ヨタ5チャンネル

バイク 猫 化石 カメラ 愛 欲しいものいっぱい
2017年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年03月

バイクにLEDランプは使えるか

 最近電球などもいろんなものが選択できるようになってきた。バイクに使うには何が良いか。また普段使いについても考えて見る。

 取り敢えずは以下のビデオでも見てくださいヨタ5邸のGN嬢です。




clrorin1907.jpg

 恥ずかしいし使わないつもりであったが、周りに敢えて注意を喚起させると言う意味で敢えて使ってみるか。捕まりまではしないだろ。suitable for all car とか書いてある。うそだろ。

clrorin1897.jpg

 他にどんな照明器具が有る?白熱球だ少し発熱が控えめになっている。洗面台のまえの照明。どうしても大きさが小さめで大きなランプは付けられない口金17である。


clrorin1900.jpg

こちらは居間のペンダントランプと言うやつ昔はよく2つ付いた電灯が下がっていたが、最近のマンションなんかはこんなものが多い
。40Wの単体タイプ。

clrorin1899.jpg

 こちらはLEDランプで有る。ソケットを見ると分かる。あまりの熱さに嫌気が差してLEDに交換。しかしLEDは熱に弱いと言う特徴が有り、熱にさらされると短寿命で終わる。車やバイクのヘッドランプなどには大きなヒートシンクが付けられているが、そうでないと短命になってしまう。熱は発しにくいが熱には超弱いのだ。しかしLEDはマイチ明るさが足りない、チラつくと言う事も有る。その為に卓上の勉強用ランプに使うのは、向き不向きが有る。文字が読みにくいことも、また光が青白い傾向があることも有る。またLEDは電源のオンオフによる劣化が小さく玄関やトイレ、階段などの照明に向く。前に職場でトイレに蛍光灯型電球を付けた奴がおりなかなか明るくならなかった。馬鹿者が!LEDってそもそも何?半導体だ。昔から有る発光ダイオードなどと同じものだ。電気を通そうとすると光る特性がある。今はだいぶ良くなったが光が広がりにくい特徴も。

clrorin1901.jpg
 
お風呂の蛍光灯型照明。長時間つけている電球に向く。蛍光灯タイプなので消費電力も少ない。電球色タイプ。実は白いランプより人間は黄色いランプの方が落ち着く。

clrorin1904.jpg

12Wしかないのに5倍の明るさと言う事だ。充分なものだ、パナなのに。白熱球に比べ熱としてエネルギーを逃がさないので効率が良い。

clrorin1903.jpg

昔の蛍光灯は2つセットのものが良くあった。


clrorin1902.jpg

セットで買うとそっちの方が安く、でも単体で高いやつの方が寿命とか長かったので最近はそっちを買う。
clrorin1905.jpg

枕もとのランプも蛍光灯型電球。しばらくつけているのでこっちが向いている。


clrorin1906.jpg

 しかし消し忘れるので、自動的に切れるタイマーを用意。いまは電気あんかをつなげている。消し忘れないし。

結論、ビデオでも紹介しているがレギュレーターの問題が有り、無駄に電力の消耗を抑えるとレギュレーター自体に負担が掛かる。ヘッドライトのLED化とかもっての他かも。よく常灯式ライトのバイクにオンオフスイッチを付けてはいけないというのと同じ内容だ。

clrorin1908.jpg

新しくLEDを購入。トイレと洗面所用に

clrorin1909.jpg

 あんまり格好良くないが、コーン型は性能的にはしこう性の高いLEDにしては全面360度照射する

31HswceZ30L.jpg

 電球色を採用。

71FqIVIonfL__SL1002_.jpg

商品紹介ページより

61J6gosaobL__SL1001_.jpg
でも明るさ以前にLEDには足りないものが有る。性能はいいんだけどね。
落ち着いたイメージの表現が出来ないのである。お風呂やトイレには向かないかも。電球色なのにつめたい感じがする。消費電力明るさについてはもうしぶんないのだが、ここぞと言うものが足りない。

clrorin1910.jpg

つけてあったクリプトン球。こっちに戻すか。

clrorin1911.jpg

 レイズナーのコクピット(ヨタ5邸のトイレはぼくの世界だ!邪魔をするなフォロン!・・こんな感じだ。


 分かり易いね?ほんとに?

コタツの上の攻防 その3

 ちょっとお役立ちグッツなんか見つけて紹介します。ほんとうに役立つのか知りませんけど。

clrorin1884.jpg

 その前に今日のスットコどっこい。ガソリンスタンドに行ったのにガソリン3.5Lしか入らない、燃料警告等点いたのに?壊れてんですかね?とスタンドのにーちゃんからの突っ込み。だからフルサービスの店にKLX連れて行くの嫌だったんだ。KLXのスットコどっこいぶりがばれるから。しかし80キロぐらいしか走ってないしどうしたのかな。やっぱり壊れた。カワサキだしこんなもんだろ。普通だ普通。きっと次からは何事も無かったかのように振舞うはず。

clrorin1883.jpg

お役立ちグッツだよ。何これ、「ナイトアイズ」のS型カラビナだよ。カラビナ?って何って言ってるそこのあなた。鍵をつけたりしてベルトなんかに通しておくものだ。使い方は自由。これ特別にビールなんかの栓も外せるようになっている。旅行先とかで便利だよね。

clrorin1889.jpg


 自分はウエストベルトの紐を通し、そこからリング状の革紐を通し、キャッシュカードとETCカード入れを結んでいる。以前いつの間にか落としたことが有る。発行手数料かかるし面倒くさいよ。取り外して他のバックにつけるのも簡単。結構大きめなんでウエストベルトの紐が通るんだよね。なおかつバックルが邪魔して外れる事もない。キャップ(帽子)なんかを止めておくのにも便利。

clrorin1891.jpg

これはなんだ。超便利グッツだよ!東急のガシャポンにあった。ダミーキーやマンションなんかにセカンドキーつけると結構お金が掛かるんだよ。アイデアグッツだよね。しかし・・・。

clrorin1892.jpg

いくらなんでもピンクやライムグリーンは無いだろうと思ふ。

clrorin1885.jpg

何と鍵が3つも有る?

clrorin1886.jpg

真ん中の鍵がいつの間にか移動?怪奇現象か?マグネットで憑いてるだけだ。やっぱり憑き物か?

clrorin1887.jpg

これサムターン回し対策グッツ。ドアに穴あけてキーをいじろうとしても開けられないようになっている。シールが貼ってありピンクが見えると開錠中、緑が一直線に重なるとオールグリーン、オールスットコどっこい施錠完了。賢いなヨタ5誰も言わないので自分で言う。


clrorin1888.jpg

 このノートは?RA125、RZ250R,FTR250,GSX550L、レガシー、TDR125、GN125H、ZRX1200ダエグの整備ノートです。さすがにページがなくなってきたので、新しく新調しました。右のがそうだけど、造りがかなり違う。品番は同じなんだけれどね。糸で留めてあり左の方が重厚感があって好き。
  

clrorin1890.jpg

 中を見るととんでもない。北海道の帯広市「幸福駅」に到着しスタンプ押した。昭和62年だと?ヨタ5まだ生まれてないよ。ウソ付け自分で行ったくせに。そうとも言う。
さらにもっとすごいお役立ち情報が、GSX550Lのフロントブレーキの品番が分かるよ。
部品番号59130-16700です。ちなみに1枚ずつ購入です。何て役に立つブログなんでしょう?でもそれに乗ってる人が居ない気がする?気のせいだろ。



clrorin1894.jpg

 ここはちょっとあれだね。やっぱり私のパンチラ(パンモロ)に主眼を置いて表現するべきでしょう(そこ子)

clrorin1893.jpg

 もう、見飽きたわよやっぱりここは私の胸元じゃあ無いかしら(ふち子A)
そもそも自慢するほど無いでしょ?それにあなたもそこ子の一員でしょ。(そこ子)実はシークレットそこ子なのでした。
あんたなんてぺしゃんこで胸なんて無いじゃ無い(ふち子A)

clrorin1896.jpg

 なにこのキモイの?どっかやってよ。(ふち子A)

clrorin1895.jpg

スペシャル金的アタック、スーパー金的クラッシュ、食らえ!飯綱落とし。どどーん(ふち子B)
ひゃっはー (非公認F)
もう、あんた嫁にいけないわよ。しかしウザイなこれ、ムチでしばいて良いかしら。(ふち子A)
ひゃっはー (非公認F)


ヨタ5秘蔵コレクション公開

 アンモナイトはオルソセラス(直角貝)から進化して丸まっていったと言う変遷が有ったが、結局それは中生代に入り水生爬虫類が陸からまた海に戻ってきて、予想ハズレの展開になったと以前説明した。オルソセラスはロケットの様な形状をしていて高速で移動したと考えられるが、安定性の無さに悩んだ。その結果丸くなり安定性を得たが、スピードは落ちた。しかしこの流れは「また別の道に繋がる。それはまた見ていく。北海道にその秘密がある。

clrorin1877.jpg
一度陸に上がった生物が予定外に海の生物であるアンモナイトを狙ってきた。その上、なんとアンモナイトの堅い殻を破ることが出来た。確かに殻に傷が付いたアンモナイトが見つかることが有るのだが?殻をかじってへこんだり、また穴だけ開くなんてことは通常有り得ないだろう?こんな化石しか実は今まで見つからなかったのだ。しかし、ならばヨタ5は持っているということだ。発見例としては今まで聞いたことが無いので、世界に1個かも?

 
clrorin1876.jpg

 ここは北海道の「三笠市立博物館」である。アンモナイトがいっぱいだ。何故?北海道はその地形的に白亜紀の地層年代の土地が沢山ある。日本でも珍しい場所。大きなアンモナイトも見つかるが山に分け入りヘリコプターなどを使っての作業になるためコストが掛かってしまう。これだけのアンモナイト標本があってもヨタ5コレクションのようなものは無い?

clrorin1874.jpg

 これはアンモナイト「クレオニセラス」の化石だ。まずこれ見てびっくりした。殻が外部から確実に割られている。こんな事できるのあの人しか居ないのでは?なんとこの殻は厚みが1ミリもある。アワビやサザエなどでもこんなに厚みのある貝殻は現在の生物ではいないね。シャコ貝とかハマグリでは貝殻の組成が違うだろう。

clrorin1875.jpg

 このアンモナイトも本来は「縫合線」などのアンモナイトの特徴を見せるための標本としてクリーニングされたようだが、ヨタ5はその異常ぶりに気が付いてしまった。お店から見ればただの傷ものと言う扱いだろうが、もっと本質的に異なるものを発見してしまう。すごいを発見した!と思うより、地雷踏んだかなと思った。このまま放置していいものじゃあ、無いかも。

clrorin1873.jpg

本来モササウルスも正確に住房を狙いこんな失敗はしないはず。何故なら殻を破るという行為は大変な苦労を要するからだ何故こんな事が起きた。

clrorin1872.jpg

 アンモナイトやオウムガイなどはほぼ同じ構造。分かりやすく現在のオオムガイのものです。連室細管が有るのがオウムガイの特徴、もちろん殻の厚みは1ミリなんて到底無いです。このアンモナイトの場合「気房」が破壊されてしまった。そのため魚なら浮き袋に当たる気房が破壊され海底に沈んで行ったのだろう。このアンモナイトには大きな特徴が、破壊痕は片側にしかない。つまり群れで泳いでいたアンモナイトを狙い2匹以上に噛み付くなど失敗をした可能性。とどめをさせなかった、もう一匹はしっかり食べた?でもこれは見逃したと言う展開か?7千万年前のモササウルスのしくじりもしっかり見抜くよ。


clrorin1878.jpg

 これはゴニアタイトかな。ヨタ5ブログでも4億年前の海辺の風景を内包した化石として紹介したことがある。あれ特別に大型だったから。住房の中になんとオルソセラスの化石が入ってた。つまりアンモナイトとオルソセラスが「同時期に生存していた事」の証明となるものだった。つまり進化が同時多発的に起こっていた証拠をヨタ5にこれ以上は無いほど提示してくれていた。進化というものがどういうものなのかを根本的に考えさせるものだった。ヨタ5はもう心得てます。でもそれはカンブリア時代の事、その後引き返せなくなった事もヨタ5はしっかり理解してます。安定性の有るアンモナイトに既になっていたのにオルソセラス体型も捨てがたい。しかしその後オルソセラスは絶滅する。海も荒れるし安定感重視かな?あんまり天敵もいないし大丈夫かな?実は見通し甘かったみたい。
 今も、オルソセラスがまだ地球に居たら海水浴なんて出来ないよ。ロケットみたいなのが飛んできて刺さる?

clrorin1879.jpg

 漬物石にはでか過ぎる。ヨタ5も北海道のアンモナイト化石持ってはいるよ。


clrorin1880.jpg

  これ以前に紹介した。「燕尾石」です。こんなに沢山標本があっても、実は絶対に無いもの?が有る?

clrorin1882.jpg

 これが「レドリキア目ドレパヌラ」の全体化石。ドレパヌラは死んでから波にもまれてバラバラになり燕尾石の部分だけ潮溜まりにたまって見つかるという特徴があるようだ。この子は生きたままドレパヌラの墓場に足を踏み入れてしまったのだ。その為に完全な形で見つかる。愛すべきスットコどっこいなドレパヌラ、鎮魂しないとね。ヨタ5の周りは4億年前からスットコどっこいばかり4億年前にヨタ5と現代で出会うことは定められていたのだ。これは運命を感じるしかない。モササウルスもそうであったように、有りえない化石をもたらす。



長野県昼神温泉を堪能

 今回スキー目的に訪れた長野県昼神温泉であったが自分は知らなかった。
いつも行くのは静岡県寸又峡温泉だからね。さすがに今回少し遠いがスキー目的なら仕方ない。


 clrorin1836.jpg

しかし宿の近くには面白いものも。朝市やってるって。朝六時に起床して出かける。

clrorin1837.jpg

 まだ朝早く、山の端に太陽が昇っている状況。向こうに朝市の上り旗あるな。

clrorin1838.jpg

 朝市の様子。リンゴとかくるみなんかや干し柿などが売ってます。珍しいのは「菊芋」しかし、自分は知ってました。天然の「インスリン」と呼ばれています。ヨタ5はインスリンが必要なほどの1型糖尿病ではないので、ちょっと気になったくらいでした。でもマネージャーが購入していました。味噌漬けにしてくれるんだって。

clrorin1839.jpg

 実はこの旅館中日ドラゴンズが利用していました名古屋からも意外と近いしね。落合の名前が

clrorin1840.jpg

 今回この旅行に使ったのはこの車。世田谷ナンバーだとう?最近品川から世田谷ナンバーが登場し、ダサいと言われている。世田谷って田んぼばっかりで、谷が有って、確かに「等々力渓谷」はあるんですが。
世田谷って田舎なんでしょう?て言われそうですが、田んぼはさすがに無いな。「わ」ナンバー。今日はヘグ号じゃないのさ。

 
職場では日帰りでカナダに行きスキーをして長野で温泉に入りお土産買って帰って来たことにしといた。これが可能なのは?時速12000キロ。ヨタ5何に乗って行ったんだ?あれだなあれ?
clrorin1859.jpg
これか?世田谷のレンタカー恐るべし。

clrorin1841.jpg

 そうここに「おいでなんしょ」と書いてあった。

clrorin1842.jpg

 中日ドラゴンズファンお勧めの宿なのかも。

clrorin1845.jpg

昭和の部屋。テレビ映りませんと、いちいち書いてある。アナログ放送終わっちゃたよ。

clrorin1846.jpg

 レコードと黒電話、ちょっと前にピンク電話回したら回って戻ってるうちに番号が分からなくなってしまった。

clrorin1847.jpg

 多摩川の巨人軍2軍グランド前。グランド小池商店ではさすがに「読売新聞」だったが、当然ここは「中日新聞」と言うわけだ。

clrorin1843.jpg

 昼神温泉の「泉質」を調べ再現したらしい。どうせだから釜を傷める「硫黄」は入れなかった。朝市で購入。不思議と温まりました。いいなこれ!


clrorin1844.jpg

コンビニで買ったアサヒのビールとジュースなぜかどっちもまずい。これからはアサヒで「スーパードライ」のような超ヒット商品は出ないと確信。

clrorin1857.jpg


 ホテルの公式HPから引用。露天風呂は新潟の湯沢でもそれほど寒いと思わなかったがここは本当に冷え込んだ。その分お湯は暖かい。結局3回も入りました。満喫しました。


clrorin1848.jpg

何故か今回のレンタカーのナビもおバカ?ヘグ号のといい、なんで最近こんなのばかりかな?単価が落ちて儲けが減ってるから?カーナビは結局最後までまともな商品作ってたメーカーが勝つな。パナ?そりゃ無理?



clrorin1852.jpg

帰りに飯田市により焼肉を食べる。ここは人口当たり最大の焼肉店舗量で焼肉日本一の市。しかし焼肉食べてビール飲まなかったのは初めて。会社に戻って同僚に報告したら「やれば、出来るじゃんとか褒められた」あんまり嬉しくない。


clrorin1853.jpg

近所のスーパーで。実は川崎市民が飲んでる「一番絞り」は横浜工場製だったりする?


clrorin1855.jpg

 信州の地元スーパーで買ったボイルホタルイカは兵庫産だったりする?さてこちらではどうだろう?駿河湾?やっぱり兵庫?

clrorin1854.jpg

信州地元のスーパーで買った野沢菜は地元民御用達の本物。お土産用などではない。その上安い。


clrorin1858.jpg

これは長野県上田市の「みすず飴」だ100年の歴史を持つ。かつてヨタ5の冷蔵庫で眠っていたものと同じ商品だ。「飴」といっても天然素材のゼリーといった商品だ。こんなハイカラなのが100年も前から有ったんだ。この製品の製造元飯島商店本店は文化財にも指定されている歴史有るもの。長野に来たらいつもこれだね。


clrorin1856.jpg

 地元のスーパーで買った味噌パンは「上高地味噌」を使用。神奈川県では味噌パン自体たぶん売ってない。是非行ってみてほしい地元スーパー意外な発見が有るはず。お金使うなら是非地元貢献で!




ファンスキーデビュー

 ヨタ5ついにファンスキーデビュー。

 clrorin1820.jpg

 昼神温泉のつるし雛があるところをたずねてみる。開いてないな。風情はありそう。

clrorin1821.jpg

 街灯が落とす影が面白くて撮影してみました。

clrorin1822.jpg

 水鉢。表面張力で丸い水の粒が確認できて楽しかった。なんでも楽しいヨタ5。面白いもの見つけよう。

clrorin1825.jpg

宿に有った昭和の部屋。白黒テレビかな。うちにも昔有ったよ。しばらくうちの親がNHK白黒料金で契約してた。そこそこ最近まで。ありゃ、最近はケーブルテレビなのでそれは無理になる。どうせだから現在まで白黒料金だったら面白かったのにね。

clrorin1826.jpg

 宿で電飾してた。かぼちゃの馬車なのかな?シンデレラ?

clrorin1827.jpg

 通路も電飾。しかし寒いな。

clrorin1828.jpg

 向こう側に何が有ったか確認してなかったな。

clrorin1829.jpg

 何これ?ハロウィン?違うみたいだけど、そう見えた。

clrorin1830.jpg

 その後「天空の楽園ウインターナイトツアー」と言うプロジェクションマッピングと夜空を見上げるイベントに参加。星がきれいでした。すごく寒かったけど。神奈川の寒さとレベルが違うな。

clrorin1831.jpg

 取り合えずプチプチ三脚有ったの写真は撮れました。三脚持ってると手が冷たい。

clrorin1834.jpg

とりあえず宇宙船に乗り込んで宇宙旅行に出るというシナリオだったようです。

clrorin1832.jpg

 前回ハウステンボスでプロジェクションマッピング見てたんでさすがに規模は劣りますがきれいでしたよ。

clrorin1833.jpg

 こんな感じです。

clrorin1835.jpg

 さすがにビデオで全編に渡って映すと言う事は出来ないので、自主規制です。大人の事情です。気になる人は行ってみてね。

clrorin1851.jpg

 スキー場でのヨタ5もちろんヘルメットはバイク用。頭打って脳細胞1個の欠損も許されない体だからしょうがないね。ウエアはピンクではありません。デジカメのカラーバランスがおかしいだけです。情熱の赤?靴下はすっとコどっこいのライムグリーンです。


clrorin1850.jpg

 しかし、こんな平らなところでさえ、スキー止まらず。何故?エッジからスキー底まで徹底してワクシング。底も液体ワックス、個体ワックスを塗り込みコルクで念入りにワクシング、エッジもワックス配合防錆剤AZ196hで徹底して磨きこんだ。やり過ぎた。まったく止まらない、そのくせ上級者コースに居るし、後ろ向きで滑るどころか360度グルグル周りっはなし。ショートスキーってボーゲンできないんだ。多分それ違うから?

clrorin1849.jpg

滑り過ぎるスキーで必要以上の体力を使った。こんな経験は初めてだ。スキー板新品ならワックス塗る必要ないかも?











スキーに行く

 ま、北海道旅行の途中でしたが、今回のスキーツアーに記事もあげときますか。旅行のカテゴリーにはスキーというタイトルは無いんだな?ディズニーランドとかは有るくせに?

clrorin1787.jpg

目的地は長野県「昼神温泉」と言う場所でした。何だその昼行灯(ひるあんどん)な神様みたいな名前は?しかし温泉宿はとんでもなかった。

clrorin1824.jpg
 「天皇・皇后」宿泊の宿だったのでした。他にも特徴が有った。

clrorin1788.jpg
「おいでないしょ」と書いてあったが他の場所には「おいでなんしょ」と書いてあった。どっちが正しい?

clrorin1791.jpg

clrorin1790.jpg

 玄関前は庭園になっていた。

clrorin1794.jpg

 天皇皇后ご滞在の様子。

clrorin1792.jpg

 木を勝手に伐採したら処刑されるらしいぞ。最近はアイドルナイフで刺しても平然としてるやつも居る。さっさと処刑しろ。女の子傷つけるなんて、ヨタ5的には極刑対象だ。

clrorin1793.jpg

ちゃんと資源管理されていたんだ。

clrorin1795.jpg

ホテルのロビーには地元の作家さんによる絵が描いてあったみたいだ。

clrorin1798.jpg

ちょっと食事にでも行こうかとすると、すごく場違いな車が。痛車かあ・・。天皇皇后が来てる時だったら、撤去確実だな。今日はヨタ5しか来てないから、許可された。

clrorin1809.jpg

 途上に妙なものがある?後に判明する。

clrorin1810.jpg

その後もこちらの正体は判明せず。太陽電池パネル付けて現代ぽくしてみました。そんな稚拙な手ではヨタ5はダマせんぞ。

clrorin1808.jpg

 河原に行って見ました。ヨタ5癖で石が落ちてるとすぐ化石を探してしまう。いや駄目だ、これは花崗岩だ、化石など存在するはずは無い。さすがに石垣島の石垣の中の琉球石灰岩の中には「巻貝」と「サンゴ」の化石は発見したけれど!


clrorin1811.jpg

 さすがに水は冷たい。

clrorin1802.jpg

 お昼ご飯食べるなり。天そば。

clrorin1799.jpg

 このあたりつるし雛が有名らしいよ。

clrorin1803.jpg

 なんか飛騨高山の猿ぼぼっぽい人も居ましたが、顔が付いてる。偽物だ。

clrorin1804.jpg

 気になった看板?リンちゃんも連れてこれるかな?犬はいいけど猫は駄目と言う宿も多い?猫は粗相するから。実際リンちゃんと行った伊豆の宿では、ヨタ5がビールこぼして粗相した。私みたいにちゃんとしてよね(リン)。猫が粗相したら申し出てくださいと言うことだったので、結局「ヨタ5が粗相しました」と申し出ることに。

clrorin1806.jpg

 おやきの専門店があるぞ。行ってみよう。のざわなおやきが食べたいぞ。

clrorin1807.jpg

 炭火焼で焼いてくれるぞ。よた5の囲炉裏でも焼いてみたかったぞ。

clrorin1819.jpg

 で、あれの正体は?

clrorin1812.jpg

 「湯屋守様」と言う。なんかノリが「千と千尋」見たくなって来たぞ。早く宿に帰って温泉行こう。





かつてのニシン漁の幻を知る

かつてニシン漁の栄えた余市の福原漁場に行ってみた。ニシンいくらでも獲れるということで獲ってしまったらその後はまったく水揚げされずと言う構造。資源管理が出来ないとこうなると言う教訓であった。反対に資源管理が出来たのが「ハタハタ漁だ」過去の教訓を元に無理な漁をしなかった。中国などは日本のバブル崩壊などを研究していたが、日本とは比べ物にならないほどもっとひどい状況になる?おバカな国は同じ過ちを繰り返すだろう。資源管理なんぞ出来ないな。さんま漁でも既にそんな状況。日本にも迷惑が掛かっている。


clrorin1781.jpg

 ニシンも食用ではなく、肥料用だった。勿体無いね。最近は野菜屑や食べ残しなんかを堆肥にしたり出来るので、無駄なく資源を活用できる。昔の北海道はズワイガニなんかが畑に転がっていたような光景が有ったらしい。


clrorin1780.jpg

ニシン漁の教訓のためにも後世にその建物を残している。昔は活気にあふれていたはずだ。ニシンはもう来なくなった。

clrorin1782.jpg

建物内部。たくさんの人が働いていたはずだ。

clrorin1783.jpg

このようなもので背中にニシンを入れて浜から運んでいたそうだ。今はそんな光景はもう無い。


clrorin1784.jpg

出入り口はあちこちに設けてある。それだけ活気があったのだろう。裏でトリカブトをみつけて写真を撮っていたが誰か悪用するといけないので、載せないで置こう。


clrorin1785.jpg

これは小樽運河だね。ガラスに描いた絵があったので購入した。


clrorin1786.jpg

ここはどこだっただろう?昔の事で忘れたな。宿泊ホテルの窓からの光景かな。この旅行で泊まったのは富良野スキー場の脇やキロロスキーリゾートとかだったな。