 住んでいた場所も違いがある。干潟には居らずこの種は海底に住んでいたとのことだ。

clrorin2073.jpg


こちらは沢山。上下バラバラになっている。確かに良く見ると尖った部分も有ってひっくり返らないような努力のあとも見えないでもないが・・。とにかく古すぎて不明だ。

clrorin2074.jpg

裏側が確認できる個体はないな。裏側になってるのも有るが、そもそも良く分からないか。
・・と言う訳で残念ながら三葉虫の仲間には入れてもらえなかったみたいです。


 次回「高圧縮された化石」。化石にはとんでもない地圧が掛かっている場合も少なくない。土に埋もれているので仕方の無い事だ。4億年も高圧力にさらされるとどうなるか?草履みたいになった間抜けな三葉虫が登場。笑えるかも?








関連記事

Comment

No title
編集
よた5さん今晩どすえ~
超高圧縮の世界はすでにファミリーカーが14:1で走り回り
18:1が開発中で早稲田が30:1で燃焼効率60パーセントの試作エンジンが
燃焼実験段階ですのでトヨタさんのトップは舵取りがとても難しいと思います。
ファミリーカーのエンジンとして考慮するとシンプルで故障が少なく
圧倒的なポテンシャルを秘めている超高圧縮エンジン技術が
燃費でもPHVを抜く日が早く来ると思います。
2017年04月14日(Fri) 19:09
トヨタも正念場かあ
編集
> トヨタももう少し遊び心が欲しい。ホンダだとハイブリッドでもMT車あるものね。
2017年04月15日(Sat) 17:51












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL