ヨタ5チャンネル

バイク 猫 化石 カメラ 愛 欲しいものいっぱい
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOP旅行 ≫ 津軽海峡夏景色

津軽海峡夏景色

 さて、夏に向かう東北秋田の小坂鉄道ですがいろんなことが分かってきた。ブルートレインあけぼのを見に行くのですが、時代背景や現在の様子など、しらべあげればきりがない。上野発の夜行列車(まさにあけぼの)降りた時から、~♪青森駅は雪のなか。さすがに寒冷化はそこまで進んでない。しかし2030年以降寒冷化が本格的に進むと極地での氷の量が増え、世界各地で海水面の低下が始まるって。
clrorin4968.jpg

 あけぼの現役時代。上野を21時30分ぐらいに出て翌朝10時ごろには青森へ。実はすごく便利であった。また青函トンネルが無い時代は青森から連絡船乗り場に向けての電車が出ていた。凍えそうなカモメ見つめ泣いていた時代。まだ連絡線行きホームの名残が有るらしい。

clrorin4973.jpg

あけぼの現役時代。手前の2番目の車両オハネフ24555の展望2段ベットのB寝台車は、小坂レールパークに現存しているらしい。見てきます。

 やっぱり青森まで行かないとな。大館、弘前、青森、八戸に行かないとヘグ号の名がすたるな。行きます青森へも。それに竜飛岬も行きたいな青森県国道339号線にはありえない道がある?知ってる?車が通れない道。有名です。階段道路。なんでそんな事になった?青森県だから・・ならば仕方有るまい。最強の「酷道」です。「酷道マニア」なら行くべき所らしいぞ。
行って見たいが時間が無いな。

clrorin4970.jpg

 駅前にはヘグ号置けなさそう。どこかで駐車場探そう。


clrorin4971.jpg

 大館駅。実はブルートレインあけぼの予約すると大館駅名物の駅弁「鳥飯」を用意してくれるサービスがある。しっかり予約。JRだけでなく小坂鉄道の通る駅でも有った「大館」駅。この辺で朝食に駅弁を用意して青森を目指すと言う当時の流れを体験できる。

clrorin4969.jpg

最近何気に話題となった「秋田犬」ここ大館駅の出入り口に向けて秋田犬が向いている。何故か?渋谷のハチ公のモデルになった秋田犬の産出地でもあるからだ。いまや秋田犬ハチ公のエピソードは世界的に有名だ。リチャードギア主演の映画にもなったからだ。仲代達也の「ハチ公物語」の方が好き。ただしハチ公物語は残ったハチが娘に虐待されるなどストーリーに問題が有る。実際にはそんな事は無かったそう。主人の死が理解できなかったハチ公は10年も駅に迎えに行っていたのだそう。そんなんで娘も手を焼いたのだろう。余りにも健気なので心配した回りの人がハチの面倒を見たそうだ。この映画渋谷が舞台なので東急に企画を持ち込んで成功した作品だそうだ。結局、ハチの居る渋谷のスクランブル交差点は世界的にも有名になった。その前年に「仔猫物語」がヒットし松竹は2番煎じになると企画を蹴ったらしい。そんな昔のこと知らないよ。ですよね~?

命名「パチ公」 決して渋谷のワンコではない。このネーミング最高だな!東北の新たな名所にしよう!ちょっとパチ公見に大館駅行ってきます!そもそもハチ公はこの大館から来た犬だった。ならば行って良し。許可下りたし、有給取れちゃったし・・。




clrorin4972.jpg



 こちらは今は無き小坂鉄道の「大館駅」だ。歪んでるアンテナがなんとも言えない?雪のせいかも。

ではここで今のあけぼのの様子を報告してくれている、YouTube動画を紹介・感動的だ。モチロン自分が見てきたわけではない。春になったら小坂第一トンネルから引き出してくる。冬はゆきの深い場所だし。そして夏にヨタ5が宿泊。




 すごい影像。秋田の小坂のあけぼトンネルからの引き出しといえば街ぐるみのイベントだ!なんと回送列車扱い。小坂鉄道は静岡の大井川鉄道のように鉄道の保存と言うナショナルトラスト運動を行っている、どんな形でも良いです機会が有れば是非協力してください。泊まって見るのも良いし、小坂鉄道グッツを手に入れても良い。この分野では蒸気機関を作ったイギリスには日本は禿げしく負けている。 

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL