ヨタ5チャンネル

バイク 猫 化石 カメラ 愛 欲しいものいっぱい
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOPつれづれなる出来事 ≫ 今頭の上で何が起こっている?

今頭の上で何が起こっている?

 知っているだろうか?米GPSやロシアグロナスまたは準天頂衛星「みちびき4号」までが日本の上空を8の字に飛んでる?うん、しかしもっとすごいものが飛んでいる。何だか知ってる?

clrorin4786.jpg

 超低高度衛星つばめ(SLATS)だ。通常の衛星は低くても800キロから1000キロ以上を飛ぶ。しかしこの衛星は180キロから268キロくらいを飛んでいる。お隣の韓国では国の中が丸見えにされていると文句を言ってるが、阿部首相的には無視。お前等と同胞北朝鮮のせいだろう。勿論そうです。北朝鮮が悪い。思いっきり監視衛星だ。日本を甘く見てるんじゃねえぞ!本来低空を飛ぶ人工衛星は空気抵抗によって1000倍もの負荷が掛かり大気圏に再突入してしまうので実用化は難しい。しかしやるさ、日本ならば!

clrorin4785.jpg

 このつばめには小惑星を探査したはやぶさの技術「イオンエンジン」が導入されている実際には更に高出力な「きく」のものが採用された。



主要諸元:と言われても良く分からないが・「・しきさい」と言う機体もある。

主要ミッションセンサ
(1)原子状酸素(AO)モニタシステム
(a) AO計測センサ
(b) 材料劣化モニタ
(2) 小型高分解能光学センサ

サイズ
2.5(X) x 5.2(Y) x 0.9m(Z)
(軌道上展開状態)

質量
400kg以下(暫定)

発生電力
1140W以上(暫定)

設計寿命
2年以上
運用軌道
軌道高度 268km~180km

打ち上げ年月日
平成29年12月23日10時26分22秒(日本標準時)

打ち上げロケット
H-IIAロケットによる相乗り打上げ
(主衛星:「しきさい」(GCOM-C))


思ったより設計寿命が短い、北朝鮮の体制も2年程度と言う判断か?ついにトランプ切れてやらかすかな?別にヨタ5はそれでかまわないが。偵察衛星が語る北朝鮮の寿命。日本に偵察衛星など無いと言うのは時代遅れの考え方だ。



JAXAによる映像


clrorin4787.jpg


温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」と言うのもあります。ここまでしなければならないほど地球はピンチなのです。そろそろ気がついてね。手をこまねいていては人類存続はありえないのです。目の前の温暖化を放置すれば地獄の寒冷化は避けられないのです。やはりヨタ5の予想どおりだったと言うのも困りますが・・。




関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL