ヨタ5チャンネル

バイク 猫 化石 カメラ 愛 欲しいものいっぱい
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOP旅行 ≫ ヘグ号の最期

ヘグ号の最期

 
ここで 残念な話をしなければならない。みなに愛されてきたヘグ号だがついにその最期を迎えた。自分も13年以上にわたって愛好してきたヘグ号だがついにその最期を迎えた。旅行の帰り道東北道にてトラックに巻き込まれるという事態に遭遇。確かに危険な運転が多く危ないなとは思っていたがこんなことになるとは。

resize1986.jpg

ヨタ5と母さんどこ行くの?これ最期のヘグ号との分かれになってしまうとは、リンちゃんに言えないね。ヘグ号の後で横たわるりんちゃん。

resize1987.jpg


今回のヘグ号にはへッグマークが付いていた。

resize1988.jpg

これだヨタの紋章。へグな鼻。まさに青森に到達し平泉中尊寺金色堂に行くと言うヘグ号に最高の桧舞台を用意してしまったのがいけなかったのか?決して失いたくなかった車。


resize1980.jpg

東北道をひたすら北上。エンジンの音ごおごおとヘグ号は行く本州の果て。機首に輝くへぐマーク、胸に描きし赤鷲の印はわれらが戦闘機!
resize1981.jpg

東北道をどこまでも

resize1989.jpg

ついに秋田県小坂市にブルートレイン「あけぼの」が


resize1984.jpg

弘前に到着。

 しかし無事に戻ってくることは無かった。母様とマネージャーは絶対に守るとヘグ号と自分の約束。それをキッチリ守り抜いてヘグ号は逝った。




resize1985.jpg

東北の果て、ここまで来るとナビもとんでもない表示をする。直進 十和田・青森。もうそんなところに来たのか。


 ホーキング博士の量子力学の説に拠れば、、突き詰めるところ多元宇宙が存在し、多元世界があることになる。そのまま自分のように東北道を進んだ現実世界のほかに、迷って行かなかった常磐自動車道に進んだヘグ号もいるか?多元世界(パラレルワールド)は同一空間のなかに存在すると言う。これは通常繋がることは無いのだが、チェルノブイリや東北大震災など空気中に放射性物質が巻き散らかされることにより起こることが有るらしい(報告は多々有る)。ならばヘグ号ならばまたあの地に向かうはずだ。御前崎猫塚。あれ、御前崎漁港のなぶら市場に行ったら、前に止まってるあの車?ヘグ号じゃん?まあ、浜岡原発が休止したので現実には起こらないだろうね?猫の首輪替えに来たのにもう新しいのになってる?あれ?どうして。

ヨタ5もへグ号を失ったショックが大きかったな。



関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL