ヨタ5チャンネル

バイク 猫 化石 カメラ 愛 欲しいものいっぱい
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOPつれづれなる出来事 ≫ 新幹線弾丸特急のその後 蒸気機関車の運命

新幹線弾丸特急のその後 蒸気機関車の運命

 
東京オリンピックが開かれた1964年その時に新幹線が導入される。弾丸特急と言われた0系新幹線。でもその後機関車がどうなったか知っているだろうか?実はたまたまアマゾンのプライムビデオ見ていたらとんでもないことを知ってしまった。「機関車やえもんの大冒険」という1974年の子供向け漫画映画だが内容は余りにも衝撃的だった。実は1964年に新幹線が導入された後、機関車は無用の長物とされ、どんどん地方に追いやられていった。最後は北海道に。既に昭和30年代に国鉄の地方路線の80パーセントが赤字路線に陥っていた。東北や山陰、九州の古いローカル線はこのときにほとんど無くなっていた。今回東北に行ってそれほど昔の話ではないが十和田観光鉄道も、南部縦貫鉄道も無くなっていた。


resize2710.jpg

1974年と言えば昭和49年か?機関車など無駄な存在と見なされていた。実は国鉄は昭和50年までにすべての蒸気機関車を全廃するつもりだった。確かに機関車はボイラーを暖めるのに1時間ぐらい掛かる。すぐに動かせないのだ。新しい技術が導入される事で古い技術は排斥される。D51は実は今回東北の小坂レールパークのディーゼル機関車DD130と同じ時代のものらしくDD130と一緒に映画に出ていた、この「機関車やえもん」だが実写とアニメが混在している作品だ。D51が解体されるシーンなど衝撃的だ。


resize2709.jpg

この作品にも原作があるらしい。古くからあるものが無用の長物として見捨てられるのは寂しい。


resize2708.jpg

 自分は今回東北で見たDD130はそんなに古いものと思っていなかった、「自分が子供の頃に見たDE10と形が変わらなかったからである。こちらDE10である。



以下、YouTubeから「かしゃものがたり」と言う昭和25年の記録映画。さすがに古く白黒。貨車に積まれた霧島で伐採された木材が自分たちがどこに運ばれるのか、何に使われるのかと言うことがいまいちはっきり分からず話が進むミステリータッチの記録映画で面白かった。長さ15分くらい。



しかし今まで使われていた機関車も昭和50年には全廃すると言う寂しさが残る。自分の子供の頃に使った学校の机がどこから来たものか考えさせられた。今やまったく分からない。南洋材等ではなかったのでどこか日本のある場所から来たものだったのだろう
。なんか学校の机懐かしくなってきた。





 
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL