ヨタ5チャンネル

バイク 猫 化石 カメラ 愛 欲しいものいっぱい
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月

横須賀市浦賀昔の道を行く

まあ、久々に帰ったので、近所を散策しよう。歩いたほうが健康だと最近散策させられている。ならあそこをたずねるか。



a href="http://yotahegu.blog.fc2.com/img/clrorin2153.jpg/" target="_blank">clrorin2153.jpg

 まあ、蔵の前に看板有ったのに車で通って気が付いてなんて書いてあるか見に行った。今は余り干物を作ってるって聞かないな。昔は貯蔵庫だったのか?今はどっちかというと三浦とか三崎の方かな。佐島の方で干鰯今でも作ってる。スーパーに並んでるの見た。


clrorin2154.jpg


小さい頃から有ったんだろうが、気が付かなかったな。

z01.jpg

 古い写真を見てその位置を特定しよう。


clrorin2155.jpg

 コーナーの感じとかまさにここかな。


clrorin2156.jpg

 ここは右にコンビニとかあるが、昔はどうだった?

z02.jpg

真っ直ぐ続くのはこの辺だけだしかすかに奥は右にカーブ、うしろの景色などからこの当たりと見た。明治・大正から昭和初期頃かな。
なんと同じ所に電柱が存在。穴を堀り直すのが面倒だったか?昔の道路工事のサポタージュまで見抜く、ヨタ5。たとえ100年経ってもヨタ5の目はごまかせぬ。

clrorin2157.jpg

 ではここは西叶神社の右上から山に登っていく昔の山道。とりあえず階段はあるものの少し進むとすごく磨り減っているし歩きにくい。手前の階段は後世に換えられている様で新しいものだ。

clrorin2158.jpg

 更に少し登ると道自体無くなる。源平合戦の張本人「文覚上人」(遠藤盛遠)の庵に繋がる道である。昔ここ使っていたんだろう。
源平合戦が起こるようになったのは平安末期、その後文覚上人がここに移り住んだとしてもせいぜい西暦1200年頃かな。なんと800年以上経っている。階段も磨り減るはずだ。今はまったく通る人がいないとしても。。それこそ最初の話題じゃ無いが、食料の鰯干物・米などの調達に下の街に登り降りしていたはずだ。また西叶神社が出来たのもそのずっと後、江戸時代だろう。階段の方が先にあったのか?今は西叶神社の脇に階段が有ると思っているが、実は文覚上人の庵に登る階段の脇に西叶神社を作ったのか?今となってはまったくの謎なのだ

 とは言えたった800年ぐらいのことそんな事すら分からなければ、化石の研究など出来ないな。勿論上り口に神社を立てたのだろう。その為敢えて神社にその道を連結させたのだろう。そもそも正規の道じゃ無いし。江戸時代なんてせいぜい200年位前か、いくらなんでもあそこまで階段が磨り減らないだろうし。遠藤盛遠は鎌倉にも家があった。ここはあくまで庵なのだ。

clrorin2159.jpg

 もう道じゃ無い。この先大木倒れてたりするし。

clrorin2160.jpg

 ふと右を見ると、浦賀湾が見える。縄文時代3000年から7000年前は足元まで海があったはず。先に進むか、この湾の対岸の東浦賀には後北条氏の浦賀支城があった。今でも山に登っていくといきなり山の中に石垣が有ったり、人工的に整地された場所がある。海から侵入されるのを見張っていたらしい。以前に埼玉の最後の北条氏支城「忍城」を取り上げたことがある。この近くだと実は衣笠にも支城があった。うちの川崎市の近くだと横浜に「小机城」も実は有るんだよね。今はお化けぐらいしか出ないらしいが。

clrorin2161.jpg

 最上部に出た。ここが文覚上人の庵跡になる。まあ、景色は良かっただろうね?

clrorin2162.jpg

 で、それが証拠にしっかり碑が建ってるよ。

clrorin2163.jpg

 以前はここまで紹介できなかったけれど、ここには会津藩士の墓が有るよ。


 こんな歴史のあるところ行ってみたいなと思われる方、また歴女の方でもお供いたしますよ。








キャットプレイボックス増築

  先日りんがやってきて、部屋が狭いのよと言っていた。4LDKならまあまあでしょう?なんか単調なのよ。では増築計画を発案。


clrorin2152.jpg

 まあ、ヨタのお古でごめんね。

以前作ったビデオでその活用の様子をどうぞ。





clrorin2148.jpg


 とりあえず空き箱を用意。かなり複雑に迷路のような構成。リンちゃん抜けられるかな?

clrorin2149.jpg

 こんな狭いチューブ状のものも。通れるか?リンちゃん太ってない?太ったかも・・・。

clrorin2150.jpg

 なんとエアーチューブも用意。面白いでしょう?ちょっと怖がってます。

clrorin2151.jpg

 エアチューブ内側かから見るとこんなです。アスレチックみたいでいいでしょう。





ホンダHR-V(ヘグ号)11年目の真実

 さて、連休で実家に帰るか、混んでたりするけどまあいいか。リンちゃんにも会わないとね。

clrorin2138.jpg

横浜横須賀道路の吉井の短いトンネルを抜けると、そこは浦賀だった。

clrorin2139.jpg

 横浜横須賀道路のほとんど端まで来た。実家はここにある。

clrorin2140.jpg

 浦賀のインターと言うほどでかくないがここを出て右に進むと、以前ヨタ5が利用していたバイク屋さんが有るぞ?バイク屋?車屋がメインか。それ以来ヨタ5はスズキ一筋。ウソ付け!RA125を夏のバイト代で購入して全国を制覇。北海道宗谷岬から鹿児島県佐多岬まで。

clrorin2146.jpg

 その後KLR650天涯をくださいな!と店頭で申し出たら、もうそんなの作ってないよと断られた。今のKLXはどうしようもなくガソリンタンクが小さいが、昔のKLR250はでかかったぞ。カワサキもこんなに気が利くモデル作ったんか?昔の話だ。

clrorin2141.jpg

 自宅の玄関に向うと小さな黄色い花が咲いている。ホタテみたいな花である。

clrorin2142.jpg

なんかいろいろ咲いてるな。そして玄関には

clrorin2143.jpg

 猛犬注意の札が。うち猫しか居ないけど! 猛犬とはホルスタイン系mow犬のコロン大明神のことですかね?そうかもね。なんたって番犬だったから。ヘグ号も洗車してあげよう。取って置きのシールチューンはいかがでしょう?「猛猫注意」と言うのは売ってない様だ。

clrorin2147.jpg

 ヘグちゃん洗車するよ。汚れてないよ。いいから洗うよ。防水試験?


clrorin2144.jpg

 このシールの素性が分かる人いるだろうか?これは中国でのMS(モビルスーツ)の種別を示すものだ。水陸両用というと「ズゴック」とかかな?(ヘグ号)  「アッガイ」じゃね?(ヨタ5)  ガビーン(ヘグ号)。 実はGNのサイドバニアには「陸戦型」のシールが貼ってあった。 ヘグ号だともっぱら冗談とも思えん形状をしている。


clrorin2145.jpg
 
ザクⅡ用のプロトタイプのシールも有ったんで貼って置いた。ホンダベルノ神奈川東でヨタ5用に秘密裏に作ったHR-Vだよ!営業の自分も知らないけど!秘密裏だからしょうがないね。後ろを走ってたべゼル(現行型HR-V)のドライバーが怪訝そうな顔して見てたけどまあ、いいや。おれのべゼルはそんなんじゃないけど!これはヨタ5用なんで物が違うのよ。



KLXテールランプLED化完了

 KLXもファイナルだしちょっと新しいとこ見せてやろうとテールランプのLED化を狙っていたが、何故かヤフーショッピングの「明日憑く」の商品がなかなか来ない。でも今月中にはどうやら間に合った。もうゴールデンウェークだよ。「着く」なんだけどヨタ5のパソコンは「憑く」がもっとも一般的に使われるようで、そっちの変換になってしまう。

 最近は4輪車などでもLEDテールランプなどが採用される。でもえらく間隔が開いていて、しょぼいのだと10個くらいしか「憑いてなかったり」する。だからそれいいって。「付いてなかったり」する。ならばとヨタ5が採用したのはLED45連装だ。これでも食らえ!別に後続車には何も影響も無い。

clrorin2135.jpg

 これですよこれ。LEDと言うのは、半導体でいわゆる発光ダイオードとおなじものだ。発光ダイオードは頭に丸いドーム状のプラスチックを被って、指向性の高い光を分散させるようにしている。これを45連発で付けたのがこれだ。それをぐるっと360度位置。性能的には期待できそうだ。見た目は「はたはた」の卵(ぶりこ)みたいだが性能がよければ良い。あだ名決定!「ぶり子」LEDテールランプにまであだ名がつくのかあ・・。普通付くだろ?付かないよ・・。


clrorin2136.jpg

バイクのテールランプに使う場合、必ず白色せめて黄色のものを。何故ならナンバー灯も兼ねるからだ。色温度の高い白を採用した。K(ケルビン)で言うと青白い光がもっとも色温度が高い。電球色だと5000K以下だ。色温度が高いほうが良いとか言う事ではない。ゆったり感を演出するなら是非色温度の低いものを選択したほうが良いブレーキランプに使うなら接点が2つあるダブル球を、ソケットに引っ掛けるポッチは180度位置で段差の有るものを。では灯火実験と行きますか。

clrorin2137.jpg
 

後ろで誰か見てるよ?あいつか。暖かくなってきたため活動時間が30秒に1回になってきたつまり1日で2880回も水飲んでる計算になる。コップ壊すかも。怒涛の水飲みアタックだあ・・・怖ええよ、お前。

clrorin2129.jpg

 テールランプの取り外し。先は尖ってはいないがタッピングビスのようなもので固定。これはちょっと注意。締めこみすぎると馬鹿になるタイプのネジだ。GNとは違うのだよ、GNとは。GNはネジも固定元もみんな金属で出来ている。KLXのテールランプは先に尖った形をしているのでバルブは結構大きな物でも入るのかも。

clrorin2130.jpg

外してみるとこんな感じ。へなへなしたウレタンの紐が付いてる。意図は分かるがそのまま元に戻すの難しそう。

clrorin2131.jpg

 とりあえず取り付けてスモールを点灯。なんとこの時点で45灯全てついている。大丈夫かな?この商品は店舗で発光テストを販売する前に行っているそうだ。ネットで安いの買うと灯かないのが多いらしいよ。ファーストスピードという品川の会社の扱う商品だった。送料別だが1000円くらいだしKLXで無理やり流行らせよう。合言葉は「ぶり子」!見てすぐ分かるかも。あなたもぶり子ですか?「勿論です。グッ」


clrorin2127.jpg

 ノーマルスモールランプ点灯時。さすがに白熱球は性能良いな。イカにこれに近づけるかが、LED球の鍵になる。

clrorin2128.jpg

 ノーマルブレーキ時、やはりスモールとブレーキの差が大きくブレーキかけたなというのが後続車に良く伝わる。


clrorin2132.jpg
LEDスモール、既に45灯既に全部点灯、確かに明るいよね。LEDはこのツブツブ感が有るので分かる。なおかつ数が多いぞ!何者だ?何者か?と問われれば答えてやるのが世の情け。しかしロケット団ではございません。

clrorin2133.jpg
 LEDの問題はブレーキ時、いかに差があるかどうかだ。ここで差が出ないと危険極まりなくなってしまう。まあ、充分な性能あるかな。以前買ったタオバオの中国直輸入品はこれが駄目だった。

。いまGNについてるLEDはブレーキ灯が点滅してポンピングブレーキを掛けているように見える。スモールでは点灯部分が回転している。だから採用となった。だからといってGNのものはKLXには載らない。GN用のLED基盤はたて40ミリ×よこ90ミリと言う世界最強バージョンだからだ。もう誰も追ってこないぞ。来れないぞ。

clrorin2134.jpg

で、KLXについてたノーマルバルブを見るとスタンレーの日本製。さすがのカワサキでもタイ製は採用しなかったようだ。


4輪だと4個その他にも6個7個、8個とか言うのあったがみんな1桁か。もう無理にLEDにしないほうがむしろ格好良いんじゃない?








パンスヘルミア説と地球外生命体

 
普段化石なんかを見ていると確実に思うことがひとつある。宇宙で地球に生命は1つだけ・・・な訳ないでしょう。それは余りに傲慢な考えだ。
 パンスヘルミア説というのがある、地球の生命は地球外からもたらされたものであると言う考え。確かに宇宙に散らばるアミノ酸などの生命の源が地球上にゆっくり降ってきた。確かにこれは間違い無いと思う。地球上で自然発生するのはかなり大変だ。生命の源と言うのはタンポポの種のようなもので、生存に適した場所が見つかればそこに根付くようなものだと思っている。つまりどこの星でも同じようなものだ。地球外に生命はいる。地球外生命体はいる?と問われれば「当然」と答える。NASAの研究者も生命が居るかどうかを調べている段階ではない。実際にはどこにいるかを調べているのだ。ならばその逆も((地球外からの探索も)至って自然な展開だ。何も疑問に思うことは無い。

ウィキペディアで地球外生命体を調べると結果はこれ(竹取物語)「かぐや姫」なるほど!
clrorin2126.jpg


 ある日玄関先でピンポン。「通りすがりの地球外生命体ですが」という方々が現れても、そんなに驚いたりしないと思う。遠いところお疲れ様でしたね。と言う対応でしょう。押し売りじゃ無いなら大歓迎です!どうぞ上がってください、汚いところですが。
さっと周りを見渡して一言「ありゃ、本当に汚いな」。(宇宙人)
さて、口には合わないと思いますが、お茶と納豆をどうぞ!
本当に口に合わないな、せめて甘納豆で。(宇宙人)
東急のスーパー近いから待ってて。

clrorin2123.jpg
 地球外生命体と言うとこんなイメージだが、何もそうとは限らない。 

 以前甲府に降りてきた宇宙人の話もした。「甲府事件」実は異星人の宇宙船は肉眼で見えないように細工されているらしいので、実際はそこらじゅう飛んでる可能性はある。 よく聞く「グレイ型」宇宙人だが、明らかに爬虫類系だろう。銀色の皮膚(これはうろこの最終的な進化の証だろう、大きな目、これは宇宙に行くと無重力でこうなるらしい)。地球では中生代末期に知的生命体となりうるはずだった恐竜は絶滅してしまった。地球は哺乳類が知的生命体になったが、宇宙のスタンダードから見ると少し外れているかも。今後、宇宙の知的生命体に会うことが有っても、我々と見た目はずいぶん違うだろう)でもんなときは必ず来るはずだ。

こんなかも知れないよ。出来れば三毛が良いな。

clrorin2124.jpg


これも宇宙人ぽいけど猫だろう。耳が4つあります。
何かしたいことあります?(宇宙人)
宇宙船はただの乗り物ではないらしい。ちょっと未来に行って、ロト6の当選番号見てくる(ヨタ5)
ならばキャリーオーバーの「ロト7」の方が良くない?(宇宙人)
やっぱり宇宙人の言う事は一味違うな(ヨタ5)


clrorin2125.jpg

 やっぱり猫じゃん?この猫有名だよね。リンちゃん普通でよかったね。




 

KLXの慣らし

  
KLXならしに行くよ!
疲れたからやだ、ここのとこ季節の変わり目でだるいんだあ。ヨタ5一人で行ってきて。(KLX)
それじゃあ、コロン大明神のお散歩だよ。


resize1498-2.jpg

コロンお散歩行くよ!
猫の相手してて忙しいから、ヨタ5一人で行ってきて。

clrorin2117.jpg

 もう慣らし完了じゃ無い?あれいつの間に!確かに1000キロは越えた。

clrorin2118.jpg

 まだハンドウォーマーが黄色く見えてる人いますか?
居ないですよそんな人は!さてご飯食べに行こう。

 最近ガキに大人気なKLX。カッコエー、なんだあ僕にも分かるかあ?しかしな、僕が大きくなった時にはこのKLXはもう無いよ。
その秘密は「ファイナルエディション」だからだあ。
天は我を見放したあ!(ガキ)
その歳で見放されるようじゃあ、先が思いやられるなあ。

clrorin2116.jpg

 でもやっぱり「闘う、脳梗塞カラー」がいいなあ(ガキ)。KLX250Rレーサーです。翌年KLX250SRが同色で発売されてカワサキお得意の調整不足で、ほぼエンデューロレーサーKDX250に近い性能を持っていた。単に調整不足だっただけですよ、調整不足なだけ〔カワサキ) だよね?おれもそうなんじゃ無いかと思ってた。他メーカーでもこういうのはある。スズキガンマ250の初期ロット。ホンダNSR250の初期モデル。このNSRには乗ったことが有る。キャスター角がレーサー並みでスピード出してないと真っ直ぐ走らない。タンク容量の増減によって重心位置とコーナーリングが刻々と変わる。これマンマレーサーじゃん。いち早くこのNSRの正体に気が付いたヨタ5とかだけ生きている。だがおかげて沢山死んだ。問題ない、死んだやつは文句言わない。だよね、俺もそうじゃ無いかと思ったあ。〔ヨタ5)ヤマハRZ、スズキガンマとライバルはどんどん先を行きMVX、NSと立て続けに失敗したホンダは焦っていた。カワサキケロケロKR。もう破れかぶれ、5000回転以下ではクラッチもまともに繋がら無いけど良いのこれ?やっぱ、まずいな。KR-1下のトルクばっかり強化し過ぎてスポーツバイクじゃなくなった。タイヤの扁平率あげりゃあ、スポーツバイクっぽく見えるべ?この路線で良いや。いつも行き当たりばったりのカワサキ好きだー!




clrorin2119.jpg

 このヘルメットDリング無くて少し不便。気のせいだな。

clrorin2120.jpg

もうサクラも散ったし、もうハンドウォーマー要らないかな。
付けとくと黄色く見えたりする人がいるし、かどがたつしね。(何度も言いますがグリーンです。コミネ)

clrorin2122.jpg

だからハンドルウォーマーはグリーンです(コミネ)。おれもそうなんじゃないかと思ってたあ。


clrorin2121.jpg

あと700メートルで1100キロだよ。そういやオドメーターどこ行った?さあ。新車の時は付いてたはずだ。リセットしたかも?
そんな事出来ないよ、でもこれKLXだよ!じゃあ、出来るかも。













KLXレーキランプLED化計画

 KLXで250有るが常時点灯ゆえにテールランプも点灯しっぱなしだ。そうなるとテールランプもスモールランプが切れる可能性が大きくなる。白熱球は結局フィラメントを燃やすことによって光と熱を出している。対してLEDは半導体に電気を流すことによって光と熱を少し出すが、燃焼を繰り返したりしない分、長寿命である。バイク用品屋を覗くとLEDテールランプが5000円位する。高いな。自作する人もいるがこういう理由が有るからだ。確かに長寿命では有るかもしれないが・・。ただ性能的には白熱球の方が基本的に上で、コスト共に一日の長がある。まあ、KLXもヘッドライト切れたら自分ですぐ分かるが、テールランプはやだなと言う事で、新しいの買おうと思ったがどうやら失敗したようだ。テールランプでネット検索したらバックライトと同じ扱いになっていたようだ。車にはバックライトあるがバイクには無い。また、ナンバー灯を兼用するため発色の良い赤色のバルブはバイクには使えない。

 
clrorin2110.jpg

 これなんか沢山LED設置されてていいじゃん。これなんかへんじゃ無い?本当だシングルバルブだBA15Sと言うやつか?ブレーキ灯には使えない。何故ならブレーキ掛けても明るさが変わらなくなってしまう。じゃあ使えるところに使おう?

clrorin2112.jpg



 じゃあヘグ号のバックランプにどうよ。しかし

clrorin2103.jpg

 今まで一度も外したことないし、どうやって外すんだ。どうやらこんな解説がメーカーに有った。

clrorin2104.jpg

 下から2番目がバックランプらしい。嫌な予感。

clrorin2105.jpg

上から4つランプが付いている。上の2個がブレーキランプと思っていたが違っていた。


制動灯は上から2番目だけか。

clrorin2106.jpg

 プラスドライバーではずすようになっていたが10年以上取り外したことなく、固着して無理。絶対ねじ山潰すな。気が付いて別の工具を用意。

clrorin2107.jpg

 ソケットレンチ登場。これならバッチリだ。何の抵抗も無く外れる。

clrorin2114.jpg

やはり嫌な予感は当たった。なんとウェッジバルブではないか。HRーV10年落ちなのにこんなところの部品は新しいな。取り付けは出来ない構造だ。

clrorin2109.jpg

 その前にLED補助灯三脚のサブちゃんが壊れた。

clrorin2108.jpg

 ひっくり返って足上げてるんで死んだな。昆虫かよ。中国のタオバオで買ったんでゴリラポッドのパチモンやな、やっぱり。新しく任務は後ろのSLIKのミニミニ三脚に譲った。

clrorin2111.jpg

 実はよく見ると、接点は2つある。GN用に使っていた白熱バルブは180度対称にポッチがあり、なおかつ位置が互い違いにある。これじゃないとバイクのテールランプには使えないのだ。BA15D。ウインカーランプはポッチの位置が対称でなく150度のところに有ったりしてまた利用できず。注意。さてそんなこんなでまた反省点を踏まえてまた買いなおしだ。懲りないな。


clrorin2115.jpg
 販売店からの情報。見た目野暮ったくない?でも全周を巡ってLED配置されてるし、指向性の高いLEDにしてはそこそこ性能は期待できるかも。段階的にどこがどう光るかこの画像では分からないのだ。ソケット形状も問題ないな。これで行ってみよう。そういやあ、ヤフーショッピングの「あすつく」っていったい何日したらくるんだろう。まあ、今月中には?アマゾンとは、違うのだよアマゾンとは。