ヨタ5チャンネル

バイク 猫 化石 カメラ 愛 欲しいものいっぱい
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOP旅行 ≫ 大井川鉄道を行く

大井川鉄道を行く

 今回は寸又峡ではなく手前の本川根温泉に向かう。
resize1876.jpg

本日の宿は「川根温泉ホテル」だ。大井川の河川敷にあり人気だ。もう5月の時点で7月の予約が難しかった。何故なら大井川の河川敷に向いた部屋が有り、鉄道マニアいや、子供に人気なのだ。何故なら機関車トーマスの企画が有る。そんなんで自分は部屋は山側しか取れなかった。

resize1880.jpg

このようにリバーサイドの大井川鉄道鉄橋向きに部屋が並ぶ。


resize1881.jpg

実は山側は残念だったが、母様によると民家の中から三毛猫が飼い主と一緒に出てきてものすごく執着していた。まだりんこと分かれたの今朝なのに。

resize1862.jpg

とりあえず先に向かうことにして、大井川鉄道の「千頭駅」に行ったここはいろいろな機関車・電車の集まる場所だ。やっぱりここまで行きたい。途上で顔が付いたバスとすれ違う。まだトーマスのイベントやってるんだ。


resize1863.jpg

ちょっとさっき機関車がホームに居たよ。なんとC61でした早く入場券買おう!

resize1865.jpg

なんか見たことも無い牽引車が居る。パンタグラフが有るから電車だな。E101だとそんなの知らないぞ?古色蒼然。なんなのこの子?小さな電気機関車でした。

resize1866.jpg

トーマスフェア会場マップ。まだ居るんだ。



resize1878.jpg

母様大歓喜!古い列車が居る。何これ?右手には車両ナンバー51番「ヒロ」が居ます。もう少し右には緑のパーシィも。相変わらずトーマス居ないな。

resize1879.jpg

先に進むとケム噴いてる。本当にC61でした。なんと製造は昭和15年。七夕の日に生誕77年の機関車でした。ビデオ撮ったが電源入れ忘れ。普通忘れないよな。ありゃん。近くに居るだけで暑かったでした。

resize1864.jpg

客車には「スハフ42」と有りました、ブルートレインなら「オハネ25」とか「オハネフ24」とかだよね。さすがに知らない。それもそのはず。なんと昭和10年から20年代に掛けて東海道線で利用されていた客車。

ここで、母様の列車マニアの秘密がカミングアウト!

母様実は戦争で父親を亡くした戦災孤児。まあ母親はいたけどね。それで日本政府が佐賀県から2日間掛けて東京の靖国神社に招待されたことが有ったそう。そんな思い入れから列車マニアだったのだ。悲しい思い出だが・・・。ちょうどこの機関車や客車は母様が乗ってきた時代の物に符合する。

resize1867.jpg

さあ途中で大井川鉄道の無人駅見たよ。寄ってみよう。まだ機関車の残り香がする。

resize1868.jpg

青部と言う駅でした。

resize1869.jpg

だれも居ないけど一応駅舎は有るみたい。

resize1870.jpg
ちゃんと活用されてる証拠に線路は銀色。

resize1871.jpg

確かに誰も見てないし機関車走ってきたら身を乗り出しそう。


resize1872.jpg

 ローカル線っぽいのがいいね。駅前には駐車場がたっぷり。時間が有ったら体験乗車もしてみたい。やはり母様アプト式電車に乗りたいと言い出した。どんだけマニアなんだ?確かにアプト式が残っているのは大井川鉄道だけかな?

resize1874.jpg

さすがに1時間に1本くらいしか走ってない。

resize1873.jpg

さすがにワンマン電車の使い方は説明してくれないと分からない。


resize1875.jpg

いやこんなのはなかったハズだぞ?どこかに隠し持ってるのかな?


resize1882.jpg



このC61はとんでもない秘密が有る?実はC61は昭和15年には生産されていなかったという記録が有る。どういうこと?確かに昭和15年と車体に書かれていた。太平洋戦争に入りC61はタイに送られた。タイメン鉄道つまり戦場に掛ける橋「カンチャナブリ」だ。自分もここに行ったことが有る。戦後C61を2台大井川鉄道が引き受け里帰りさせた。この写真はホテルのエレベーターの前にあったもの。左の上、確かに前は赤いジェームスと言う機関車が有った。C61はこれに改装させられたのだろう?もう1つはヒロである。形が近いのでD51に扮装させている。大井川鉄道はD-51は余りに多いので敢えてC61をタイから呼び戻した。実はこのC61見てすぐおかしいのに気が付いた。写真撮ってないけど。なんと機体のナンバーのプレートが緑色なのである。どうやらかつて「タイ国鉄仕様」というC61が有ったらしい。タイと日本の友好のため敢えてこんな仕様に戻したんだそうだ。どうやら最近ジェームス見ないと思ったら外装が外されて正体が現れたのかな?。トーマスとパーシィは小さなC11が利用された。「機関車トーマス」の物語ではヒロは日本に帰るということになっていた。この「機関車トーマス」と言うのはイギリスの昔から有る絵本の話である。そのためヒロはずっと日本に残るかも。残って欲しい。左下の色紙「山本 譲二」だと?まだ生きていたのか?



去年謎だった電車の由来が分かりました。

resize1884.jpg

 この子はなんと南海電鉄、21000系だそうです。古そうに見えて高性能電車だったそうです。急行に利用されたそうです。去年の記事にレポートあります。その時にはまったく素性が分かりませんでした。玉電のたまちゃんに近いかわいい感じの電車でした。南海鉄道のなんちゃん とニックネームをつけますか?

resize1885.jpg

なんと東急2700系だそうです。つまりヨタ5の家の前を本来走っていたような車両ですが、現在は廃止。その後十和田観光鉄道に移り、大井川鉄道に収まりました。そもそも製造が昭和42年?そんなの知るはずもなしです。ヨタ5の家(通称チンシャー)が出来るのは平成に入るぎりぎりだったし。ステンレス車両っぽいのは東急らしいが、やはり赤い帯「のるるん」のまわし見たいのがあります。「渋谷」行きと書いてある。静岡県で言う渋谷ってどこ?「千頭」じゃね?インドネシアの「川崎」が「ジャカルタ」みたいだし普通だ普通。そういえばL特急「霧島」がマレーシア「クアラルンプール」に行く時代だしな。依然「オホーツク」はどこに行くか不明。きっと寒いとこだ、マレーシアにそんなところ無い。十和田観光鉄道の「渋谷」はどこだったんだろう?「十和田駅」かな・・でもあの街はその後東北行って見て来たらシャッター商店街だった。


resize1883.jpg


こちらは京阪電鉄3000系だそうです。勿論分かりません。いまは大井川鉄道にある。ぜひ機会が有ったら大井川鉄道へ。お勧めです。そういえば東武鉄道にもイベント用機関車(大樹」が有り、ブルートレインみたいな客車を引っ張っている?え?14系まじすか?田園都市線直通列車の広告で見た。













関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL